増やすなら髪より金!ミノキシジルはやめたほうがいい

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、髪の毛はフサフサしてますか?ぼくは実に中途半端な状況です。フサフサの方からは

ハゲてきたなwww

と言われますし、一方でガチでハゲてる人からは

この程度でハゲてるとか言うなカス

と言われるレベルです。妻に作ってもらったアバターはツルッパゲなんですがね。iPhoneのミー文字には中途半端なハゲ姿がないのでこうなりました。

かく言う僕も就職したての20代前半は髪の毛が薄くなった気がして焦っていたのです。そしてタイトルにある通りミノキシジル、いわゆるリアップを購入して使っていました

何がきっかけか忘れましたが、途中で使用をやめて今に至ります。今思えばその判断は正解でした。髪の毛を気にするあまりミノキシジルに頼ることの危険さをこの記事では述べたいと思います。この記事が増毛剤を使おうか悩んでいる人の参考になれば、それ以上に嬉しいことはありません。

ミノキシジルの凄さ

もともとミノキシジルに頼ろうとしていた僕、その理由は「医学的に効果がある」と認められている事でした。僕もエンジニアの端くれなので、こうした客観的事実の説得力を凄く感じてしまいます。

例えばこれ。こうした複数の論文でミノキシジルは一定の効果があると述べられているんですね。なので、実際に増毛効果があることは確実と見ていいでしょう。ただし、そのメカニズムは正確にはわかっていないみたいです。今もたくさんの研究者がその現象を解き明かそうと努力されています(たぶん)。

ミノキシジルの発毛作用について」より引用

ミノキシジルは ABC タンパクファミリーの SUR を活性化して薬理効果を発揮する SUR 作動薬である.その発毛作用の実体は未だ完全に解明されていないが,毛乳頭細胞における VEGF や IGF-1など細胞成長因子の誘導,ミトコンドリアに作用しての毛包細胞のアポトーシスの抑制,毛乳頭や毛包周囲の毛組織血流改善などの可能性が考えられている.これらのいづれかの作用を介して,男性型脱毛症の特徴である毛包の成長期期間の短縮を改善し,有効性を発揮するものと考えられる

ミノキシジルはやめられなくなる

それじゃあ使ってふさふさになればいいじゃん

と思われそうですが、話はそう単純ではありません。このミノキシジルの効果は「使っているときだけ」なのです。使用をやめるとだんだん然るべき頭皮に戻ってしまいます。それに相当する記述がリアップの説明書になされています。こちら。

その他の注意

〜中略〜

効果を維持するには継続して使用することが必要で、使用を中止すると徐々に元に戻ります

恐ろしい記述です。ミノキシジルの増毛効果はまるで魔法のようなもので、使わなくなると効果が切れてしまうとのこと。決して自分の力で毛が生えているわけではなく、薬の効果で毛が生えているわけです。つまり、もし上手くいって髪の毛が増えたとしてもそれを維持するには使い続けなくてはならないわけ。これを手に取る人は何年間使うつもりでいるのでしょうか?これは相当な金額になるはずです。

どれくらいの費用がかかるのか?

というわけで早速計算してみましょう。代表的なミノキシジル増毛剤「リアップ」の価格は2021年12月時点で120mlあたり7320円です。

これを1回 1mlの量で1日2回塗布します。すると、一ヶ月で 2 x 30 = 60mL の消費量となり、少なくとも今の価格だと 7320 ÷ 2 = 3660円/月 の固定費となるわけです。これ、けっこう高いですよ?1年で43920円ですから。

単純にこれを貯金する場合と、弊サイトらしく余ったお金としてS&P500(平均成長率8%と仮定)に投じた場合を計算してみました。その結果がこちら!

貯金で30年 136万円、S&P500が平均値で推移すれば541万円にまで成長します。これだけのお金を投じる意味が、我々の頭皮にあるでしょうか?ぼくは無いと判断して今に至ります。

増毛の目的を振り返ってみる

頭皮どころか外見の全てにおいて気にしないことにしています

そもそもなぜ「増毛したい」と思うようになったのでしょうか?僕の場合、ハゲはモテない、とか、バカにされる、とか、そうした事を恐れていたと思います。実際にほとんどの人がそうした理由ではないでしょうか?

ただ、今になって思うとそれは取るに足らない事だと感じています。というのも、人を容姿で判断して蔑む奴らとはそもそも関わりたくないですよね。それが例え女性であってもです。それに本当に魅力的で知的な女性は人の内面を見てくれるものだと思います。その代わり、そうした知的な女性に対して内面は簡単には誤魔化せるものではありません

これらを振り返ってみると、やはり僕は見栄を張っていたんだと思います。しょーもないプライドがカッコ悪く見られたくないと主張してきて、大金を出してまでハゲを治そうとしたのです。いざ計算したら想像以上の大金ではありましたがw

結論:ミノキシジルに手を出すなら高額投資になる覚悟が必要

若くして髪が薄くなってきたときの焦りはもの凄いです。僕も体感したのでよくわかります。ただ、その時の焦りの気持ちだけでミノキシジルに手を出すのは考えものだというのが上の検討でわかったはずです。

藁にもすがる思いなので、月々飲み会一回分なら安いと考えてしまいがちですよね。僕もそんなふうに思ってました。その飲み会一回分が積み重なって資産形成に差がついてしまうんです。しかも、その飲み会一回はフサフサ頭を維持するために継続しなくてはいけません。絶対にやめられないのです。

ミノキシジルのデメリットは上であげたお金だけでなく、男性の生殖機能の減退などもっと重要なこともあったりします。増毛剤は手軽に手を出せるものではないとの理解が必要です。

僕の持論ですが、ミノキシジルにすがるよりは投資に回して豊かな生活を目指したほうがゼッタイにいいと思います。それこそ余剰資金ですから、紙くずになっても平気ですし。もしお金に余裕が得られたら、ストレスがなくなって抜け毛も減るのではないでしょうか?その効果は保証できませんが。

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍です。どれもスラスラ読めちゃう名著。僕はどれもKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用しています。Kindle Unlimitedは固定費にうるさい僕も納得のサービス。コスパ文句なし。無料期間たまにあるのでチェックしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました