【修羅場】22年7月の資産推移レポート

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、このところの下落相場の波の中、いかがお過ごしでしょうか?僕は証券口座を見ないようにして生きていますw 見てもいいことないのがわかってますからね。

と言いつつも、YouTubeとブログで脚色ない資産推移をレポートしている身としては、月に一回は見ないといけません。今回も心を無にしながら資産推移をまとめましたので、ぜひ見ていってください。ほんとは見たくないんだよw

YouTubeも見てね!

久しぶりの散々な結果

S&P500の22年6月の動き

まず最初はS&P500の動きから振り返っておきましょう。今月は初旬にインフレの予想以上の進行が明るみに出て、がくっと下落しました。そしてFOMCでも0.75%という通常の3倍のスピードで利上げを決定し、一気に市場は警戒ムードに。当然株価は大きく下落し、最終的には8.42%も下がってしまいました

上図は僕の22年7月3日時点の総資産と含み益です。散々な結果でして、総資産で前月比431万円マイナス、含み益では前月比466万円の大幅マイナスを叩き出しました。久々の大きい下落でうんざりとしか言いようがありません。まあそれでも深刻に悩んでいるわけではなくて、株式投資なんてこんなもんさ、と開き直ってはいます。

最新のポートフォリオはこんな感じ。既に金額がそこそこ大きいので、毎月変わり映えがなくてすみません。基本的にはS&P500に90%弱のフルインベスト、レバナスは5%くらいです。

なお、現金比率が小さいのは事実で、15〜20万円くらいしか口座にありませんが、これが全財産ではないのでご注意ください。きっちり安全資産として別枠で現金は用意してあります(妻が)。

今月の家計収支はこんな感じ。1557 ETFの分配金と児童手当が被ったので臨時収入が多めです。生活費もいつもどおりくらいですが、以前に散財したコーヒーミルの引き落としが今月ありました。それについての記事は以下をどうぞ。

投資用のお金としては今月47万円分を捻出し投入しています。浮いた分は何も考えずに積立てに投じていくスタイルです。

今月の買い付け行為

上記は僕の現在の買い付け方針です。非常に明快でわかりやすくS&P500に全力なのがわかるかと思います。ただ、最近は欲を出して下落局面(週足RSI 40切り)でレバナスにスイッチしていて、それで火傷しました。まあ今年はトライの年として、宣言どおりレバナスを購入していこうと思っています。

これは僕の投資信託の注文履歴です。有言実行していて、6月にiFreeレバナスを47万円分追加しました。

銘柄ごとの含み益推移はこちら。まあ予想どおりというか、全面安の展開ですね。主力の1557が大きく下がってしまうと、他ではリカバリーできません。見るのが悲しくなってくる図ですね・・・もう見ないでおこうw

結論:だからと言って戦略を変えることはない

僕の投資方針で最も忌み嫌うのが「投資方針をコロコロ変えること」です。言い方によっては「柔軟に対応している」と言えなくもないですが、ほとんどが市場動向に動転して「狼狽している」人たちでしょう。理由を問うても、強い信念を感じられることは少ないです。そして動転して動くとプロトレーダーたちにやられること待ったなしです。

僕らのようなアマチュア投資家が正攻法でプロに対抗することは厳しいですよね。市場平均をとるインデックスという優れた商品があるのだから、それに乗っかっておくのは非常にいい作戦でしょう。特にこうした先が読めない、不透明な相場ではなおさらです。

そもそも相場の裏をかこう、とか、未来を予想してポジションを決めようなんてのは疲れるじゃないですか。アマチュア投資家は投資が仕事ではありませんから、ここでストレスを感じることは本末転倒です。何があっても動じずに気楽にやっていきたいものです。

YouTubeもぜひ!

おまけ:資産運用おすすめ書籍

僕はほとんど読書をしません。そんな僕でもスラスラ読めちゃう良い本ばかり。どれもいいこと書いてあります。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにあります、いつかはわからないけど。

僕が一番好きな本。難しい数学的な知識を必要とせず、現代ポートフォリオ理論(≒ランダムウォーク理論)をかじれます。正直な感想を言うと全ての書いてることが興味深かったわけではありません。なので隅々まで読んだわけではないですが、理論のところはとてもわかりやすいのでおすすめです。これ読んでからWikpedia見たらだいぶ理解が進みました。

インデックス投資の名著中の名著です。個人投資家にとっての投資は「ミスった者が負ける」敗者のゲームになった、というのがタイトルの由来。ここで言うミスとは、市場動向に動揺して売買してしまうことを指します。いいからインデックスホールドしとけ、という本。

ランダムウォーク理論(株価の動きはわからないという前提を置く理論)について、歴史を交えて語った本。これも名著と言われています。理論の概念はざっくりとわかるかと。歴史の部分が長くて、そこは読み飛ばしました。

本をほとんど読まない僕が唯一知ってる作家さん、橘玲さんの本。とても読みやすい文章で書かれていて、こんな文が書きたいなといつも思ってます。僕が海外株を中心に買っているのはこの本の考え方に近いです。

この2冊は僕が初めて読んだ投資関連の書籍。当時、個別株で失敗し、偶然思うがままに買い付けた米国株インデックスETFに出会い、それにいい感触をもっていました。その感触を自信に変えてくれた本です。

タイトルとURLをコピーしました