貸株を160万円分やってみた結果を公開!1ヶ月のリターンは?

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、貸株という制度はご存知ですか?自分が所有している株を証券会社に貸し出して、見返りとしてボーナス金利をもらうものです。ボーナス金利は銘柄によって異なるのですが、話を聞くだけだと魅力的ですよね。以下の記事で申込み方法などを説明していますので、ご興味ある方はご覧ください。

先月、僕は1655 BRJ iShares S&P 500 ETF を431株≒160万円分を貸株に申し込んでみました。今回はその結果をみなさんと共有したいと思います。もし貸株に興味がある方の参考になればそれ以上にうれしいことはありません。

最新の貸株状況を把握するところから

まずは楽天証券の貸株サービスページからログインして状況を確認してみましょう。僕の場合は貸株に出しているのは1655の1,609,785円になります。

一方で1655の貸株リターンは0.10%です。最低ランクですねぇ。

この数値でまともに計算すると、月々のリターンは 1,609,785 x 0.10% / 12 = 134円程度となる予想です。この時点でやる意味あるのか疑問ですが、とりあえず検証してみましょう。

楽天証券では貸株をやっていると毎月そのリターンが振り込まれますので、それを確認することにします。

というわけで楽天証券から来たメールにあるリターンは?

さっそく楽天証券からきたメールを見てみましょう。それがこちら。

貸株サービスによる入金がありました

貸株/信用貸株による入金がありました。

入金日: 2021年12月2日
入金額: 136円
摘要: 証券口座へ入金

<内訳>
貸株金利:    136円

ほぼ予想どおりの結果でお金が振り込まれておりました。そりゃそうだ。

平たくいえば160万円を無担保で貸して得られるのは月にジュース1本ということです。正直割に合わないなぁとは思いますね。ということで貸株の実験はここまでにしてキャンセルしておこうと思います。もしまた貸株金利が暴騰すれば再検討するとしましょう。そんな未来はなさそうですが。

結論:0.1%の金利は想像以上に低い

「白紙のメモ用紙とペン」の写真

0.1%の金利と言えばだいたいETFや投資信託の信託報酬の利率くらいの相場です。今回はその数値を実体験してみて、ものすごく小さいと実感できました。つまりはETFや投資信託を選ぶ際の信託報酬は気にしなくてもいいくらい、取るに足らない低さだということなんですよね。それを体感できただけでも収穫でした。

いまのところこの金利の低さでは貸株に出すメリットよりデメリット(楽天証券に何かあったら戻ってこない)のほうが大きそうです。ただ、最近好調の楽天証券が潰れることはそうそう無いでしょうから、何もせずにジュース一本おごってもらえると思えば、やる価値はあるのかな?

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍です。どれもスラスラ読めちゃう名著。僕はどれもKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用しています。Kindle Unlimitedは固定費にうるさい僕も納得のサービス。コスパ文句なし。無料期間たまにあるのでチェックしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました