【米株】資産運用レポート始めます!2020年12月の実績

資産形成&節約
スポンサーリンク

皆さん、不労所得は好きですか?僕は大好きです。生粋のサボり属性なので、働かずに生きていけたら最高と思ってます。

そんな生活を夢見て、コツコツ資産運用をやってます。以前にこんな記事を書きました。

上の記事のとおり、僕の資産運用スタイルは「米国株インデックス」を主軸にしたものです。よくあるやつ。これでも妻子持ちなので、そこまで冒険はできないので・・・・。

ただ、極力現金を持たずに全力でインデックス投資に回す、という一般的な人よりは攻めた運用かとは思います。これから、どれくらいのペースで資産が上下するかを皆さんと共有していきたいです。身をもって米国株インデックスの実力を見せて行こう、と。人柱です。

なので、赤裸々に全財産を公開していきます。

2020年12月の実績

というわけで、僕の管理する口座すべて(確定拠出年金含む)を合計したものを計算してみました。

こんな感じで毎月グラフにして見て行こうと思います。投資自体を始めたのは3年前ですが、1年ほど前に全て利益確定させてますので、運用年数はおおよそ1年強かな。(少額ですが、確定拠出年金は10年近くやってたりするので、全財産が正確に1年というわけではありません)

実績は以下のとおり 

  • ・総資産:3627万円
  • ・損益:+321万円
  • ・損益率:9.7%

こうして自分でデータ整理して見てみると、意外と上手く運用できてるんじゃないか?ちょっと驚きました。実感ないけど。

ちなみに所有してる銘柄は下記のとおり。

SPDR S&P500 ETF【1557】

S&P500に連動するETF。僕のメイン資産です。手数料タダ、ほふり対応を目的にカブドットコム証券で運用してます。妻のNISA口座もカブドットコム証券にして贈与税かからないところまで毎年買う徹底ぶり。単価が高いのが難点。

ETF iシェアーズ S&P500 米国株 ETF【1655】

同じくS&P500に連動するETF。過去に楽天証券で自分のNISA口座を開いてしまったので、楽天証券で手数料タダのS&P500連動銘柄として買ってます。単価が安いので小回りきいて使いやすいです。おすすめ。余談ですが、子供のジュニアNISAをこの銘柄にしようと思ってます。

ETF (NEXT FUNDS)NASDAQ-100(R)連動型上場投信【1545】

こちらはNASDAQ指数に連動するタイプ。S&P500に比べて値動き激しい傾向にあります。楽天証券口座で少額買ってたもの。なぜだが購入当初より72%も上がってる(2020/12月現在)。もっと買っとけばよかった。

野村外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI

確定拠出年金用の銘柄。会社の給料から勝手に天引きされて買ってるものです。いつも通り、外国株インデックスに全力投球することにしてます。米国株インデックスがあればいいのにな。。。

結論:米国株インデックスで今のところは上手くいってる

改めて自分で整理してみて、意外と上手くいってると感じました。米国株インデックスはほんとに強いですね。コロナ前に戻ってるし。

これからひと月に一回、こんな感じで実績をレポートしていこうと思いますので、よかったらチェックしてみてください。自分の振り返りにもよかったので、こういうのいいね。

追記:次の1ヶ月の資産運用レポートもぜひどうぞ

おまけ:資産運用おすすめ書籍

僕はほとんど読書をしません。そんな僕でもスラスラ読めちゃう良い本ばかり。どれもいいこと書いてあります。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにあります、いつかはわからないけど。

僕が一番好きな本。難しい数学的な知識を必要とせず、現代ポートフォリオ理論(≒ランダムウォーク理論)をかじれます。正直な感想を言うと全ての書いてることが興味深かったわけではありません。なので隅々まで読んだわけではないですが、理論のところはとてもわかりやすいのでおすすめです。これ読んでからWikpedia見たらだいぶ理解が進みました。

インデックス投資の名著中の名著です。個人投資家にとっての投資は「ミスった者が負ける」敗者のゲームになった、というのがタイトルの由来。ここで言うミスとは、市場動向に動揺して売買してしまうことを指します。いいからインデックスホールドしとけ、という本。

ランダムウォーク理論(株価の動きはわからないという前提を置く理論)について、歴史を交えて語った本。これも名著と言われています。理論の概念はざっくりとわかるかと。歴史の部分が長くて、そこは読み飛ばしました。

本をほとんど読まない僕が唯一知ってる作家さん、橘玲さんの本。とても読みやすい文章で書かれていて、こんな文が書きたいなといつも思ってます。僕が海外株を中心に買っているのはこの本の考え方に近いです。

この2冊は僕が初めて読んだ投資関連の書籍。当時、個別株で失敗し、偶然思うがままに買い付けた米国株インデックスETFに出会い、それにいい感触をもっていました。その感触を自信に変えてくれた本です。

タイトルとURLをコピーしました