新NISAにロールオーバーできないけどレバナスを買う?実際に計算して決断した話

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、年明けからの資産運用作戦はいかがでしょうか?ぼくは2022年の年初のNISA枠復活に向けて資金を蓄えておりました。おかげで21年12月はボーナスや年末調整で潤った資金は手つかずのままです。

当初、ぼくは2022年はNISA口座にレバナスを一気に突っ込む計画でおりました。長期投資であれば、レバレッジNASDAQはいい商品だと思っていたからです。

一方で僕のNISA作戦は「Buy&Hold&RollOver」。5年間はもちろんホールドで、非課税枠が終わったら全額ロールオーバーのつもりでした。

それが、2024年から始まる新NISAではどうやらレバナスに不都合な制度変更があるようです。恥ずかしながら知りませんでした。危なかった・・・。今回はその不都合な変更についてカンタンにまとめておきたいと思います。この記事がこれからNISAを始める方の参考になれば幸いです。

YouTubeも見てね!チャンネル登録&高評価お願いします

新NISAの隠された?変更点

新NISAの変更点については以前に記事でまとめています。制度が複雑化してちょっとムカついていましたが、ロールオーバーするだけの人にとっては何も関係ないと結論づけています。

今回気づいたのは上の記事で気づいていなかったポイントです。具体的には金融庁が公表している資料(P3)にこんな記述で表現されております。

第一 令和2年度税制改正の基本的考え方

人生100年時代を迎え、高齢期における就労の拡大や働き方の多様化に対応し、私的年金の加入可能年齢等の引上げや、中小企業への企業年金の普及・拡大等に取り組む。成長資金の供給を促しつつ、家計の安定的な資産形成を促進する観点から、NISA制度全体を見直す中でつみたてNISAを延長し、少額からの積立・分散投資を促進していく。

4.経済社会の構造変化を踏まえた税制の見直し
経済成長に必要な成長資金の供給を促すとともに、人生100年時代にふさわしい家計の安定的な資産形成を支援していく観点から、NISA制度について、少額からの積立・分散投資をさらに促進する方向で制度の見直しを行いつつ、口座開設可能期間を延長する。
基本的な制度としては、非課税期間5年間の一般NISAについては、より多くの国民に積立・分散投資による安定的な資産形成を促す観点から、積み立てを行っている場合には別枠の非課税投資を可能とする2階建ての制度に見直したうえで、口座開設可能期間を5年延長する。投資対象商品については、1階部分はつみたてNISAと同様とし、2階部分は、現行の一般NISAから高レバレッジ投資信託など安定的な資産形成に不向きな一部の商品を除くこととする。また、非課税期間20年間の現行のつみたてNISAについては5年延長し、ジュニアNISAについては、利用実績が乏しいことから延長せず、新規の口座開設を2023年までとする。

ここで言う2階部分とは現行NISAの一般NISA(120万円のやつ)に相当する部分であり、そこにおいてはレバレッジ投信は除外すると明言されているのです。すなわち、レバナスことレバレッジNASDAQ-100はもちろんのこと、米国株のSPXLなども対象外になると予想されています。これは見落としていました。

新NISAになったらロールオーバーするだけじゃなかったのか?

以前はロールオーバーするだけだから何も関係ないと思っていたのですが、そうではありません。ロールオーバーは新NISA枠で買付けてるのと基本的には同じです。新NISA枠で買付けられない銘柄は当然ながらロールオーバーできません

すなわち、今の制度でレバナスを買ってしまうと5年後は強制的に特定口座に戻され、枠が122万円だけになってしまうことを意味します。これではロールオーバーの”強くてニューゲーム効果”が得られません。

ぼく
ぼく

でも5年はNISAでレバナス使えるんだから計算してみたほうがいいんじゃないの?

