投資始めるのに一括 or 分割のどちらがいいか分析してみた結果【ぼくは一括】

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、資産運用は既に開始されていますか?僕のYouTubeチャンネルにはありがたいことに

これから投資を始めます!

とのコメントをたくさんいただいています。こういうコメントをいただけることが何にも代えがたい喜びです。投資の裾野拡大に少しでも貢献できていることでしょう。

そしてこうした初心者の方から最も多くいただく質問が「まとまった資金を一括で入れるか分割で入れるか?」というものです。今まで投資をしてこなかった方からすれば大事なお金ですので、躊躇される気持ちはよくわかります。不安になりますよね〜。残高が減るっていう経験はなかなか堪えるものですし。

僕はこの質問には一貫して「基本的には一括投資が良い、ただし不安に思うなら一年かけて分割投資するといい」とお答えしてきました。ただ、そういう返答をしたところでデータがなければ信憑性はありません。というわけで今回は本当に一括のほうが良いと言えるのか?を過去の株価推移を使って分析してみたいと思います。この記事がこれから投資を始められる方の参考になれば、それ以上にうれしいことはありません。

YouTubeも見てね!

一括投資と分割投資の優劣を比較してみる

というわけで早速計算していこうと思います。その前にここで言う”一括投資”と”分割投資”を定義しておきます

”一括投資”は文字通り年初に一括で商品を買い付けると定義します。一方の”分割投資”は毎日1万円ずつの購入を仮定しておきましょう。そしてその年の年末残高で優劣を評価します。つまりはまとまった資金があってこれから投資を始めようと思う人を想定した計算です。なお、毎日1万円ずつ1年間投資をすると元本は250〜253万円程度になります。(休みもありますので)

これらの計算を代表的な銘柄 SPY(S&P500)、VTI、VT(全世界株式)、QQQ(NASDAQ100)、QLD(≒レバナス)で全て比較します。

S&P500(SPY)、VTI

まずはS&P500。2001年〜2021年の結果を並べています。この棒グラフがプラス側にあると一括投資の勝ち、マイナス側だと分割投資の勝ちです。ひと目見てわかるように一括投資が全体的に勝ち越していています。一括投資の16勝5敗です。やはり基本は一括投資というのは間違いではなさそう。

上のグラフはVTIのものですが、当然ながら同じような結果になります。

実際に一括が負けたシーンを見てみると、ITバブルやリーマン、コロナなど歴史的な暴落があった時だけ大きく負けているのがわかります。一方でごく普通の下落シーン、例えば最近の金融引き締めによる下落に似ていると言われる2018年においても、この程度の下落であれば一括が買っているのです。意外ですよね〜。

言い換えると「これからの一年で暴落が必ずくる」という自信がないのなら、一括で入れておくのがいいという意味です。

VT 全世界株式ではどうか?

VT 全世界だと2018年のほかに2010年、2011年も一括が負けています。しかしながら、これらの負けは非常に小さな金額です。大きな負けはコロナショックだけだったと言っていいでしょう。

NASDAQ100(QQQ)はどうか?

S&P500やVTIでも一括の勝ち方は凄まじかったのですが、NASDAQ100はそれを上回ってきています。なんと09年以来、一括投資が負けた年がありません。2018年〜2019年の世界同時株安があっても、記憶に新しい2020年のコロナショックがあってもです。これには驚きを隠せません。

しかもその勝ち方や負け方も豪快です。ITバブルやリーマンはこれでもか!というほど負けていますが、一方で近年の勝ち方も凄まじいものがあります。S&P500のボラティリティを上げたような動きをしている印象ですね〜。

上図はNASDAQ100の評価額推移(対数軸)を示したものです。ITバブルとリーマン以外は大して下げていないのがわかります。凄まじい成長ぶりですね。これは最近NASDAQ100投資が流行るのもわかります。

レバナス(QLD)

当然ながらNASDAQ100の値動きを2倍にした”レバナス”もNASDAQ100と同じ結果になります。ただ、縦軸の値が凄まじい数字になっていて、レバレッジのパワーと同時に恐ろしさも示す結果と言えるでしょう。普通のインデックス商品なら一括も分割も大して気にしなくてよいくらいの差ですが、レバレッジ商品となるとかなり結果が変わってきますね。

これらの結果を総合すれば、やはり勝率が高いのは一括で間違いないでしょう。

あのVanguard社もこう言ってます

みなさんも一度は耳にしたことがあるでしょうVanguard社は世界で初めてインデックス投資を売り出したファンドと言われています。VOOやVTI、VTなどは全てVanguard社の商品です。

そんな彼らがウェブサイトで上記のように明言しています。つまり、一括投資のほうがいいよ、と言ってるわけです。確かに前述の検討結果からみても、一括投資をするほうが儲かる確率が高いのは確かでしょう。

ただしそれは退場してしまっては意味がありません。分割投資は初心者にとってだんだんと慣らしていくには最適な手法です。もし少しでも不安に思う気持ちがあるのであれば、分割投資を選ぶべきでしょう。結局は正解はないので、自分のリスク許容に応じて選択するだけですね。

結論:基本は一括、不安なら分割

一括 vs 分割 は永遠の論争テーマで、いつまで経っても同じような議論が繰り返されています。それは結局は将来の株の動きがわからないから何とも言えないというのが真因です。投資の世界に絶対はありませんからね。

ただ我々個人投資家は少なくとも”確率の高い”投資先を選ぶことはできます。それは今回のようなバックテスト等で色々と検討の余地はあるはずです。いけないのは”思い込み”だけで投資先や投資手段を選ぶことだと思います。たとえ間違っていてもいいから、投資する銘柄や手段を決断する際には定量的な根拠をもってやっていきたいものです。

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍です。どれもスラスラ読めちゃう名著です。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにありますよ、いつかはわからないけど。

 

タイトルとURLをコピーしました