1655の分配金がやってきた!これが本当の不労所得

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、使わないお金を貯金して時間をムダにしていませんか?ぼくは貯金を最小にして財産を全て米国株インデックスに突っ込む「ほったらかし投資法」(自称)を提唱しています。今のところ、目論見どおり順調に増えてきています。

ぼくのメイン資産は 1557 SPDR S&P500 ETF と 1655 BRJ iShares S&P 500 ETF。どちらも米国の日経平均のような指標「S&P500」に連動する金融商品です。これらは一般企業の株式のような感覚で年に数回配当金のようなもの(分配金)がもらえます。

今回は1655から分配金が提供されたので、その話を共有させてください。

1655の分配金は年に2回

直近の1655の銘柄情報はこちらから。分配金は年に2回(2月と8月)で、利回りは1.11%です。注意するのはこの利回りは1年換算だということ。2回分配されるので、1回あたりの利回りは0.55%程度になります。今回もらったのは2月分です。

銘柄情報より引用。分配金利回りは1.11%で年2回です。

分配金はメールと封書で届きます。こんな感じの封筒です。

うちは自分と子ども2人 のNISA口座で1655を購入しているので3通届いています。子どもの口座はジュニアNISA。中を見ると・・・

口数以外の情報は米印・・・。この書類の意味とは

口数以外の情報が隠されていて、何の情報もありません。分配金が支払われたことしかわからない手紙です。この手紙、意味あるんですかね?手紙は送らなくてよいので、運用コスト下げてほしいものです。

実際に振り込まれた額は証券会社からのメールでわかるようになっています。

今回は僕の口座には18596円振り込まれていました。子たちの口座にはそれぞれ4320円ずつ入金がありましたので、合計で27236円の配当金収入でした。年間だと54472円ペース。これだけで生きていくのは到底無理な微々たる金額ですが、とにかく不労所得はうれしいものです。タダというのはうれしいですよね。

ちなみにこのお金は各口座ですぐに再投資し、次のお金を生み出すために活躍してもらってます。

結論:不労所得は蜜の味

この年間54472円の収入のために僕がしたことは1655を買ったことだけ。あとは放置していました。

さらに、今回ご紹介したのは配当収入のみなので、それとは別に株価上昇分(キャピタルゲイン)も得られます。記事執筆時の含み益は3つの口座合わせて96万円。NISAだから税金なしにがっぽりもらえるのもうれしいですね。あくまで含み益なので、利益が確約されているわけではないですが。

すごく簡単な方法でこれだけの不労所得がもらえるのだから、自分で言ってる「ほったらかし投資法」は結構上手に運用できているのではないかと思ってます。すごく簡単なので、この記事を見たみなさんもぜひ実践してみてくださいね。

感想やご意見もお待ちしております。励みになりますので。

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍をご紹介します。どれもスラスラ読めちゃう名著です。僕はどれもKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用しています。Kindle Unlimitedは固定費にうるさい僕も納得のサービス。コスパ文句なしです。無料期間もあります。

 

タイトルとURLをコピーしました