プロフィール

はじめまして。このブログ運営者「おっさん」です。知立市在住です。

ここでは、あまり需要がなさそうなぼくの出自をご紹介します。プロフィールをクリックしてくれた優しすぎるあなたのために。

出身地:日本国の中心と言われる神々の島「淡路島」

生まれた時から島育ちの田舎者です。どれくらい田舎かというと、ぼくが住んでいた幼少期は・・・

  • 本州にフェリーで1時間以上かかってた
  • コンビニに行くには車が必要
  • 春は親族所有の山にタケノコ掘りに行く
  • すでに母校(小学校)は廃校

こんな感じでした。なかなかの田舎レベルだと自負しております。

幼いころに明石海峡大橋がかかって以来、本州がすごく近くなりました。島民はあの橋の恩恵をかなり感じていましたね。絶対赤字事業だと思うけど。

こんな田舎が僕はとっても大好きです。田舎暮らしって結構魅力あると思ってます。老後は田舎暮らしもいいかもなーってくらい。

高校でクラシックギターと出会う

中学生のころは比較的勉強が得意で、島内では進学校と呼ばれる高校(偏差値50くらい)に無事合格しました。高校では何かしらの部活に入部しないといけないらしく、入学前から頭を悩ませていました。

そんなとき、

管理人
ぼく

ギターが弾けたらモテるかな?

という、よくある安易な発想でクラシックギターを弾く部活動にお世話になることに。よくありますよね、典型的なモテない少年の妄想。ほとんどの部員が女子でかわいい子が多かったため、モテる妄想ははかどりましたね。

当然ながら女の子にモテることはなく、逆にクラシックギターに夢中に。それまたよくあるパターンにはまりました。

ひたすら練習しつづけた大学/大学院生時代

大学でもサークルでクラシックギターを続け、高校時代よりもさらにギターにのめり込みました。そんなときに出会ったのが師匠のF氏。とてもわかり易く指導いただき、ギターの腕がめきめき伸びたことを覚えています。今思えば、ほんとうに指導を受けてよかった。我流には限界があることもわかりました。

師匠にはギターだけでなく、人生における色々なアドバイスをしてもらいました。ごちそうになったことも数しれず。感謝してもしきれないのです。ぼくは勝手に師匠のことを京都のホストファミリーみたいな?感じに思ってました。

就職して愛知へ

好きなことを仕事にできたら、どんなに幸せか。そう考えてはいたものの、頭の中から保守的な考えが抜けず、結局大手メーカーに就職することに。そして愛知に引っ越し。

管理人
ぼく

自動車も自分の好きなことだから

と言い聞かせながら。。。確かに自動車は好きではある。

なんだかんだと言いながら時が経ち、結婚し子供も生まれ、無印良品で家も建てて今に至ります。

 

自分の能力で人の役に立てないか?

こんな僕ですが、「人の役に立ちたい」という思いをずっと持ち続けてます。このブログでは日々の気づき、役に立ちそうな話を発信していきます。

もし、こんな僕に興味をもっていただけたら、「問い合わせ」をぽちっとお願いします。記事への質問やリクエストも気軽に問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました