月々5000円節約でこんなに増やせる!チリを”山”にする節約術

資産形成&節約
スポンサーリンク

「チリも積もれば山になる」という言葉。いかにも日本人が好きそうなワードです。ぼくも好き。

この言葉は「節約」をがんばるためのワードとしてよく引用されます。コツコツ切り詰めれば資産がいっぱい貯まるよ、という塩梅です。

しかしながら、所詮チリはチリ。足し算でしか増やしていっても大した山になりません。

最近、自分で計算してみてチリは資産運用の複利効果と掛け合わせると遥かに大きな山になることを実感しています。気がつけば資産が4500万円まで溜まってましたから。※資産運用レポート記事をご参照ください。

今回はぼくが実際にやっている節約例をトピックに、複利効果でどれくらい差が出るかをご紹介しましょう。

YouTubeにも投稿しているので見てね!

節約例:毎月飲みまくっていたお酒をやめてみた

みなさん、仕事の後は晩酌されますか?ぼくは過去、毎日のように晩酌していました。それだけでなく、休日は昼からお酒を飲み始める始末。妻からは「アル中」と言われていて、多い日では350ml缶を3〜4本飲んでました。飲みすぎです。

飲みすぎてた時はAmazonの定期お得便で毎月2ケースほどの頻度で購入してました。ビールではなく、いつもチューハイで。

これを僕はきっぱりやめました。これで月々5000円のコストカットになります。きっかけはダイエットですがw。ダイエットってすごいですよ、無駄遣いを減らすとともに、ぜい肉も減るわけですから。一石二鳥!

※時折ダイエット経過も投稿してますので、ぜひみてくださいね

月々5000円を節約したのを運用すれば差はどれくらいになる?

それでは実際に計算してみましょう。前提は以下のとおり。

上記の前提で試算したものが下のグラフです。

20年後には約253万円もの差がついています!「チリも積もれば・・・」の精神で貯金だけしていても、120万円にしかなりません。ちょっとした運用との組み合わせで373万円にまで山を大きくできるわけです。節約と運用の複利効果は相性バツグンってこと。

毎月5000円も飲んでねーよ

という方のために、月々2500円(毎月1ケース)で計算したものも載せておきますので参考にしてください。毎月2500円でも20年後には126万円の差が出ます。節約をがんばるなら絶対に”山にする”運用は必須ですよね。

結論:節約と運用は相性バツグン!運用でチリを山にせよ

そもそもなぜ節約と資産運用は相性がよいのでしょうか?その理由はとてもカンタン。

どちらも”時間”に対して大きな効果を生むものだからです。長い間続ければ効果が大きくなる特徴のこと。まさしく”時は金なり”と言っていいでしょう。

そのため、一生懸命節約したものはタンスにほったらかしにせず、運用して大切に育てるようにしてください。迷ってる時間はもったいないです。その時間もお金になるわけですから。

ぼくが実際にやっている投資法を紹介しています(超カンタン)

おまけ:資産運用おすすめ書籍

僕はほとんど読書をしません。そんな僕でもスラスラ読めちゃう良い本ばかり。どれもいいこと書いてあります。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにあります、いつかはわからないけど。

僕が一番好きな本。難しい数学的な知識を必要とせず、現代ポートフォリオ理論(≒ランダムウォーク理論)をかじれます。正直な感想を言うと全ての書いてることが興味深かったわけではありません。なので隅々まで読んだわけではないですが、理論のところはとてもわかりやすいのでおすすめです。これ読んでからWikpedia見たらだいぶ理解が進みました。

インデックス投資の名著中の名著です。個人投資家にとっての投資は「ミスった者が負ける」敗者のゲームになった、というのがタイトルの由来。ここで言うミスとは、市場動向に動揺して売買してしまうことを指します。いいからインデックスホールドしとけ、という本。

インデックス投資の父でありVanguard創業者のBogle氏の名著です。僕が最も尊敬する偉人でもあります。その先見性と残された功績には尊敬の念しかありません。内容はインデックス投資のベーシックな内容ですが、後半には債券との組み合わせ論などにも言及されています。全部が全部同意見というわけではありませんが、インデックス投資を志す者であれば必読書とも言ってよいかと。

ランダムウォーク理論(株価の動きはわからないという前提を置く理論)について、歴史を交えて語った本。これも名著と言われています。理論の概念はざっくりとわかるかと。歴史の部分が長くて、そこは読み飛ばしました。

本をほとんど読まない僕が唯一知ってる作家さん、橘玲さんの本。とても読みやすい文章で書かれていて、こんな文が書きたいなといつも思ってます。僕が海外株を中心に買っているのはこの本の考え方に近いです。

この2冊は僕が初めて読んだ投資関連の書籍。当時、個別株で失敗し、偶然思うがままに買い付けた米国株インデックスETFに出会い、それにいい感触をもっていました。その感触を自信に変えてくれた本です。

タイトルとURLをコピーしました