【やめとけ】S&P500 4倍ブル誕生!買う意義はあるのか検証してみた

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、レバレッジ投信は好きですか?僕はレバレッジの合理性は理解しておりますが、自分のリスク許容度が低いので少しだけしか所有していません。この下落相場で自分のリスク許容度の無さを痛感しました。もちろん売ってないけどね。

そんな中、SNS上でS&P500の凄いレバレッジ商品が誕生したとウワサに聞きました。なんと4倍ブル(レバレッジ)というではありませんか!

ぼく
ぼく

さすがに4倍はやりすぎなんじゃないかなぁ・・・・

と直感的に思いましたが、それは多分に偏見を含んでいます。ここはエンジニアらしく、数値で定量的に抑えた上で4倍レバレッジがアリかどうかを考察することにしました。この記事が4倍ブルに興味を持っている方の参考になれば、それ以上にうれしいことはありません。

YouTubeも見てね!

どんな商品かを調べてみる

T&Dアセットマネジメント社より発売される商品だそうです。詳細はリンク先からご覧ください。

たしかに4倍とある・・・

この4倍レバレッジをここでは以下2つの方法で妥当かを考えてみたいと思います。

①は比較的簡単な計算で、巷でもよく計算されていると思います。過去の履歴にレバレッジ計算を当てはめて、最適レバレッジを考える手法です。あくまで”タイムスリップできたら”という前提に立って考えたもの。

②はもう少し高度な計算をします。具体的にはS&P500の統計的性質をもとに未来はこれくらいのリターンが期待できるだろう、という予測をするものです。手段の詳細は以下の記事をご覧ください。

①過去データにレバレッジ倍数を適用してみる

上のグラフは1985/9/26を100とした一括投資をした場合のパフォーマンスを示しています。どこで切り取るかにもよるのですが、4倍が活躍していたのはITバブルまででそれ以降は3倍の後塵を拝しています。せっかく4倍というリスクをとったのにリターンが得られていないという結果です。

上のグラフは現在(2022/2/6)時点のS&P500比とのパフォーマンス比をレバレッジ倍数を横軸にとって整理したものです。2.7倍以上のレバレッジ倍数はやりすぎであるのがよくわかりますね。

このグラフは毎日1ずつ積み立て投資をしたという仮定で算出しています。積み立てだと暴落したところからまた買い増しできているので、前述の一括投資よりも結果はマシになってますね。

同じようにS&P500比で見てみると積み立てであってもレバレッジ2.7倍以上はやりすぎなのは同じ結果でした。さすがに4倍は逓減が強く効きすぎてます。

②株価予測モデル(幾何ブラウン運動モデル)で計算

次に株価予測モデルでの計算をやってみます。詳細は別記事に任せるとして、ざっくりとした考え方のみを説明しましょう。

数式で示すとこんな感じ。ギョッとするかもしれませんが、内容は意外に簡単です。少しずつ成長する項とばらつきを表す項の足し算で表現してるだけ。これを解いて分析してみた結果がこちら。

上のグラフは レバL倍中央値/レバなし中央値 の比をとったときにEXPに現れる2次関数を示しています。とりあえずこの数値が0を上回っていたら数値が大きいほどパフォーマンスがよく、0を下回るとS&P500に負けると思ってください。

この結果も同じようにレバ2.6倍に最適点を持ち、レバレッジ4倍でリターンが下がってるのがわかります。同じような分析をしても、結局4倍はやりすぎなのです。

リスク許容度との兼ね合いもありますが、もし買うなら2倍程度のものがよいのかなと思います。たとえば上のiFreeレバレッジ S&P500とかがよさそう。僕はレバナスでお腹いっぱいなので買いませんけどね。

レバレッジは長期投資に向かないと言われる理由

ところで世間ではレバレッジ投信は長期投資に向かないという意見も根強くあります。様々な理由が語られていますが、ひとえに下のグラフに集約されていると僕は思います。

これは前述の積み立てをやった場合の結果です。これを見ると暴落しているところでS&P500を下回ってそうな点がありますよね。これが長期投資に向かないと言われる所以です。

長期投資とは確実に資産を成長させねばならないものという観念が強くあります。リスクをとってリターンまで下がれば不幸と考えられても仕方ありません。レバレッジをかける以上、必ず指数を上回っていないといけない、という固定観念とも言えます。

ただ、よく見るとここで酷評した4倍でさえも暴落時以外はS&P500を上回っているのです。言い換えるとS&P500を上回ってる期間のほうが長いということ。この事実を一声で「レバレッジは長期投資に向かない」と片付けるのは、あまりにもったいないのではないかな〜と僕は思います。ほどほどでやればいいんじゃないかな?

暴落シーンでどうなってるか見てみた

各暴落シーンでレバレッジ投信がどういう動きをするか見てみましょう。

ITバブル

ITバブルの底では4倍だけがS&P500にタッチしているような挙動になっています。2倍、3倍は底でもS&P500より上にいますね。この計算は手数料や信託報酬を勘案していないので、おそらく4倍はS&P500を下回ることになるでしょう。やはり4倍、お前はダメだ。

リーマンショック

次はリーマンショック。ここでは4倍のみならず3倍もS&P500を下回る結果になっています。2倍はなんとか堪えている感じですね。これを見てみなさんどう感じるでしょうか?もし当事者だったら1985年から積み立ててきて20年以上経って元の指数に負けるなんて精神的にかなりキツイですよね〜。ITバブル前、リーマン前に売り抜けるチャンスはあったと悔やむことでしょう。

コロナショック

最後はコロナショック。他の暴落と比べたら、このショックは軽いもんです。逆転しているのも4倍だけです。

結論:さすがに4倍はやりすぎだ

過去のチャートに当てはめた検討や株価予測モデルを使った検討をしてみても、双方の結果が4倍はNGと示す結果でした。直感どおりです。もしレバレッジを検討される場合でもやはり2倍程度に収めておくのがよいと思います。

こういう商品が出てくるあたりバブルなのかな〜と心配になりますね。もちろん米国株は少しずつ成長してくものとは思いますが、その道程には必ず暴落が伴います。こんな商品は盲目的に「米国株って絶対上がるんでしょ?」と舐めプしているやつが餌食になる未来しか見えません。このブログの読者におかれましては懸命な判断をしてレバレッジ設計を

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍です。どれもスラスラ読めちゃう名著です。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにありますよ、いつかはわからないけど。

 

タイトルとURLをコピーしました