24年から変わる新NISAに向けての僕の作戦【Buy&Hold&Rollover】

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、NISAは活用できていますか?僕はNISAを知って以降、毎年フル活用しています。あまりにも無知だったころはNISA口座内で数ヶ月Holdして売ったりしてましたがw 現在、僕はいわゆる一般NISAを活用しています。

このたび、2024年からNISAは制度が生まれ変わるのをご存知でしょうか?学ばない投資家として投資の勉強をする気はないものの、NISAについては学ばないといけないと思ってます。というのもNISAの勉強は投資と言うよりは税金の勉強。いち倹約家として税金で損をするのは許されることではありません。

というわけで新NISAについてのおさらいと、僕がどのように活用していくかを考えたので、みなさんとシェアしたいと思います。

スマートフォンでチャートを見る人のイラスト

新NISA制度はややこしくなった

結論から言うと、ややこしくなってますw 新制度はこれまで一般NISAと積立NISAに分かれていたものが合体したようなものです。金融庁のサイトがわかりにくいのでカンタンに表現してみました。(参考:金融庁ウェブサイト

ポイントは3つです。

  • 20万円分は強制つみたてNISA(一階)
  • つみたてNISAを使い切らないと一般NISA(二階)を使えない
  • つみたてNISA分は5年非課税期間後につみたてNISAに移行できる
  • 一般NISA分は5年非課税期間後これまで同様ロールオーバーできる

今までの一般NISAは120万円分を5年非課税というシンプルなカタチでした。これはわかりやすくていい。それが新NISAでは20万円分のつみたて枠を使い切ったら102万円分の一般NISA枠に投資できる、みたいなイメージです。ややこしい。なんでこうややこしくするのか。。。

この20万円分は5年の非課税期間が終わるとつみたてNISA(非課税期間20年)に移行できます。言わば「強制つみたてNISA」って感じですかね。つみたてNISAなので、一般NISAのように好きな銘柄を買うことはできません。指定された投資信託の中から選ぶことになります。

二階部分である一般NISA枠についてはこれまでと同じ。5年経つと次の非課税枠を使ってロールオーバーすることも可能です。

金融庁のウェブサイトを見ると、今までと同じように新NISAとつみたてNISAを選べるようです。つみたてNISAは枠が40万円しか無い上に、新NISAでも20万円分が非課税期間を20年に延長できます。ここで、あえてつみたてNISAを選ぶ理由は薄いでしょう。年間40万円未満しか投資しない見立て以外は新NISAで行くべきと思います。

金融庁ウェブサイトより引用。この両者ならつみたてNISAを選ぶ理由は薄そうです

今までの一般NISAで持ってた株はどうなる?

僕のNISA枠の戦略は「バイ&ホールド&ロールオーバー」です。非課税のメリットを最大限活かすために、本当にお金が必要になるときまでは売却しません

ということは一般NISAで買い溜めていた分も期限がきたらロールオーバーしたいところです。ただ従来の一般NISAの非課税枠は120万円。新NISAのつみたて枠を除くと102万円しかありません。

ぼく
ぼく

これって 18万円分はロールオーバーできないのかな・・・

とちょっとだけ不安になったので調べてみると、解説サイトに以下の記述がありました。

一般NISAを利用している人は、新NISAの投資枠(1階と2階を合わせた122万円)を
超えていても全額ロールオーバーすることができます。例えば、2019年に一般NISA枠で投資した株式や株式投信が140万円になった場合でも、すべてロールオーバーできます。

ゆえに、僕のように一般NISAでフルに120万円分買いためていてロールオーバーする人は新制度の2階建てがどうこうは無関係というわけです。ロールオーバーした時点で一階と二階の枠を使い切ってしまいますので。

というわけで、僕と同じようにバイ&ホールド&ロールオーバー作戦の方にとっては、新NISAになったからと言って特に作戦変更の必要はありません。ロールオーバーの手続きだけ忘れないようにすればよさそうです。

結論:バイ&ホールド&ロールオーバー作戦なら新NISAは関係ない

飛んで行くお金のイラスト(円)

大半の個人投資家のNISAの作戦は僕と同じ「バイ&ホールド&ロールオーバー」ではないでしょうか?どんどんロールオーバーしていけば、実質的に非課税枠が大きくなるようなもんですからね。例えば5年経って120万円→150万円なら、ロールオーバーすれば次の5年の非課税枠は150万円のようなもんです。

なので、ほとんどの方にとっては新NISA制度は考慮しなくていい制度だと言えるでしょう。ロールオーバーだけ忘れないようにリマインダに入れて、日常生活ではお金のことなんて忘れちゃいましょう。

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍をご紹介します。どれもスラスラ読めちゃう名著です。僕はどれもKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用しています。Kindle Unlimitedは固定費にうるさい僕も納得のサービス。コスパ文句なしです。無料期間もあります。

 

タイトルとURLをコピーしました