DC型(企業)確定拠出年金を11年やってきた運用実績と今後の作戦

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、確定拠出年金はやっていますか?会社勤めの方はDC型確定拠出年金を、個人事業主の方はiDeCoをやっておられる方が多いと思います。ぼくは会社勤めなのでDC型を継続中です

確定拠出年金が素晴らしい制度なのはなんとなく知っていたのですが、実のところ放置しているだけであまり振り返りをやってきませんでした。今回は今まで11年やってきた振り返りと、そこで気づいた後悔をここでご紹介しておきたいと思います。この記事がまだ確定拠出年金の素晴らしさに気づいていない人の参考になれば、それ以上にうれしいことはありません。

YouTubeも見てね!

確定拠出年金のメリットってなに?

メリットは上図の3つです。特に所得控除と運用益非課税はかなり大きなメリットですよね。よくよく考えるとNISA以上のメリットですよ。所得控除は最強。

どれくらいのメリットかと言うと、たとえば僕の場合だとこんな感じ。各自の所得によって違うのですが、僕の場合は所得税が23%かかるので言い換えればいきなり+23%からスタートするということなんです。今話題の22年初頭の暴落局面が約10%の下落ですから、これがどれだけ大きなメリットかはわかりますよね。

計り知れない所得控除のメリット!

それに課税所得はその人の収入を象徴するものと解釈されるので、自治体のサービスでも料金差をつけられます。たとえば住民税なんてそのままダイレクトに効くんですよね。

この制度、やらないと損でしかないでしょう。めちゃくちゃお得です。

一方のデメリットは?

デメリットは60歳以降でしか引き出せないこと。唯一にして最大のデメリットですねぇ。

ぼくは「老後資金」という言葉が嫌いでして、その準備をする必要はないと思っています。しかし一方でその年まで使い切らないお金って絶対にありますよね。確定拠出年金なんて特に少額だから、60歳まで受け取れなくてもデメリットはあまりないだろうと僕は判断しています。老後が不安だからという理由ではありません。

言い換えればみなさんが50代であって60歳に近いのであれば、それだけデメリットが小さいとも言えるわけです。僕が50代なら絶対に全力でやりますね。

ぼくのこれまでの失敗

ぼくがやっている企業型確定拠出年金は会社が出してくれた掛け金のほかに、自分からも掛け金を用意することができます。それをマッチング拠出というのですが、ぼくはそれを知らずに今までやっていませんでした・・・。もちろんその拠出金も所得控除の対象なので、上記のとおりメリットは計り知れません。

会社の年金制度によって掛け金の上限が異なるのですが、僕の場合は上限2.75万円/月まで増やせる権利があったのです。一方で会社が出してくれていた拠出金は月1.4万円前後だったので、みすみす権利を捨てておりました。激しく後悔しておりますが、時間を取り戻すことはできません。今年からマッチング拠出をやることにします(会社の規定で1年のうち申し込める期間が限定されてるんですよね)。

これまでの僕の確定拠出年金の履歴

僕が確定拠出年金で買ってきた銘柄は以下のものです。そもそも投信の銘柄は4つしか選べないので、米国株信者の僕としては「野村外国株式インデックスファンド」の一択です。最近一年のパフォーマンスは38.31%と上々ですが、50%近かった1557 S&P500 ETFと比べると物足りません。

ちなみに楽天証券のiDeCoなら外国株式だけでも5種類も選べるんですよね!ほんと羨ましいです。なんで野村證券なんだろうね〜うちの会社。デカイ会社には付き合いってものがあるんでしょうな、たぶん。

楽天証券のiDeCo。選びたい放題

そして今までの運用実績が以下です。11年で平均リターン11%と上々の運用実績になっています。利益は+60.2% 82万円。実は入社当時は投資に興味がなくて債権なども混ぜた配分していました。2017年ごろから上記の外国株式全力に移行したのがこの実績です。

この野村證券の確定拠出年金サービスでは我が社の他の人と比べて自分の運用実績を確認するツールがあります。その結果がこちら。

結果として僕は外国株全力なので当然最上位に位置しております。このグラフを見ると0%と10%以上に二極化しているのがよくわかりますよね。金融リテラシーの高い人は全力で株に入れてるし、低い人は全部現金にしてるんでしょう。その差はもう埋められないほどついてしまってます。時は金なり。

結論:生活が苦しくないなら確定拠出年金はフルパワーでいっとけ

確定拠出年金ってつみたて投資としてほんとうに優秀ですよね。自分が気づいてないときに勝手に購入されてるし、残高を確認するのもめんどくさいので忘れられます。スイッチングの手続きもめんどくさいので長期投資で一番重要な狼狽売りを避けられるのもいいです。

とりあえず野村證券さんにはもっとマシな銘柄をラインナップしていただきたいところですが、拠出金を出してくれている会社が選んだパートナーなんだから文句は言えません。今年はマッチング拠出の申し込みを忘れずに行い、全力で外国株式をつみたてて行く所存です。この記事を読んでメリットを実感してくれた方も、ぜひ一緒に始めませんか?

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍です。どれもスラスラ読めちゃう名著です。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにありますよ、いつかはわからないけど。

 

タイトルとURLをコピーしました