あなたの金融資産は日本人の中でどれくらい?一般家庭の資産残高データから分析してみた

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、ご自身の金融資産残高は把握されていますか?そしてそれが日本国内の一般家庭から見て多いか少ないかをご存知でしょうか?ぼくは金融資産残高は把握していますが、日本国民が一般的にいくら資産をもっているかは理解しておりません

先日「NISAを知っていたら金融偏差値は上位?」というテーマでアップした動画が、それなりに好評でした。もし時間があればご覧ください。(ついでにチャンネル登録も・・・)

今回はこれに似た内容で「自分の金融資産残高が日本人の中でどれくらいか?」をテーマにしています。いったい自分の金融資産がどれくらいの位置に分布するのか?他人との比較が好きな日本人なら気になりますよね。というわけで、日本の一般家庭の客観的データをもとに分析してみたいと思います。この記事がどなたかが資産運用に興味をもつきっかけになればそれ以上にうれしいことはありません。

ベースデータは総務省統計局のレポート

というわけで早速分析にとりかかりましょう。ベースとするデータは総務省統計局の「2019年全国家計構造調査 所得に関する結果及び家計資産・負債に関する結果 結果の概要です。こんな良質なデータがネット検索するだけで手に入るなんて、便利な時代ですよねぇ。

この中で僕が知りたいのは「一般家庭の金融資産残高の分布」です。今回は以下のグラフを読み解きます。それがこちら。

総務省統計局ウェブサイトより引用

このデータは世帯ごとの金融資産残高の分布をしてしたものです。中央値は低い順に世帯を並べていって、ちょうど全体の半分の世帯数に到達する箇所の値と解釈してください。そして平均値は 全世帯の資産合計/全世帯数 で定義されるものです。

平均値が想像以上に高くて驚きました。たぶん超富裕層が引っ張り上げてるんでしょうが、それにしてもみんなけっこうお金貯めこんでるだなぁと感じます。ただ、ここで日本人のみなさんが気にするのはどちらかと言うと順位のほうだと思うので、重要なのは中央値である650万円という数字でしょう。

※実のところこのデータを分析して”金融資産偏差値”なるものを計算しようとしていたのですが、この分布が明らかに正規分布ではなく、偏差値を語れないことに気づきました。ちなみにこの分布はパレート分布と呼ばれ、別名べき分布とも言うそうです。0に近づくと急激に上昇し、数値の大きいところはロングテール(ずっと小さく長く伸びる)になるのが特徴とのこと。統計学に明るくないので、弊サイトで述べるのはここまでにします。詳しいことはここからご覧ください。

資産残高ごとの特徴

上記のデータを資産総額によって5つの階級に分け、各階級の平均年齢および資産の内訳を示しています。

まずここでの注目は平均年齢です。当たり前ではありますが平均が高いほうが長く働いてきた傾向にあるため、総額が大きい傾向にあります。残高4650万円の世帯の平均年齢は65歳とのこと。定年退職してすぐというイメージでしょうか。

一方で残高63.5万円の階級の平均年齢も48.8歳と低くなく、少し心配になってしまいます。そもそも日本自体が高齢化しているため平均年齢が高いのだとは思いますが、50歳弱で金融資産残高63.5万円はこれから茨の道しか見えません。一時期流行った老後2000万円問題などありましたが、それで衝撃を受けた方々がたくさんおられた事実も、こうした結果から垣間見えますね。

そして次のグラフは階級別の資産種類の内訳です。

このグラフを見るとすごく分かりやすいのですが、資産総額が増えるごとに預貯金の割合が減り、有価証券の割合が増えています。つまり、富裕層になるほど株をたくさん持ってるということです。お金をもっている人は「お金がお金に集まってくる」ことをよく知っています。

これから資産を増やしていこうとする方は意識して有価証券の比率を高めて行かねばなりません。そうしないといつまで経っても上の階級に追いつけず格差が広がるだけだからです。こうした事実も僕自身が米国株を主軸に据えている合理性を担保しています。

結論:まずは目指すは中央値(650万円)

テスト・受験のイラスト「試験中の男子学生」

自分の大学受験の時代なんて遠い過去ではありますが、まず最初の目標は順位の真ん中を目指すことだと言われていたのを思い出します。650万円という数字は変なお金の使い方をせずに堅実に運用すれば十分到達できる領域でしょう。あまりにブラック(低い給料&長い労働時間)な環境でなければですが。

YouTubeも見てね!チャンネル登録&高評価よろしくお願いします

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍です。僕はあまり本を読みませんが、それでもスラスラ読めちゃう良い本でした。どれもいいこと書いてあります。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにありますよ、いつかはわからないけど。

 

タイトルとURLをコピーしました