ロールオーバーが使えなくて残念ではあるのですが、いったん計算してみてから判断しようと思います。感覚で投資するのは危険ですからね。

とりあえず計算してみよう

というわけでカンタンに計算してみます。やや複雑な計算なので、仮定をしっかり理解いただいた上で活用してください。仮定は以下のとおり。

  • NASDAQ100:日々の変動幅±1%、年率成長10%
  • レバナスは前半5年はNISA、後半5年は120万円分をNASDAQ100でNISAに拠出して残りは特定
  • NASDAQ100の場合は5年後にロールオーバー
  • 年初に120万円投入を想定

少しレバナスに厳し目に出るように変動幅を大きめに設定しています。普通にやっちゃうと絶対にレバナスが有利なのは目に見えてますからね。計算結果はこちら。

上記のグラフの後半5年はきっちりと税金の計算もしてあります。その上でもレバナスのリターンが圧倒的です。これはもちろん暴落時にもの凄い勢いで下落する可能性を負ってのリターンなので注意してください。大きいリターンには大きなリスクを伴うのです。それにしても魅力的なリターンではありますねぇ。迷うなぁ・・・。

もしレバナスの代わりに買うならどの銘柄にするの?

いつもならS&P500のETFを買うだけなのですが、今回はレバナスを買うつもりだったというのもあり久しぶりにNASDAQ100を買おうと思います。実は最初期にNISAで買ったのは1545 Nomura NF NASDAQ-100(R) ETFでして、これがすごく成長しているんですよね。

2倍以上になっててすごい!1545買っててよかった

というのもあって、もしレバナスを買わないなら2022年はNADAQ100を中心に買っていこうと思ってます。まあ所詮アメリカのインデックス投資なのでS&P500と大して変わりませんけどねw

NASDAQ100のETFや投信を一通り調べてみたのがこちらです。手数料などの情報は楽天証券情報なのでご注意ください。

これを見たところ、投資信託でNASDAQ100を買うのは2021年12月時点で得策には思えません。2631は歴史が浅すぎて未知数ですが、ここは1545かQQQのETFで買うのがベターでしょう。手数料の計算がめんどくさいので僕は1545かな〜。どっちで買ってもたぶん大して変わりません。

唯一歴史がある投資信託がiFreeNEXT NASDAQ100 インデックスなんですが、3年トータルリターンが低すぎて計算が合ってるのか自信がありません。計算は以下のように行っています。もし間違っていたらすみません。

iFreeNEXT NASDAQ100の3年実績。ほんとか?

計算の内容:(3年の基準価額成長 1.8839)^(1/3) = 1.235

ジュニアNISAはどうする?

お金のために頑張る会社員のイラスト

一般NISAでレバナスが悩ましいのは理解できました。一方で2023年で廃止されるジュニアNISAはどうでしょうか?

ジュニアNISAは2023年で廃止されるため、2022年や2023年の枠で購入した商品がロールオーバーできる日は来ません。5年の非課税期間が終われば18歳まで引き出せない特別口座に移されます。そのためレバナスでも不利益を被ることはないでしょう。

ジュニアNISAは額も少ないしレバナスでもいいかなと考えております。

結論:2022年のNISAはすべてレバナスで行くことにした

つみたてワニーサ ある日突然人間界に現れた優しいワニ。ゆっくり慎重派だけど、みんなから信頼され愛されている。どっしりと安定感のある背中にはいつも何かを乗せて運んでいて、不思議なしっぽは右肩上がりに成長していく。
公式キャラクター「ワニ―サ」くん

上記の計算結果を見て小一時間悩みましたが、ようやく考えが固まりました。2022年は全てレバナスでいきます。そして2023年もレバナスで行く所存です。この記事執筆時点は2021年で、公開される頃にはすでにNISA枠を消費していることでしょう。その内容は上記のとおり。自分で考えて納得しているので、問題なく決断できます。

ぼくはこれまで約5700万円をS&P500で形成してきました。これをレバナスにスイッチングすると言うなら一大事ですが、これから上乗せしてく分にレバレッジを少々かけても問題ないと判断したわけです。このベースにあるS&P500は大暴落がきたとしても-50%程度に落ち着くはずであり、それでも2850万円残りますから。ここからFIREに向けて加速していくために攻めてもいいでしょう。

それにインデックス投資は自分の許容リスクが全てです。少しずつリスクを増やして自分の精神力を鍛えることも必要でしょう。そして言い換えればNISAでレバナスは2022年と2023年しかできないのです。

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍です。どれもスラスラ読めちゃう名著。僕はどれもKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用しています。Kindle Unlimitedは固定費にうるさい僕も納得のサービス。コスパ文句なし。無料期間たまにあるのでチェックしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました