【裏ワザ?】株式数比例配分方式で1557の外国税控除を可能にする方法を考えた

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、税金のことを気にしてますか?僕は資産運用に取り組み始めてから税金を気にするようになりました。もっと早くから勉強しとけばよかったなと今も思います。というのも、サラリーマンは税金のことを意識する場面が少ないですよね。勝手に給料から引かれてるし。

そうすると、後になって色々税金で損していることに気づいてきます。今回は僕がメインで購入してきた銘柄1557 SPDR S&P500 ETFの外国税控除についての話です。ちょっとマニアック。

1557は株式数比例配分方式だと外国税控除できない

1557は国内株式として購入できる一方で扱いは外国株という、ちょっと特殊な銘柄です。そのため、分配金を受け取る際には外国税と国内税の二重課税状態になっています。この外国税分は一般的には確定申告することで取り戻せます。

他方、この1557は配当金受け取り方法によっては上記の外国税額控除を適用できない場合があります。具体的には株式数比例配分方式の場合です。ここでは詳述しません。詳しくはauカブコム証券サイトをご覧ください。ちなみに「株式数比例配分方式」は最もスタンダードな配当金受け取り方法で、多くの方がこの方式で受け取っているはずです。

auカブコム証券ウェブサイトより引用。「株式数比例配分方式」では外国税額控除をうけることができないと書かれています

もう一個ややこしい話になるのが、NISA口座の場合。NISAで分配金の国内税非課税メリットを享受するには、配当金受け取り方法を株式数比例配分方式にしなくてはなりません。これは1557に関係なく、全ての銘柄について言えることです。

つまり、NISAをやっている場合は必然的に株式数比例配分方式を選択することになり、外国税控除は諦めねばならないということです。

※配当金受け取り方法は証券会社ごとに設定できないのです。個人で選べるのは1方式だけ。

ややこしいので上記を下の表にまとめました。

NISAで1557を買った場合はどちらかを諦めねばなりません

言い換えると、特定口座しか持っていないなら株式数比例配分方式にさえしなければ控除できます。ただ、特定だけやってる人はほとんどいないのではないでしょうか?外国税控除は泣く泣く諦めざるを得ない人が大半だと思います。

この外国税控除をなんとかやり切りたい

無知だった僕は1557をせっせと766株(4000万弱)も貯めてから気づきました、、、。時すでに遅し。

ぼく
ぼく

どうしたらいいんだろう、、、

と悩み続けること数日。いいアイデアを思いつきました。発想はこの記事の逆です。

それは「1557をほふりで扱えない証券会社に移管する」です。以前、楽天証券で1557を保有していた時に、配当金受け取りは株式数比例配分方式でありながら、1557の分配金は銀行に振り込まれていたのを思い出しました。これ、使えるじゃん!

思い立ったが吉日。楽天証券で1557を保有していた当時の分配金明細を見てみました。この明細をもらった時点はもちろん配当金受け取りは株式数比例配分方式でしたよ。

外国税額控除の確定申告に使う「申告所得額」が印字されています。ということは確定申告で外国税額控除を申請できるということです。e-taxでの入力はこのサイトが参考になります。

一方でauカブコム証券で株式数比例配分方式にて1557の分配金を受け取る場合の明細がこちら。「申告所得額」が米印で潰されてます。これでは確定申告できません。

auカブコム証券で株式数比例配分方式にてもらった分配金の明細。申告所得額が記載されていません。

この対策のために結局何をしたのか?

上記の対策のためにしたことは2つです。

  • auカブコム証券の口座から1557を楽天証券に移管
  • NISA口座では1655 BRJ iShares S&P 500 ETFを購入する

これにて配当金受け取りは株式数比例配分方式になっているのでNISAの恩恵を受けられますし、1557はほふりで扱えないから勝手に銀行に振り込まれるようになります。つまり外国税控除が可能になるわけです。これで万事解決!

番外編:1655は確定申告無しで外国税控除をしてくれる

1655に切り替えたら色々楽になりました。日本でsp500投資するなら、今は1655がいいと思います。以下の記事をご参照ください。

結論:特定で買った1557はauカブコム証券から引き払うべき

特定口座だけで1557を保有している場合、auカブコム証券に置いておく意味はありません。さっさと楽天証券なりに引き上げて、外国税控除をできるようにしておくべきでしょう。auカブコム証券の価値は「1557を手数料無料で買える」ということしかありません。新たに買わないのであれば引き上げたほうがいいです。

また、NISAで1557を買う意味もなくなりました。1655はいつの間にか1557と同じくらいに信託報酬も下がったし、あらゆる面で1557より有利です。単価が安くて買いやすいですしね。

※1557の0.09%、1655の信託報酬は0.08%です。いつの間にか逆転しとる。

おまけ:資産運用おすすめ書籍

僕が実際に読んで「ほんとうに良い本だなぁ〜」としみじみ感じた名著をご紹介します。どれもめちゃくちゃ良い本ばかり。インデックス投資を始めたての方におすすめです。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにあります、いつかはわからないけど。

僕が一番好きな本。難しい数学的な知識を必要とせず、現代ポートフォリオ理論(≒ランダムウォーク理論)をかじれます。正直な感想を言うと全ての書いてることが興味深かったわけではありません。なので隅々まで読んだわけではないですが、理論のところはとてもわかりやすいのでおすすめです。これ読んでからWikpedia見たらだいぶ理解が進みました。

上記の本に加えてもう少しファイナンスを詳しく知りたい方向けにおすすめです。CAPMの考え方やそれをもう一歩発展させた3ファクターモデルのことも理解できます。ほかにもプライシング理論やリスク管理などの基礎知識もこれで十分わかるかと。

インデックス投資の名著中の名著です。個人投資家にとっての投資は「ミスった者が負ける」敗者のゲームになった、というのがタイトルの由来。ここで言うミスとは、市場動向に動揺して売買してしまうことを指します。いいからインデックスホールドしとけ、という本。

インデックス投資の父でありVanguard創業者のBogle氏の名著です。僕が最も尊敬する偉人でもあります。その先見性と残された功績には尊敬の念しかありません。内容はインデックス投資のベーシックな内容ですが、後半には債券との組み合わせ論などにも言及されています。全部が全部同意見というわけではありませんが、インデックス投資を志す者であれば必読書とも言ってよいかと。

ランダムウォーク理論(株価の動きはわからないという前提を置く理論)について、歴史を交えて語った本。これも名著と言われています。理論の概念はざっくりとわかるかと。歴史の部分が長くて、そこは読み飛ばしました。

本をほとんど読まない僕が唯一知ってる作家さん、橘玲さんの本。とても読みやすい文章で書かれていて、こんな文が書きたいなといつも思ってます。僕が海外株を中心に買っているのはこの本の考え方に近いです。

この2冊は僕が初めて読んだ投資関連の書籍。当時、個別株で失敗し、偶然思うがままに買い付けた米国株インデックスETFに出会い、それにいい感触をもっていました。その感触を自信に変えてくれた本です。

タイトルとURLをコピーしました