世界全体 or 米国のどっちに投資するのがいい?各国インデックスETFの実力を調べてみてわかった結論

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、資産運用は順調でしょうか?僕はこついに含み益1000万円の大台を突破して、本当に投資していてよかったと実感しています。直近の資産運用実績は下の投稿をご覧ください。

今でこそS&P500に一辺倒という自分なりに納得したスタイルに落ち着きましたが、この結論に至るまでに色々と失敗をしてきました。その中でも直近の失敗は「どの国のインデックス商品を購入するか?」という問題です。

今回は過去の失敗を振り返りつつ、最新の情報でどの国に投資するのが適切かを考えてみたいと思います。

過去に失敗した銘柄とその考え方

前述の通り、ぼくはこれまで色々と失敗してきました。その失敗したときに買っていた銘柄と当時の僕の考えをご紹介したいと思います。

①1554 上場インデックスファンド世界株式

これは日本を除く世界全体に投資するETFです。当時は

ぼく
ぼく

できるだけリスク分散させたほうが安全なはずだ

と考え、手軽に全世界に投資できる1554に魅力を感じていました。当時は過去のパフォーマンスなどを特に調べておらず、「全世界に投資できる」というイメージだけが購入理由です。はい、適当すぎでした。

購入後、同時に保有していたS&P500と値動きを比べてみたら明らかにパフォーマンスがよくないことに気づきました。S&P500が上がれば1554も上がるが、上がり幅がちょっと小さい。また、S&P500が下がれば1554も下がりました。しかも下がり幅はデカめ。

1554の公式情報では

MSCI ACWI ex Japanインデックスは、MSCI Inc.が開発した株式インデックスで、日本を除く世界の先進国・新興国の株式の総合投資収益を各市場の時価総額比率で加重平均し、指数化したものです。

とありますので、時価総額が大きい米国株が主要銘柄になっているのは想像に難くありません。それならS&P500でいいじゃん、と思った次第です。

②1678 NEXT FUNDS インド株式指数

ぼく
ぼく

これからの時代はインドだ!市場が一番伸びる国のはず!

という短絡的な思考で購入。結果、あまり伸びませんでした。値動きとしては1554をもう少しひどくしたような動きです。素人が思いつきで買ってはいけません。

なぜこんなに値上がりしないのか?と不思議な気持ちになるほど微妙でした。

きっと素人が思いつくような市場の伸びは指数にはすでに織り込み済みなんですかね?正解はわかりませんが、とにかくおすすめできません。

③1309 NEXT FUNDS ChinaAMC

②と同じような理由で、人口が多く伸びしろがありそうな中国にも投資しました。

ぼく
ぼく

共産圏はとてもしたたかだから、これからも確実にあげてくるはずだ

といった塩梅の、根拠のない購入理由ですw

中国の値動きは米国の傾向とはけっこう違っていて、面白かったです。しかしながら、下がるときは5%くらいガッツリ下がることも多く、ボラリティは高めといった印象でした。

世界各国のインデックスETFを比較してみた

上記の①〜③は僕が実際に購入したものですが、他にもTOPIX連動やEU、ロシアなどのインデックスに投資する商品もあります。それらの3年平均リターンおよび5年平均リターンを比較してみました。

※1655は設立から5年経っていないので0%になってます

元データはこちら

1557 SPDR S&P500 ETF1655 iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF1554 上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本1306 NEXT FUNDS TOPIX連動型上場投信1309 NEXT FUNDS ChinaAMC1678 NEXT FUNDS インド株式指数1324 NEXT FUNDS ロシア株式指数1386 UBS ETF 欧州株
対象国米国(S&P500)米国(S&P500)世界(除く日本)日本(TOPIX)中国インドロシア欧州
3年平均17.717.413.95.612.410.113.38.3
5年平均17.2No Data14.19.914.310.413.89.4

これを見ると、僕が実際に投資してきて感じた直感は確信に変わりました。米国株のパフォーマンスが世界経済を引っ張っているのがよくわかります。僕たちの資産も米国に引っ張ってもらうのがよいのです。

自分の浅はかな知識から伸びていきそうと感じていた国の伸びは実は大したことありません。まあ日本株に投資するよりかは随分マシではありますが。僕のまわりには日本株にこだわる方が少なからずいますが、僕には彼らが日本株にこだわる理由がわかりません。

結論:依然として世界の牽引役は米国!しばらくは米国株に投資しとけばいい

株の知識がついてくると、やれ分散だ、やれ債権だ、、、etc と資産配分(ポートフォリオ)にこだわったりする人がいます。そんなややこしい小細工は不要です。自分が一番いいと思うインデックスに全力投球しとけばいいじゃないか、常々思っております。

僕は株式にのみ着目して自分の仮説に基づいていくつか銘柄を買いあさり、今の米国株全力スタイルにたどり着きました。それこそ投資本を読めば米国株が一番いい!なんてことは沢山の人が言っていますが、僕には実際に投資して肌身で米国株の凄さを感じた経験があります。受け売りではありません。

なので何が起こっても狼狽売りしない絶対の自信があるわけです。実際にコロナショックでもビビって売らず、好機と捉えてお金をかき集めて買い足してました。長期投資の一番の敵は”値下がりにビビる自分”です。

インデックスならどうせ0にはならないんだし、やらずに後悔するならやって失敗したほうがいい!僕はその生き方で残りの人生を歩んでいくつもりです。これからも資産状況を随時レポートしていきますので、弊ブログをよろしくお願いいたします。

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍をご紹介します。どれもスラスラ読めちゃう名著です。僕はどれもKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用しています。Kindle Unlimitedは固定費にうるさい僕も納得のサービス。コスパ文句なしです。無料期間もあります。

 

タイトルとURLをコピーしました