米国株インデックスを買い続ける資産運用レポート 21年2月時点の資産推移

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、投資やってますか?ぼくは現金をほぼ持たないくらいつぎ込んでます。やりすぎです。

今回は毎月の資産運用レポートです。前回のレポートはこちらからどうぞ。

※僕の資産運用の考え方は以下の記事をご参照ください。

とにかく、「現金があるなら米国株インデックスを買え!」というシンプルなやり方を貫いています。かつて個別株で色々と損をして、自分に投資の才能が無いことを理解しているためです。

購入しているのは 1557 SPDR S&P500 ETF と 1655 BRJ iShares S&P 500 ETFの2銘柄でほとんどを占めてます。

21年1月~2月は堅調に値上がりした

ではさっそく結果から。下に今月の資産運用結果を載せたグラフを示しています。

  • 総資産:3988万円 (前月比 +203万円)
  • 損益:512万円 (前月比 +167万円)
  • 損益率:14.7% (前月比 +4.7%)

でした。今月は怖いくらいに上げてますね。どっかで下がりはするでしょうが、今現時点で上がっていることには悪い気分はありません。

分析:資産が増えた理由

ぼくの資産はほぼ全てが米国株インデックスなので、ぼくの資産が増えた=米国株が上がったということです。下はS&P500の1か月の推移を示しています。3700⇒3826まで3.4%も上昇。

今月の一番のニュースは「バイデン氏が大統領に就任」でしょうか。トランプがひと暴れしたこともあって、何事もなく就任できたことに投資家が安心したのかもしれません。

また、ぼくの資産は為替の影響を受ける東証に上場しているETFを購入しているので、為替が円安に振れたのも大きかったですね。103円くらいだったのが105円まで2%弱も円安に振れました

合わせて約5%程度資産が増えたというわけです。為替の分は一時的なものだから、また下がりはするでしょう。

米国株は安定して成長中

コロナを乗り越えた米国株は今までどおり力強く成長していっています。ぼくもこれから何も考えずに米国株インデックスにつぎ込んでいきますので、次のレポートもお楽しみに。

米国株インデックス万歳!

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! | 山崎元, 大橋弘祐 | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
Amazonで山崎元, 大橋弘祐の図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

追記:次の1ヶ月の資産運用レポートもどうぞ

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍をご紹介します。どれもスラスラ読めちゃう名著です。僕はどれもKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用しています。Kindle Unlimitedは固定費にうるさい僕も納得のサービス。コスパ文句なしです。無料期間もあります。

 

タイトルとURLをコピーしました