マイナポイントの申し込みに失敗する時はたぶん子供と自分のアカウント間違ってる【PayPay】

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、マイナポイントの第2弾には申し込みをしましたか?遅ればせながら、僕も本日着手しました。

第1弾に加えて一人あたり15000円分のポイントがもらえるビッグイベントです。政策に対する賛成反対はあるでしょうが、もらえるものはもらっておくのがどケチ魂。もちろん貰いに行きます。うちは4人家族なので 4 x 15000 = 6万円分ですからね。大きいですよ。

詳しいマイナポイント制度の話は公式サイトに譲るとして、今回僕は申し込みにあたってハマりました。その話をここで共有したいと思います。この記事が同じ悩みを抱えている人の参考になれば、それ以上にうれしいことはありません。

※下記はPayPayでの場合ですが、別サービス(楽天カードなど)でも同じ問題が起きると思います。検証してないけど

現象:何回申し込んでもエラーで申し込めない

僕はまずPayPayから申し込みに着手しました。特に深く考えずに自分のマイナンバーカードを用意して、するすると申し込みを進めていくと最後にこんなメッセージが。。。

ぼく
ぼく

最後の最後でエラーってなんだよ。また最初からやり直し?

もちろんPayPayのホーム画面を見ても、何が理由で弾かれたのかは書いてありません。原因不明です。諦めずに何回かトライしましたが、いずれも申し込み失敗でした。これは何かおかしい、ミスってる。

そこでTwitterで少しリサーチすると、「申し込み殺到で失敗する」とか「第1弾と同じ人(子どもなら子ども)じゃないとダメ」と色々と情報が出てきます。前者はどうしようもないですが、後者が理由なら解決できるかもしれません。ダメもとで試してみたら・・・

無事完了しました!なんだ〜、そんな理由だったらエラー画面に表示してくれたらいいのに。第1弾で誰が何のサービスに紐付けたかなんて覚えてないよw ちなみに上の成功画面に至るまで、別の子どもでログインしようとして失敗してます。子だくさんだと大変だね。

なお、この後に銀行口座の登録をしなければポイントはもらえません。それはマイナポータルアプリから簡単に登録できます。何回もマイナンバーカードを読み取らされてスマートではありませんが・・・。お忘れなきよう。

結論:マイナポイント申し込みに失敗するのは人違いかもよ

というわけで、このエラーにあろうことか30分くらいハマってしまいましたw どんくさいことこの上ありません。それでもしっかりポイントゲットできたので、終わりよければ全てよしとしましょう。みなさんも同じエラーで困っていたら、お子さんのマイナンバーカードでトライしてみてください

このポイント、何に使おうかな?使い道が特に思い浮かびません。少しだけ財布の紐を緩めて、欲しいとねだるものは買ってあげるようにしようかな。そもそもこのポイントは何のためにばら撒かれたものなんでしょう?健康保険証としてマイナンバーカードを使ってほしいのかな。それとも銀行口座を登録してほしかったのかな?よくわかっていません。

おまけ:資産運用おすすめ書籍

僕はほとんど読書をしません。そんな僕でもスラスラ読めちゃう良い本ばかり。どれもいいこと書いてあります。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにあります、いつかはわからないけど。

僕が一番好きな本。難しい数学的な知識を必要とせず、現代ポートフォリオ理論(≒ランダムウォーク理論)をかじれます。正直な感想を言うと全ての書いてることが興味深かったわけではありません。なので隅々まで読んだわけではないですが、理論のところはとてもわかりやすいのでおすすめです。これ読んでからWikpedia見たらだいぶ理解が進みました。

インデックス投資の名著中の名著です。個人投資家にとっての投資は「ミスった者が負ける」敗者のゲームになった、というのがタイトルの由来。ここで言うミスとは、市場動向に動揺して売買してしまうことを指します。いいからインデックスホールドしとけ、という本。

ランダムウォーク理論(株価の動きはわからないという前提を置く理論)について、歴史を交えて語った本。これも名著と言われています。理論の概念はざっくりとわかるかと。歴史の部分が長くて、そこは読み飛ばしました。

本をほとんど読まない僕が唯一知ってる作家さん、橘玲さんの本。とても読みやすい文章で書かれていて、こんな文が書きたいなといつも思ってます。僕が海外株を中心に買っているのはこの本の考え方に近いです。

この2冊は僕が初めて読んだ投資関連の書籍。当時、個別株で失敗し、偶然思うがままに買い付けた米国株インデックスETFに出会い、それにいい感触をもっていました。その感触を自信に変えてくれた本です。

タイトルとURLをコピーしました