1545 NASDAQ100 ETFの分配金がきた!どれくらいもらえるの?

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、配当金(分配金)は好きですか?僕はとくに好きでも嫌いでもありません。基本的にトータルリターンが重要なのであって、お金を得る手段はどうでもいいと思ってるからです。まあそれに税金も多めに喰らいますからね…。どっちかと言うとアンチか

ぼくの現在のポートフォリオ。分配金ねらいの銘柄はありません

なので僕のポートフォリオ内でも配当目当ての銘柄は一切ありません。その中でもたくさん配当をくれる(たくさん持ってるだけ)のは1557 と 1655 S&P500です。それは以前から当ブログでも紹介してきました。

先日、そんな中でもレアキャラ、1545  Nomura NF NASDAQ-100(R) (Unhedged) ETF の分配金が出たので、それをレポートしたいと思います。NASDAQ100連動なのに分配金が出るってちょっと驚きですよね(※QQQも出るけどね)。この記事がこれから投資を始める方の参考になれば、それ以上にうれしいことはありません。

そもそもどれくらい分配金が出るものなの?

まずはJPXのサイトから、過去の分配金データを調べてみましょう。結果はこんな感じ。

最新の結果は驚異の0.05%!w めちゃくちゃ少なくてビビります。時期は毎年8月半ばに年1回のみ。さすがグロース株中心だけある。

一方の米国ETFのQQQはというとどうでしょうか?

本場のETFだと0.76%でした。まあこの銘柄で分配金が欲しい人はいないでしょうが、もし欲しいならQQQのほうがよさそうです。

なお、僕の主力ETFである1557 S&P500 ETFの分配金はこんな感じ。1557って結構分配金多いほうなんだね。

直近では1.13%出てました

では実際にいくら分配金をもらったのか?

というわけで実際にもらった金額をレポートしていきましょう。

こんな紙が突然届きます
中身はこんな感じ

ここに記載されている情報だけ見ると、60 x 57 = 3420円 を分配金としてもらえるように見えます。実際に振り込まれる額もこれと同一なんでしょうか?それともここから税金が引かれるのか?

楽天証券の場合は配当金が振り込まれるとメールがくるので、それで確認してみましょう。

結果はまったく同じ値の3420円でした。ちなみにこの1545はNISA口座で購入している分なので、書類に書いてあった金額は外国税のみ引かれた金額と見ていいでしょう(たぶん)。特定口座で運用されている場合は、おそらく書類に記載の金額から 20.315%引かれると思います。間違ってたらごめん。

なお、1545の現在価格は16440円なので 約100万円分保有している計算になります。配当金としては0.3%くらいかな。少なすぎるからホントになくていいよw その代わりに信託報酬下げてくれ。

結論:NASDAQ100 ETFで分配金がほしけりゃ素直にQQQを買え

この1545(や1557)は僕がほんとうに無知だったころに買った商品で、その頃はQQQやVOOなんて存在も知りませんでした。なので、SNSや有名人を見てもこの1545を保有している人は少ないことでしょう。

そんな希少価値のあるデータをここに公開して、もし興味がある方の参考になれば幸いです。まあ積極的に東証ETFを買う理由はないですよね。ぼくは個別株から入ったので、東証で買うことに慣れてるので買っていましたが。それ以上の理由はありません。

おまけ:資産運用おすすめ書籍

僕が実際に読んで「ほんとうに良い本だなぁ〜」としみじみ感じた名著をご紹介します。どれもめちゃくちゃ良い本ばかり。インデックス投資を始めたての方におすすめです。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにあります、いつかはわからないけど。

僕が一番好きな本。難しい数学的な知識を必要とせず、現代ポートフォリオ理論(≒ランダムウォーク理論)をかじれます。正直な感想を言うと全ての書いてることが興味深かったわけではありません。なので隅々まで読んだわけではないですが、理論のところはとてもわかりやすいのでおすすめです。これ読んでからWikpedia見たらだいぶ理解が進みました。

上記の本に加えてもう少しファイナンスを詳しく知りたい方向けにおすすめです。CAPMの考え方やそれをもう一歩発展させた3ファクターモデルのことも理解できます。ほかにもプライシング理論やリスク管理などの基礎知識もこれで十分わかるかと。

インデックス投資の名著中の名著です。個人投資家にとっての投資は「ミスった者が負ける」敗者のゲームになった、というのがタイトルの由来。ここで言うミスとは、市場動向に動揺して売買してしまうことを指します。いいからインデックスホールドしとけ、という本。

インデックス投資の父でありVanguard創業者のBogle氏の名著です。僕が最も尊敬する偉人でもあります。その先見性と残された功績には尊敬の念しかありません。内容はインデックス投資のベーシックな内容ですが、後半には債券との組み合わせ論などにも言及されています。全部が全部同意見というわけではありませんが、インデックス投資を志す者であれば必読書とも言ってよいかと。

ランダムウォーク理論(株価の動きはわからないという前提を置く理論)について、歴史を交えて語った本。これも名著と言われています。理論の概念はざっくりとわかるかと。歴史の部分が長くて、そこは読み飛ばしました。

本をほとんど読まない僕が唯一知ってる作家さん、橘玲さんの本。とても読みやすい文章で書かれていて、こんな文が書きたいなといつも思ってます。僕が海外株を中心に買っているのはこの本の考え方に近いです。

この2冊は僕が初めて読んだ投資関連の書籍。当時、個別株で失敗し、偶然思うがままに買い付けた米国株インデックスETFに出会い、それにいい感触をもっていました。その感触を自信に変えてくれた本です。

タイトルとURLをコピーしました