【サバイバル】S&P500全力投資する男の2022年12月資産運用レポート

資産形成&節約
スポンサーリンク

皆さん、資産運用の状況はいかがでしょうか?ここのところ相場は株高と円高が同時進行していて、為替ヘッジ無し派にはもどかしい日々が続いていることでしょう。私もその一人です。

この1ヶ月チャートを見れば、その状況がよくわかります。

せっかく株価が上昇しているのに円建て資産は動かない

これは年初からの値動きのちょうど逆回転をしていると思えばしっくりくるはずです。2022年は金利上昇が相場を動かした年でした。金利高が株価を押し下げ、そして米ドルを同時に引き上げたのは記憶に新しいでしょう。今回の動きはちょうどその動きの逆。金利が着地点を探して少し下がってきていたのです。

短期金利の一ヶ月チャート。ジリジリと下がってきている

というわけで、今回の資産推移を集計したところでいい結果が出ないのは目に見えています。それでもこの資産推移まとめは当ブログおよびYouTubeチャンネルの原点です。やらないわけにはいきません。断腸の思いで集計したので、ぜひ最後まで見ていってください。この記事がこれから株式投資を始める方の参考になれば、それ以上にうれしいことはありません。

YouTubeも見てね!

2022年12月の資産推移状況

この一ヶ月、私の感覚では市場はかなり安定していて、ボラティリティも低かったと思います。それでも円建てで計算するとマイナスだったのはちょっぴりがっかりですね。まあ年初からの”株安&円安”に比べればマシでしょう。会社からもらえる給料が増えた!とも解釈できるのだから。

上図は今月の家計収支のまとめです。今月は1557 S&P500 ETFからの分配金もあり、投資額合計は少し多めの42万円でした。生活費も少し多めではあるのですが、NHK受信料(年1回払い)やHDDレコーダーが不調だったのを買い替えたのが効いているだけです。決して浪費をしたわけではないので、これはヨシとします。投資を継続するのはもちろんですが、節約も無理ない範囲できっちりやるのは非常に重要です。

あまり代わり映えしないポートフォリオも更新しました。相変わらずのフルインベストを継続しています。現金があまりに少ない(現時点でメイン口座には13万円しか入ってません)ので心配されますが、今の所困ったことはありません。ここ数年はずっとこんな感じの銀行口座状況ですが、支出と収入をしっかりコントロールできていれば全く不安はないですよ。

続いて銘柄ごとの含み損益です。冒頭の結果からわかるとおり、為替ヘッジなしの商品は軒並み下げました。一方、レバナスは為替ヘッジが効いていますから、この状況でプラス成長を遂げています。まあ、それ以前に赤字だらけなのをなんとかしてほしいところですが。

上記は”もし4000万円でFIREしていたら?”を計算してみたものです。計算は額面の給料を資産推移結果から引き算しています。今のところは下落相場に釣られて資産も減っていて、これではFIRE生活に不安を覚えそうな状況です。

これからの投資方針

名著「インデックス投資は勝者のゲーム」でインデックス投資の父John Bogle氏は、投資信託の運用成績は長期になるほど”コスト次第になる”というのを示しています。実際、リターン/リスクを計算すると、S&P500インデックスが最もすぐれるファンドだった、というのを言っているのです。どんなアクティブファンドも長期になってトレード回数が増えれば増えるほどサルのダーツ投げと変わらない運用になってしまうわけですから。

なので私はこれからも変わらず定期、分散、低コストを原点に据えて、自分のペースで投資を続けていきたいと思います。困ったときはともにインデックスの父の言葉を思い出しましょう!

結論:冴えない相場が続くけれど決して焦るな動じるな

長期投資では儲からずに焦らされているような期間が幾度となくやってきます。その度、他の投資手法がクローズアップされ、そちらになびいて大失敗する、というのもよくあるパターンなのは覚えておく必要があるでしょう。僕は人生においては色々とフラフラしてきましたが、投資においては考えに筋を通す自信があります。なので”ブレない”という評判をいただいてるわけです。

皆さんも投資を始めたときに色々と勉強して、何を買っていこうか?などというのは最初に決めたはずです。不安になったときこそ、その方針を思い出しましょう。

私自信ブレることは決してありません。いかなる暴落がきたとて、投資継続できる自信があります。

YouTubeも見てね!

おまけ:資産運用おすすめ書籍

僕が実際に読んで「ほんとうに良い本だなぁ〜」としみじみ感じた名著をご紹介します。どれもめちゃくちゃ良い本ばかり。インデックス投資を始めたての方におすすめです。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにあります、いつかはわからないけど。

僕が一番好きな本。難しい数学的な知識を必要とせず、現代ポートフォリオ理論(≒ランダムウォーク理論)をかじれます。正直な感想を言うと全ての書いてることが興味深かったわけではありません。なので隅々まで読んだわけではないですが、理論のところはとてもわかりやすいのでおすすめです。これ読んでからWikpedia見たらだいぶ理解が進みました。

上記の本に加えてもう少しファイナンスを詳しく知りたい方向けにおすすめです。CAPMの考え方やそれをもう一歩発展させた3ファクターモデルのことも理解できます。ほかにもプライシング理論やリスク管理などの基礎知識もこれで十分わかるかと。

インデックス投資の名著中の名著です。個人投資家にとっての投資は「ミスった者が負ける」敗者のゲームになった、というのがタイトルの由来。ここで言うミスとは、市場動向に動揺して売買してしまうことを指します。いいからインデックスホールドしとけ、という本。

インデックス投資の父でありVanguard創業者のBogle氏の名著です。僕が最も尊敬する偉人でもあります。その先見性と残された功績には尊敬の念しかありません。内容はインデックス投資のベーシックな内容ですが、後半には債券との組み合わせ論などにも言及されています。全部が全部同意見というわけではありませんが、インデックス投資を志す者であれば必読書とも言ってよいかと。

ランダムウォーク理論(株価の動きはわからないという前提を置く理論)について、歴史を交えて語った本。これも名著と言われています。理論の概念はざっくりとわかるかと。歴史の部分が長くて、そこは読み飛ばしました。

本をほとんど読まない僕が唯一知ってる作家さん、橘玲さんの本。とても読みやすい文章で書かれていて、こんな文が書きたいなといつも思ってます。僕が海外株を中心に買っているのはこの本の考え方に近いです。

この本は僕が初めて読んだ投資関連の書籍。当時、個別株で失敗し、偶然思うがままに買い付けた米国株インデックスETFに出会い、それにいい感触をもっていました。その感触を自信に変えてくれた本です。

タイトルとURLをコピーしました