1655 と VOO SPY IVV を直接買うのはどっちがいい?最適な戦略を考えてみた

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、資産運用は順調ですか?僕はこのところの株高に支えられてひとつの節目である5000万円を突破しました。その内容についてはこちらをどうぞ。

僕の資産運用はS&P500 ETFを中心に据えたパッシブ運用です。数あるS&P500 ETFの中で、特に深く考えずに1557と1655を買いためておりました。最近はメインを1655にしています。

一方で僕は勉強しない投資家を名乗るだけあって無知です。最近、恥ずかしながら自分の誤解に気がつきました。というのも、楽天証券ではとても簡単に米国株買えるということを知らなかったのです。詳しくは公式サイトをどうぞ。

ほとんど日本株を購入するのと変わらない感覚で買えるみたいです。知りませんでした。。。時代は進化してますね。てっきり円をドルに変えてがっぽり手数料を取られてから、ドル建てで発注する・・・みたいな面倒くさいプロセスが必要だと思いこんでおりました。

そうなると投資先の選択肢として浮上するのが「米国ETFを直接購入する」というスタイルです。そもそも1557も1655も米国ETFを間接的に購入しているだけのETFなのは有名な話。間接的に購入するだけでその手数料をとっているという、ドケチとしてはメスを入れたくなる構造をしております。

今回は米国ETFを直接購入するのと1655を購入するのはどちらがパフォーマンスがよいかを検討してみます。これからS&P500投資を始める方の参考になれば、これ以上にうれしいことはありません。

まずは米国のS&P500 ETFについて知る

米国にはS&P500に連動するETFとしてVOO、SPY、IVVの3つが有名です。どれを選んでもETFの資産規模は十分で、失敗することはない優良商品と言えます。基本データは以下のとおり。

 VOOSPYIVV
経費率0.03%0.09%0.03%
分配金1.28%1.28%1.51%
資産総額(十億米ドル)257.8401.4298.0
5年トータルリターン18.10%18.03%18.10%
ブルームバーグより引用。2021年10月17日時点のデータです

どれも資産総額がデカすぎるほどデカイので、流動性やら強制償還やらの心配とは無縁です。というわけでどれでもOKなんですが、信託報酬(経費率)には差があってそれがトータルリターンに影響しています。今からSPYを選ぶ理由はありません

VOOかIVVから選ぶにあたって考慮すべきは買付手数料です。楽天証券ではVOOは買付手数料が無料になっていますので、これを使わない手はありません。IVV手数料無料でないのは1655(IVVを買ってるだけの国内ETF)を買えという意味でしょうか?

そういうわけで僕が米国株ETFを買うならVOO一択です。

1655とVOOの基本情報から調べてみよう

まずは上記表にならって1655とVOOを比較してみましょう。

 VOO1655
経費率0.03%0.0825%
分配金1.28%1.11%
資産総額257.8(十億米ドル)40.3(十億JPY)
3年トータルリターン19.69%19.78%

為替の影響があるためトータルリターンはあまり参考にはなりません。1655は円建て、VOOはドル建てですので。資産総額は圧倒的にVOOが大きいですが、1655も十分大きいので気にするところではないでしょう。それに1655はIVVを買ってるだけのファンドなので、償還になる可能性も低いです。

そうすると主に考慮すべきは経費率です。VOOのほうが圧倒的に経費率が安く、1655を選ぶ理由がなさそうな気もします

ぼく
ぼく

1655じゃなくてVOO買っとくべきだったかな・・・

と少々後悔しましたが、上記は重要な事項を考慮しておりません。それが手数料です。

VOOでの運用にかかる手数料を整理する

楽天証券やSBIなどの大手証券会社は米国株の手数料でも競い合っています。昔のことは知りませんがかなり安くなってるとのこと。しかしながら以下の手数料は依然としてかかりますので、パフォーマンス比較には考慮にいれなくてはいけません。これが結構ややこしい。

楽天証券を想定したときにVOO運用にかかる費用は以下です。

  • 売付手数料 約定代金の0.45%(上限22USドル)
  • 為替スプレッド 25銭

楽天証券においてVOOは買付手数料は無料ですが売付手数料は有料です。ここ要注意。上限は22米ドルで約2300円くらい。

それと為替スプレッド(為替手数料)が必要で、円をドルに換算する際はレートが+25銭、ドルを円に換算する際はレートが-25銭で計算されます。この2つの手数料を考慮してパフォーマンスを比較してみましょう。

