1557 SPDR S&P500 ETF の分配金を証券口座に振り込んでもらう唯一の方法

資産形成&節約
スポンサーリンク

ぼくは過去、1557 SPDR S&P500 ETFを楽天証券で保有していました。そうすると、分配金は銀行口座に直接振り込まれてしまいます。

銀行口座に直接振り込まれると面倒なことがいっぱいです。再投資するにも証券口座に振り込まないといけないし、証券口座の運用損益に分配金ぶんが反映されなかったりします。

ぼく
ぼく

これはなんとかしたいなあ

と思ったぼくは、ひとつの答えに行き着きつきました。同じ悩みを持つ人の参考になれば幸いです。

唯一の答え:auカブコム証券で保有すること

答えはかんたん。auカブコム証券で1557を保有すること、です。

これに絡むのは ほふり という制度。証券会社が1557をほふりで取り扱ってるか?次第なんです。

難しい話なのでここでは割愛しますが、auカブコム証券は1557をほふりで取り扱ってる、唯一の証券会社ということですね。

1557含む日本上場の外国株ではよくある話らしい。

どうすればauカブコム証券に引っ越せるか?

証券会社の引っ越しはかんたん。①auカブコム証券の口座を開設して、②株式口座振替依頼書を書いて出す、だけ。大体のネット証券会社においては手数料も無料なので、安心です。

auカブコム証券の場合の引っ越し方法はこのページに解説されてます。

実際に配当が出た時に証券口座に振り込まれたか?

ぼくが上記の方法に沿って、auカブコム証券に口座を開設して引っ越ししました。そして配当が出た時にauカブコム証券からきたメールがこちら。

【auKabucom】配当金入金のご案内

おっさん様
auカブコム証券からのお知らせです。
配当金を入金しました。
【入金日:2021/03/04】
詳細は、マイページより「資産管理」→「取引履歴」→「配当金」ページでご確認ください。
———————————————————————
auカブコム証券
金融商品取引業者登録:関東財務局長(金商)第61号
銀行代理業許可:関東財務局長(銀代)第8号
電子決済等代行業者登録:関東財務局長(電代)第18号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

配当が入ったとの連絡はきました。ただこれだけでは証券口座に振り込まれたかはわかりません。マイページを覗いてみると・・・

配当金が証券口座に入金されているのを確認できます

損益の計算にもきっちり反映されています。実際に振り込まれた金額と差があるのは税金のためです。

配当はちゃんと証券口座に振り込まれていて、損益計算にも反映されていますね。これで正確な運用益もわかります。

結論: 1557の分配金はauカブコム証券口座で受けとるべし

1557を運用する場合はauカブコム証券にするのがおすすめです。売買手数料も無料になりますしね。

ただ、auカブコム証券は少し使いにくいところがあります。アプリの使い勝手がよろしくないのです。楽天証券などの使いやすいメジャーどころの場合は1655 iシェアーズ S&P 500 米国株 ETFがおすすめです。これは楽天証券だと手数料無料ですし、分配金を証券口座で受け取れます。

※ぼくは資産運用のメインに1557を据えています。その目的をまとめてます。時間あればこの記事もどうぞ。

追記:1557の購入をやめてauカブコム証券の口座は使わないようにしました

おまけ:資産運用おすすめ書籍

僕はほとんど読書をしません。そんな僕でもスラスラ読めちゃう良い本ばかり。どれもいいこと書いてあります。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにあります、いつかはわからないけど。

僕が一番好きな本。難しい数学的な知識を必要とせず、現代ポートフォリオ理論(≒ランダムウォーク理論)をかじれます。正直な感想を言うと全ての書いてることが興味深かったわけではありません。なので隅々まで読んだわけではないですが、理論のところはとてもわかりやすいのでおすすめです。これ読んでからWikpedia見たらだいぶ理解が進みました。

インデックス投資の名著中の名著です。個人投資家にとっての投資は「ミスった者が負ける」敗者のゲームになった、というのがタイトルの由来。ここで言うミスとは、市場動向に動揺して売買してしまうことを指します。いいからインデックスホールドしとけ、という本。

インデックス投資の父でありVanguard創業者のBogle氏の名著です。僕が最も尊敬する偉人でもあります。その先見性と残された功績には尊敬の念しかありません。内容はインデックス投資のベーシックな内容ですが、後半には債券との組み合わせ論などにも言及されています。全部が全部同意見というわけではありませんが、インデックス投資を志す者であれば必読書とも言ってよいかと。

ランダムウォーク理論(株価の動きはわからないという前提を置く理論)について、歴史を交えて語った本。これも名著と言われています。理論の概念はざっくりとわかるかと。歴史の部分が長くて、そこは読み飛ばしました。

本をほとんど読まない僕が唯一知ってる作家さん、橘玲さんの本。とても読みやすい文章で書かれていて、こんな文が書きたいなといつも思ってます。僕が海外株を中心に買っているのはこの本の考え方に近いです。

この2冊は僕が初めて読んだ投資関連の書籍。当時、個別株で失敗し、偶然思うがままに買い付けた米国株インデックスETFに出会い、それにいい感触をもっていました。その感触を自信に変えてくれた本です。

タイトルとURLをコピーしました