【不労所得は蜜の味】1557から分配金がきた!その金額と使い道はどうする?

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、資産運用は順調でしょうか?僕は昨今の株高のビッグウェーブに乗って、すこぶる好調に推移しております。その実績についてはこちらの投稿をどうぞ。

僕の資産運用は「ポートフォリオをどう組むか?」などの小難しい話は何も考えておりませんし、投資について勉強するつもりもありません

  • 素人投資家はインデックスに勝てない
  • 長期で最もリターンを期待できるのは株式(下のグラフ参照)

の考え方で、余剰資金はすべてインデックス連動商品を購入しています。

Real Returns Favor Holding Stocks より引用。長期運用なら株式の一択だ!細けえこたぁいいんだよ!

そのインデックス連動商品として、現在はメインで1655 BRJ iShares S&P 500 ETF を購入しています。一方で以前は1557 SPDR S&P500 ETFをせっせと買い込んでいました。そのため現在766口とそれなりに貯まっております。評価損益もいつの間にか1000万円の大台を1557のみで突破しました。

2021/8/28時点の保有数。利益がとんでもないことになってる

そうすると楽しみなのが「不労所得」。1557は年に4回も分配金を支払ってくれる素敵な銘柄で、これがたまにやってくるプレゼントのようでいつも楽しみにしているのです。1655は年に2回ですからね、こればかりは金額より回数が多いほうが楽しみが増えて良いと思ってます。あくまで楽しみが増えるだけで、利益が増えるわけではないですが。

というわけで、今回は昨日1557から分配金の連絡がきたので、その様子をご紹介しましょう。

不労所得は忘れたころにやってくる

分配金の回数が多いと言っても年に4回しかありません。基本的には忘れて生活しております。そうした中、今朝ポストを覗いたら封筒が2通入っておりました。

不労所得の連絡です

1557の場合は分配金の連絡としてこんな封筒がいつも入ってます。不労所得のお知らせです。2通あるのは僕と妻の分。さっそく内容を見てみると・・・

二人で合わせて115,000円ゲットです。

どうやら6月21日が権利落日だったものの分配金のようです。二人合わせて約115,000円。この金額だけで生活できるような額ではないお小遣いレベルですが、それは不労所得。タダでもらえるものほどうれしいものはありません

これが年に4回もらえるので課税対象額としては年に460,000円。税金が20%としたら手取りは年に368,000円になります。一ヶ月以上はこの収入だけで暮らせそう。

この分配金を何に使うのか?

臨時収入として10万円ほど手にしたわけですが、突然手に入った大金には使いみちが思いつきません。とりあえず今月に自慢の愛車N-BOXの初車検があるので、一部それにあてるくらいかな?残りは再投資に回します。

分配金を再投資するのって本当は非効率なんでやりたくないんですけどね。分配金もらうたびに税金を喰らいますので。ただ、使い道がないなら仕方ない。それを言い出したら本当は分配金なぞ不要とも言えるのですが・・・不労所得を楽しむためには少しくらい分配金はあってもいいかな?とも思っています。それについて書いた投稿もぜひご覧ください。

結論:分配金はエンターテイメント

ぼくにとって分配金は資産運用的には嬉しいものではありません。分配金出すくらいなら投信側で勝手に再投資してくれたほうが利益も大きくなるし、余った分配金を再投資するのも手間です。基本的にいいことはありません。

しかし、それでも不労所得というカタチで約10万円が振り込まれてくるというのは嬉しい気分になれるのです。それは自分がしっかりと資産運用をして利益が出ていることを実感できるタイミングでもありますし、そもそもタダで何かもらえたら嬉しいんですよ。貧乏人根性が染み付いておりますゆえ。

そういう意味で考えると分配金や配当って「エンターテイメント」だなと思ってます。人を楽しませるだけのために存在している、そう考えられなくはないでしょうか?

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍をご紹介します。どれもスラスラ読めちゃう名著です。僕はどれもKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用しています。Kindle Unlimitedは固定費にうるさい僕も納得のサービス。コスパ文句なしです。無料期間もあります。

 

タイトルとURLをコピーしました