三菱UFJ銀行から楽天銀行に手数料タダで振り込む方法

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、銀行口座はどの会社のものを使われているでしょうか?ぼくは会社の給与口座を三菱UFJ銀行、楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行(SPU ※楽天ポイントUP ねらい)で使っております

そのため楽天カードの引き落とし資金を月に1回かUFJ銀行から楽天銀行へ資金を移さなくてはいけません。ちょっとめんどくさいのですが同じ買い物をしてもらえるポイントが少ないのは癪にさわるのでやってますw どケチ精神ここに極まれり。

そこで気になるのが振り込み手数料です。SPU目当てだとは言え、手数料で損をしてしまうと何がしたかったのかわかりません。それに通常は三菱UFJ銀行から楽天銀行への振り込み手数料は有料です。3万円以上なら220円もかかります。

しかし若干まわりくどいのですが上手いことやればUFJから手数料なしで楽天銀行に振り込むことができます。今回はそのやり方をここでみなさんにご紹介します。この記事が同じような悩みを持つ方の参考になれば、それ以上にうれしいことはありません。

楽天証券のマネーブリッジを活用する

マネーブリッジ|楽天証券×楽天銀行

いきなり結論です。楽天証券には楽天銀行と連携できる便利なサービスがあります。それがマネーブリッジと自動スイープ機能です。詳しくは楽天証券のサイトからどうぞ。ここでは詳述はしません。

端的に言えば、楽天証券に入金したお金が勝手に楽天銀行に入るサービスになります。証券口座に三菱UFJ銀行から入金するお金はもちろん手数料無料ですから、すなわち楽天銀行にタダで振り込むことができるわけです。入金までに1日ほどかかりますが、急ぎでなければ問題なく使えます。僕はいつもこれを使って楽天銀行に手数料タダで振り込んでいます。

当然、楽天証券の口座が必要になりますので、それがちょっとめんどくさいですかね。まあこの機会に貯金から投資にチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか?マネーブリッジの申し込み方は公式サイトの手順がわかりやすいです。

結論:三菱UFJに限らず他行でも楽天銀行に振り込める

楽天証券にはいろんな銀行から振り込めます

今回はぼくが使用している三菱UFJ銀行を中心に紹介しましたが、この手法は基本的には楽天証券の提携先であればどこでも使えます。上図の銀行なら問題なく手数料無料で振り込めるはずです。

最近はキャッシュレス生活がだいぶ馴染んできて、三菱UFJ銀行である必要性を感じなくなってきつつあります。使用している銀行口座が増えてきたのでそろそろ断捨離しないとなぁ・・と考え中です。住宅ローン用に信金系の口座ももってて、手におえません。

おまけ:資産運用おすすめ書籍

僕はほとんど読書をしません。そんな僕でもスラスラ読めちゃう良い本ばかり。どれもいいこと書いてあります。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにあります、いつかはわからないけど。

僕が一番好きな本。難しい数学的な知識を必要とせず、現代ポートフォリオ理論(≒ランダムウォーク理論)をかじれます。正直な感想を言うと全ての書いてることが興味深かったわけではありません。なので隅々まで読んだわけではないですが、理論のところはとてもわかりやすいのでおすすめです。これ読んでからWikpedia見たらだいぶ理解が進みました。

インデックス投資の名著中の名著です。個人投資家にとっての投資は「ミスった者が負ける」敗者のゲームになった、というのがタイトルの由来。ここで言うミスとは、市場動向に動揺して売買してしまうことを指します。いいからインデックスホールドしとけ、という本。

インデックス投資の父でありVanguard創業者のBogle氏の名著です。僕が最も尊敬する偉人でもあります。その先見性と残された功績には尊敬の念しかありません。内容はインデックス投資のベーシックな内容ですが、後半には債券との組み合わせ論などにも言及されています。全部が全部同意見というわけではありませんが、インデックス投資を志す者であれば必読書とも言ってよいかと。

ランダムウォーク理論(株価の動きはわからないという前提を置く理論)について、歴史を交えて語った本。これも名著と言われています。理論の概念はざっくりとわかるかと。歴史の部分が長くて、そこは読み飛ばしました。

本をほとんど読まない僕が唯一知ってる作家さん、橘玲さんの本。とても読みやすい文章で書かれていて、こんな文が書きたいなといつも思ってます。僕が海外株を中心に買っているのはこの本の考え方に近いです。

この2冊は僕が初めて読んだ投資関連の書籍。当時、個別株で失敗し、偶然思うがままに買い付けた米国株インデックスETFに出会い、それにいい感触をもっていました。その感触を自信に変えてくれた本です。

タイトルとURLをコピーしました