苦境を乗り越えろ!2022年10月の資産推移レポートまとめ

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、資産運用の調子はいかがでしょうか?僕は最近の冴えない米国株の動きをモロに喰らって、証券口座を見ないようにするほど不調ですw 下落したときは見ないようにしてるんですよ、見てもいい気分にならないですから。

そんな僕でも月に1回は必ず資産推移をまとめています。それはこのブログを読んでくれている読者のため、そしてYouTube動画を楽しみにしてくれている視聴者さんのためです。なにせこのチャンネルが最初にヒットしたのは、資産推移動画でしたから。これこそが原点なんです。なので血を吐いてでも資産推移を集計する意気込みがあります。

というわけで、今回もがんばって資産を集計したのでぜひ最後まで読んでいってください。この記事がこれから投資を始める方の参考になれば、それ以上にうれしいことはありません。

YouTubeも見てね!

22年10月の資産推移

ということで、早速結果から見ていきましょう。

  • 総資産:6382万円(前月比 ▲211万円)
  • 含み益:1653万円(前月比 ▲303万円)

9月は近年稀に見る最悪な月だったように感じました。CPIショックに英国の失策、アップルの減産など、いいニュースは皆目なし。当然資産は減っています。けれども、長期投資とはそんなものです。人生と同じく山あり谷あり、株は必ず上下しますから。なので全く動揺はしていません。

上図は今月の家計収支です。生活費はいつもよりやや多いくらいで推移したので、生活自体は普通です。一方で自社株の売却や分配金、旅行費用(親族の立替分含む)などが結構な金額であり、出入りは激しい一ヶ月でした。

我が家は信じられないくらい現金保有量が少ない(10〜20万弱)ですが、毎月のキャッシュフローはしっかり管理しています。そのため、今回のように急な出費があっても先月から計画的に対応しているため、金欠になることはありません。大事なのは貯金ではなくキャッシュフローだ、そのことに最近気づきました。

最も見るのが嫌なメイン口座の明細。想像どおり全体的に下げています。特にレバナスは悲惨なことになってますね。果たして本当に復活する日はくるのやら?まあ気長に待ちましょうぞ。

損益率を棒グラフにしたものが上図。こちらも当然同様の結果で、全体的に下げていることがよくわかります。

今月の投資行為と主要指数の動き

今月もいつもと変わらず、余剰資金ができたタイミングで買いを入れました。タイミング投資は決してやりません。なお購入金額が多いのは持株会の解約分です。

上図はS&P500, NASDAQ100, Russel2000, VXUS(米国除く全世界)をプロットしたもの。先月はどの相場もみんなダメで下がっています。特にNASDAQ100とVXUSの落ちが顕著です。Appleの減産ニュースが直撃したのと、英国が迷走したのが影響してそうですね。

結論:決して辛い相場に屈しない!

上図は有名な書籍からの引用。株(Stocks)を長いこと保有していくと、年率リターンはだんだん収束していくと主張するものです。そして注目は株の最低値がプラスであること。つまり、どんなに悪い20年間を持ってきても、最終的には成長したというのがこのグラフが述べるところです。

長期投資を続ける理由には人それぞれあるかと思います。みなさんひとりひとりが目標に大してブレることなく、投資を続けられることを願ってやみません。ぼくは当然、お金が必要にならない限りは売りません。

もう少し詳しく知りたい方はYouTubeをぜひ見てね!

おまけ:資産運用おすすめ書籍

僕が実際に読んで「ほんとうに良い本だなぁ〜」としみじみ感じた名著をご紹介します。どれもめちゃくちゃ良い本ばかり。インデックス投資を始めたての方におすすめです。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにあります、いつかはわからないけど。

僕が一番好きな本。難しい数学的な知識を必要とせず、現代ポートフォリオ理論(≒ランダムウォーク理論)をかじれます。正直な感想を言うと全ての書いてることが興味深かったわけではありません。なので隅々まで読んだわけではないですが、理論のところはとてもわかりやすいのでおすすめです。これ読んでからWikpedia見たらだいぶ理解が進みました。

上記の本に加えてもう少しファイナンスを詳しく知りたい方向けにおすすめです。CAPMの考え方やそれをもう一歩発展させた3ファクターモデルのことも理解できます。ほかにもプライシング理論やリスク管理などの基礎知識もこれで十分わかるかと。

インデックス投資の名著中の名著です。個人投資家にとっての投資は「ミスった者が負ける」敗者のゲームになった、というのがタイトルの由来。ここで言うミスとは、市場動向に動揺して売買してしまうことを指します。いいからインデックスホールドしとけ、という本。

インデックス投資の父でありVanguard創業者のBogle氏の名著です。僕が最も尊敬する偉人でもあります。その先見性と残された功績には尊敬の念しかありません。内容はインデックス投資のベーシックな内容ですが、後半には債券との組み合わせ論などにも言及されています。全部が全部同意見というわけではありませんが、インデックス投資を志す者であれば必読書とも言ってよいかと。

ランダムウォーク理論(株価の動きはわからないという前提を置く理論)について、歴史を交えて語った本。これも名著と言われています。理論の概念はざっくりとわかるかと。歴史の部分が長くて、そこは読み飛ばしました。

本をほとんど読まない僕が唯一知ってる作家さん、橘玲さんの本。とても読みやすい文章で書かれていて、こんな文が書きたいなといつも思ってます。僕が海外株を中心に買っているのはこの本の考え方に近いです。

この2冊は僕が初めて読んだ投資関連の書籍。当時、個別株で失敗し、偶然思うがままに買い付けた米国株インデックスETFに出会い、それにいい感触をもっていました。その感触を自信に変えてくれた本です。

タイトルとURLをコピーしました