1655と1557だけじゃない!S&P500 国内etf全部調べた結果ベストバイはどれ?【FIREへの作戦】

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、インデックス投資の成績は順調でしょうか?この1年は特に米国株インデックスが好調で、稼いだ人もかなり多いと思います。僕もこのところ信じられないくらい好調でした。その実績は以下の記事でご覧ください。

僕の運用方法は「S&P500インデックス」メインです。自分が素人ということもあり、細かいことは考えずシンプルでわかりやすい運用を心がけています。おかげで多少の暴落であれば精神的に動じることもなく、順調に利益を拡大してこれました。

そのS&P500インデックスは最近国内上場ETFでも増えてきています。今まで僕は1557と1655をメインでしたが、新しく出てきた商品はチェックしておくべきでしょう。

というわけで、2021年10月23日(記事執筆日)現在の国内上場ETF(S&P500連動)を全てチェックし、現時点でどれを買うべきかを考えてみたいと思います。これから投資を始める方の参考になれば、それ以上にうれしいことはありません。

S&P500インデックスETFの国内商品を比較してみた

比較にあたって前提条件を確認していきましょう。比較する項目と情報ソースは以下の5つです。

信託報酬や二重課税調整、手数料などのコストやパフォーマンスを中心に見ていくことにします。二重課税調整については耳慣れない人もいるかもしれません。これについては以下の投稿で語っているので参照してみてください。(確定申告しなくても外国税額控除してもらえる楽ちん商品ということです)

また、検討の対象とするS&P500インデックスETFは以下としています。

  • 1393 UBS LFS MSCI USA UCITS ETF-JDR
  • 1547 Nikko Listed IDX Fund US Equity (S&P500)
  • 1557 SPDR S&P500 ETF
  • 1655 BRJ iShares S&P 500 ETF
  • 2558 MUKAM MAXIS US Equity (S&P500) ETF
  • 2633 Nomura NEXT FUNDS S&P 500 (Unhedged) ETF

というわけで、これらを比較してみた結果がこちら。

※2022年6月22以降は0.165%になる予定

正直な印象で申し上げると、当たり前なんですがどれを選んでも大差ないですねw もしこれから始める方であれば確定申告の手間がかからないので「二重課税調整」のあって単価も安い1655か2558がいいかなと思います。1655は信託報酬が2022年6月以降上がる予定なので、今なら2558がベストですかね。

前述のとおりどれを選んでも大差がないので「二重課税調整」という手間を優先するのが賢そうです。

余談:5年平均利回り20.55%ってすごすぎない?

上の表はデータを淡々と並べただけですが、よくよく見ると5年平均利回り 20.55%ってやばいです。5年で 1.2055^5 = 2.55倍ですよ?ここ最近はバブル気味に好調って言われる理由もわかります。暴落は来る者と思っておきましょう。

ちなみに為替ヘッジありの商品はどう?

S&P500 ETFは米国株に分散投資しているわけなので、当然為替相場の影響を受けます。為替相場の影響が嫌な方のための「為替ヘッジあり」という機能をもった商品をご存知でしょうか?この銘柄であれば、純粋にS&P500の数値にだけ連動した投資を行うことができるので余計なことを考えずに済むというわけです。

現在国内に上場しているS&P500連動の為替ヘッジあり商品は以下のとおりです。

  • 2521 Nikko Listed IDX Fund US Equity (S&P500) Hedged
  • 2630 MUKAM MAXIS S&P500 US Equity ETF (JPY Hedged)
  • 2634 Nomura NEXT FUNDS S&P 500 (Yen-Hedged) ETF

これらについても上記同様に調べてみました。その結果がこちら。

ヘッジ有りのファンドはどれも新しいみたいですね。5年以上の歴史がありません。現時点での情報であれば2630がベストです。僕自身、ヘッジ有りファンドは買おうと思ったことはありません。ただ、購入時点の為替が円安に振れている場合にヘッジ有りファンドを積み立てておくと、売るときに円高に振れればその分儲かるとも言えるのかもしれません。コストも1655、2558と変わりありませんし。今後、どこかで検討してみたいところです。

結論:現状なら 2558 or 1655 を買うのがベスト

ここで紹介した商品はどれもS&P500に連動するものなので大差はありません。もし、好きなファンドがある場合は、そちらを優先してしまって構わないでしょう。

大差ないという前提に立って考えると、外国税額控除のための確定申告というめんどくさい手続きが発生しない2558や1655(ヘッジありなら2630)を買うのが現状はベストです。これらのETFはどれも歴史が浅く、こうした状況からもS&P500インデックスの人気ぶりが伺えますね。

僕のように既に1557等の確定申告が必要な銘柄を大量に保有していて確定申告を免れられない人は、ほんとに好きなやつ買えばいいと思いますw

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍です。どれもスラスラ読めちゃう名著。僕はどれもKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用しています。Kindle Unlimitedは固定費にうるさい僕も納得のサービス。コスパ文句なし。無料期間たまにあるのでチェックしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました