安全にコツコツ増やせば大きな差がつく!ぼくの実践する「ほったらかし投資法」を解説

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、資産運用をしっかりしていますか?ぼくはたびたびブログ記事で取り上げているように、適度に運用をしているつもりです。

これまで成果のレポートを報告してきたりしましたが、投資方法について詳細を解説した記事を書いていませんでした。それはぼくが今まで実践している最中で、結果を出した実績に乏しいと感じていたためです。

ただ、ここ数年運用してきて、ぼくがやってきた投資方法が優れていると自信を持ち始めました。ですので、ここでみなさんにご紹介して、もし共感いただける人がいれば、参考にしていただけるとこれ以上ない喜びです

「ほったらかし投資法」の購入する銘柄は2つ

「ほったらかし投資法」は持続的な経済発展が見込まれる米国株インデックスに投資します。インデックス投資なので、紙屑になるリスクはまずありません。

数ある米国株インデックスでもぼくが選んでいるのは1557 SPDR S&P500 ETF と 1655 BRJ iShares S&P 500 ETFです。どちらもS&P500に連動するETFですね。この2銘柄については以下の考えで運用していきます。

1557はメインの証券口座auカブコム証券で購入

1557は1655に対して長期のリターンが僅かに優れています。記事執筆当初で3年トータルリターンを比較すると 1557:18.54%、1655:18.25%です。参考リンク1参考リンク2

メインの口座は少しでもパフォーマンスのいい銘柄を採用したいので1557を選んでいます。1557はauカブコム証券だと手数料無料で購入できますので、口座はauカブコム証券で運用するとよいかと。

1655はNISA口座楽天証券で購入

1655の特徴は単元価格が圧倒的に安いこと。記事執筆時点で1655が3180円に対し、1557は44400円と10倍以上価格差があります。少額で運用するのが基本のNISA口座においては、配当が出たときに単元価格が高いとそれを次の投資に繋げられません。

そのため、複利効果を得るための貴重な時間を無駄にしてしまうおそれがあるのです。というわけで、ぼくはNISA口座は1655で運用するようにしています。

1655は楽天証券だと手数料無料で購入できますので、口座は楽天証券で運用するのがよいと思います。

購入のタイミングと考え方

基本的な考え方は「手元の現金が50万円を超えた余剰分を投資に回す」です。判断材料を明確にしておけば迷いが生じないのでおすすめです。この場合、50万円というところでしょうか。

そして余剰分はできるだけ早く投資してしまいます。余計なことを考えたくないので、だいたい月に1回給料日に銀行口座残高が50万円になるようにしておきます。その後証券口座でで確実に購入するために、板をみて即約定できるような指値で書い注文を入れておけばOK。

年初の時期はNISA枠(年間120万円)が埋まるように楽天証券にせっせと投入。NISA枠が埋まったらauカブコム証券にせっせと投入しています。

投資信託でなくてETFを選ぶ理由

ここは好みだと思いますが、ぼくは投資信託のいつの時間で決まった価格で売却されているかわかりづらいシステムが嫌なのでETFにしています。ETFなら通常の株式同様の感覚で、自分が指した価格で売れますしね。

また、投資信託は特に購入する行為が勝手に実施されてしまいます。自分の資産に対する購入や売却行為は自分で値段を決めて判断することが重要です。このタイミングを設けていれば、資産の定期的なチェックもできます。ちょっと面倒くさいですが、ぼくとしてはETFでの運用をおすすめします。

結論:預金口座で50万円を超過した分を1557 と1655に投入するだけ

言ってしまえばこれが結論です。書くとシンプルだけど、この考えに至るまでぼくは何回も失敗してきてます。思いつきで投資すると素人は足をすくわれるのです。

この「ほったらかし投資法」は地に足がついた投資法です。実践し始めてから、かなり順調にきています。

みなさんもぜひやってみてください。現金は50万円で意外になんとかなります。

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍をご紹介します。どれもスラスラ読めちゃう名著です。僕はどれもKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用しています。Kindle Unlimitedは固定費にうるさい僕も納得のサービス。コスパ文句なしです。無料期間もあります。

 

タイトルとURLをコピーしました