1655とVOOのパフォーマンス比較結果

パフォーマンス比較にあたって計算の前提を以下のとおりに設定しておきます。

  • 為替レート 1ドル110円
  • S&P500 の成長率 年率8%
  • (年間の投資額 300万円 1655とVOOの相対関係には影響しません)

上記前提で15年分を計算した結果がこちらです(単位は万円)。

15年でたったの1万円しかパフォーマンスに影響していません。まあこれだけの差なら誤差と言ってもいいでしょう。つまりどちらを選んでも問題ないのです。

ただ、上記の結果は為替レートやS&P500の年間成長率で相対関係が入れ替わります。例えば、円安になると為替スプレッドが効かなくなって差が縮まりますね。詳しくはこちらからEXCELファイルをダウンロードして計算してみてください。相対関係はそんなに大きく動かないので、どっちでもいいかなという気になると思います。

要注意:1655の信託報酬は期間限定で引き下がってるらしい

これも僕が無知で知らなかったのですが、1655の信託報酬0.0825%は期間限定で引き下がってるらしいです。22年6月には信託報酬が0.165%に戻るんだとか。

JPXより引用。信託報酬は22年6月までの期間限定

もし、0.165%に戻ったとしたらVOOと1655には60万円ほど差がつきます。

ただ、1655はちょうど一年前にも21年6月まで信託報酬を0.825%に期間限定で下げると言っていて、それを延長して今に至っています。なんとかこのまま永遠に信託報酬を0.0825%にしてくれんかな・・・w ワンチャンはあるかもしれないですね。そもそも他社が2558など0.08%前後のS&P500連動商品を出してきているので、信託報酬が0.165%だとたぶん戦っていけませんよね(と希望的観測を述べてみる)。

ここまでの分析を総合して判断すると、

  • 2021年10月の信託報酬、手数料条件なら1655とVOOに差はない
  • 1655は22年6月以降に信託報酬が上がる可能性がある
  • 米国株手数料は将来的に下がる余地がありそう(今の為替スプレッドは一般的なFX証券会社に比べて10倍高い)

こうした状況を踏まえると、現時点ではVOOを購入したほうが良い気がしてます。

注意すべきはNISA口座と税金関係

ここで問題をさらにややこしくするのが税金関係です。以前に1557から1655に鞍替えした理由に外国税額控除があるという記事を書きました。

1655は何も手続きをしなくても税金で損をすることはありませんが、VOOは1557と同じ扱いになります。つまり、分配金をもらったら確定申告をしないと二重課税状態になるわけです。これは面倒くさいけど仕方ありません。確定申告はしましょう。

この場合、やってはいけないのはNISA口座でVOOを購入することです。これは1557と同じでVOOも二重課税状態を解消できなくなります。というのも二重課税の調整は国内税を調整して行うものですから、そもそも国内税を収めていないNISA口座では調整のしようがありません。なすすべもなく分配金の10%は持っていかれます。

VOOの分配金は年率1.28%ですから、それの10%というと年率0.128%です。これだと1655の信託報酬が0.165%に戻ったとしても手数料がタダにならない限り勝てませんし、勝ったとしても極めて少額です。NISA口座は大人しく1655などの二重課税調整のある国内ETFを買うのがベストですね。

結論:特定口座はVOO、NISAは1655がよさそうだが

結論は特定口座はVOO、NISA口座は1655で行くのがベストのように思えます。ただ、国内のS&P500連動ETFは色々と新しいのが出てきていて、信託報酬が安いものもチラホラ(2558など)あるようです。この辺は何を買えばいいのか色々と迷いどころ。

結局は上記の計算のとおりで15年で60万円ほどしか差がつきません(年間300万円ずつ投資するとして)。これを大きいと見るか小さいと見るかが判断の分かれ目でしょう。僕は資産総額9000万円に大しての60万円なら管理が楽なほうがいいかなとも思います。

これから投資を始める方は間違いなく上記のように特定口座はVOO、NISA口座は1655(もしくは2558など)がおすすめです。僕のように中途半端に1557や1655を買ってしまってる人は大差ないから好きにしろって感じかな。僕は迷い中。VOO買ってますってのはちょっとかっこいい響きで憧れてたりするw

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍です。どれもスラスラ読めちゃう名著。僕はどれもKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用しています。Kindle Unlimitedは固定費にうるさい僕も納得のサービス。コスパ文句なし。無料期間たまにあるのでチェックしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました