資産増加の勢いが半端ない!「ほったらかし投資法」最強説を唱えるおっさんの資産運用レポ(21年4月)

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、資産運用やってますか?ぼくは「ほったらかし投資法」自ら提唱し人柱として実践しております。「ほったらかし投資法」に関する記事はこちらからどうぞ。

また、先月のレポートはこちらです。

今回は2021年4月現在の「ほったらかし投資法」の実績報告です。果たして本当にほったらかしで資産が増えていくのか?リアルな男の資産レポートをお楽しみください。

落ちるどころか伸びまくっててビビる

ぼく
ぼく

ここ最近上がりすぎだし、そろそろ落ちるころだなー・・・

などと言っていましたが、実際の運用実績はこちらです。

落ちるどころか伸びしろしかない
  • 総資産:4489万円(前月比 + 339万円)
  • 損益:920万円(前月比 + 287万円)
  • 損益率:25.8% (前月比 + 7.8%)

上がりすぎてビビってた先月を大きく上回る伸びを見せてます。米国株インデックスってほんとすごいですね。買って放置してるだけでお金が増えていくんだから。そろそろ仕事辞めてもいいかもしれないな。

要因分析:なぜこんなに上昇したか?

実際にS&P500のグラフ推移はこちら

このグラフから計算すると 3820→4020まで1ヶ月で5%伸びています。ただ、これでも今月の損益率の伸び7.8%には到達しません。

もう一つ重要な要素が為替です。以下に今月の為替の動きを示します。

今月は1ドル107.1円→110.7円まで3.3%円安が進みました。1557や1655は為替の影響も受けますので、これが株価上昇に影響したと見てよいでしょう。

純粋なS&P500の成長と為替の影響を合わせて今月に7.8%の含み益増加につながったと言えます。為替は常に動くので、実質的に得られている利益はS&P500の成長5%ぶんでしょうね。為替ぶんはいずれどこかで揺り戻しがくるはずです。

今月実施した投資行為を振り返る

ここでは今月の投資行為をみなさんに紹介していきます。中には投資と呼ぶレベルじゃないものもあります。ほんとうに大したことは何もしていません。

1655からの配当金をもらって再投資

昨日に1655からの配当金がきた話を投稿しました。ここでもらった配当金は即座に1655の購入にあてています。複利を得られるように配当は即座に投入が基本です。

住宅ローン口座やサブ口座から現金を全て引き出してメイン口座に移動

住宅ローンを申し込むと、借入先次第ではローンの条件に口座開設を要求されることがあります。ぼくは、その口座には毎月会社から10万円ほど自動で振り込まれるように設定してます。口座のショートが心配だったので、いつも数十万円を入れて置いていました。

しかし、よくよく調べてみるとローンの引き落としは大企業の給料日より遅くなるように調整されているらしいと知りました。ですので口座を0にしていても給料日には資金ショートすることがないというわけです。

そしたら銀行に置いておくお金がもったいないので、手持ちの口座はありったけをメインバンクに突っ込んでおきました。20万くらいあったかな?今月の損益に対して総資産の増え幅が大きいのはそれが理由です。

給料日に余剰資金で1557を購入

■

ぼくは現金を50万円以下に収めるように管理しています。今までの経験上、50万円残しておけばショートすることはないですね。銀行に預けるのがもったいないと思っているため、できるだけ現金を少なく保持しているのです。

今月も給料日になるとメイン口座が50万円を超えたので、その余剰分をカブドットコム証券に移して1557を追加購入しておきました。単元株が高すぎて2単元しか買えませんでしたが。

結論:米国株インデックスは常に”いま”が買い時

今月も「ほったらかし投資法」は高いパフォーマンスを見せてくれました。あまりにも上がっていくので、昔の価格を知っている身からすると購入するのを躊躇ってしまう時もあります。ただ、米国株インデックスの特徴は「ゆるやかに右肩上がり」ですから、いつだって”今”が一番お買い得ということです。

割高だなーと思いながらもぼくは投資を続けます。これがまた数年後に振り返ると、「あの時は安かったなー」となるはずなので。

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍をご紹介します。どれもスラスラ読めちゃう名著です。僕はどれもKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用しています。Kindle Unlimitedは固定費にうるさい僕も納得のサービス。コスパ文句なしです。無料期間もあります。

 

タイトルとURLをコピーしました