【M1 Macの不満解消】MacBook AirのBluetoothブツ切れ問題がついに解決した!その方法

ガジェット
スポンサーリンク

Apple信者のみなさん、M1 Macはもう手に入れましたか?僕は昨年の発売まもなくM1 Macを手に入れ、メインPCとして愛用してきました。処理能力は高いし、電池もちもよく、それでいて安いというコスパが半端なく良い製品です。そろそろM2のウワサも出てきていますが、依然として優れた製品であることには変わりません。

しかしながら、このコスパを生み出している源であるM1チップは今までのIntelチップとアーキテクチャが異なる初物です。そのため、様々な不満とこの1年間付き合ってきました。まあ一番苦しんだのはあまりM1チップと関係なさそうなディスプレイ周りの故障ですが・・・。それについての記事はこちらからどうぞ。

そうした幾多の困難を乗り越えて、現時点まで残っている唯一の不満はBluetoothがブツブツ切れる問題でした。僕の愛用しているMX Master 3 for MacHHKB Professional Hybrid type-Sとの接続が時折切れて、10秒ほど動かなくなる現象が散発していたのです。特にEnterやDeleteキーを押した時に切れると、そのキーをずっと押しっぱなしであると認識されてしまって最高にイラつきます。それについて書いた記事はこちら。

この現象は中々治らず、ここ最近までずっと苦しんできました。それがここ最近、ある対策をとると嘘のように接続が安定して、ブツブツ切れることが無くなったのです。ここではその話をみなさんと共有して、同じような悩みに直面している方の参考になれば大変嬉しいです。

Bluetoothブツ切れ問題は以前のMacから報告されていた

ぼく
ぼく

このブツ切れ問題さえなければ最高なんだけどな・・・

と強く思った僕は徹底的に調べあげました。そうすると、どうやらこのブツ切れ問題はM1 Mac特有の問題ではなく、Intel Mac時代からずっと言われ続けてきた症状だと言うことがわかりました。このサイトやらこんなサイトでIntel Macについても似た現象があったのが伺えます。

これらのサイトでは「電波干渉が原因ではないか?」と述べられてました。Bluetoothは2.4Ghz帯を使用して通信していて、それとWiFiの2.4Ghz帯が干渉することがあるようです。

というわけで、WiFiの設定を見直すことで解決を図りました。

ルーターの使っていない2.4Ghz帯SSIDを停止すれば治った!

上記の2サイトで述べられている対策は、2.4Ghz帯のルーターの物理的な位置を変えること。ただ我が家の場合は2.4Ghz帯のルーターは1階の冷蔵庫上、Macは2階にあり、特にルーターとPCが至近距離に配置されているわけではありません。また、PCは有線LAN接続していましたし、無線で接続する場合も5Ghz帯を使用しておりました。

ぼく
ぼく

これだと望み薄かなぁ・・・

と思いながらも、使用しているルーター NEC Aterm WG1900HP2の設定を見返してみると、使用していない2.4GhzのSSIDが有効になっていることに気が付きました。ダメ元でその2.4Ghz帯を無効にし、5Ghz専用機に設定してみることに。

※我が家の無線LAN環境は少々複雑で、WG1900HP2 は 5Ghzのみを使用し、もう一台のルーター(アクセスポイント) WR8700N は2.4Ghz帯のみを使用しています。WG1900HP2は2.4Ghz帯を使用していないのに有効になっていたため、今回2.4Ghz帯を停止させました。WR8700Nの2.4Ghz帯は有効のままです。

そうすると、その後から1週間近く経った現在までBluetoothブツ切れ問題が起こっていません!こんなに簡単に解決してしまいました。感動です。原因はM1 Mac特有の現象ではなく、今までのMacと同じ電波干渉でした。WR8700Nの2.4Ghz帯は有効なままなので、今回の結果から使っていない2.4Ghz帯のWiFiでも電波干渉を起こしうるということがわかりました。(勝手にMacが接続しちゃってるのかもしれませんが)

使っていないのに2.4Ghz帯のWiFIを飛ばしていました

この問題が解決したことにより、M1 Macは攻守ともに最強のガジェットにレベルアップしました。あとは故障さえしてくれなければ、これから末永く愛用していけそうです。これまで2回入院してますからね、、、ちょっと心配ですが。

結論:使っていない2.4Ghz WiFiを停止せよ

今回の案件でわかったのはMacのBluetoothは電波干渉に弱いということ。そのために取るべき手段は以下の3つ。

  • Mac本体が使用するWiFiを5Ghz帯にする
  • 不要な2.4Ghz帯を飛ばしているルーターがあれば停止する
  • Macを2.4Ghz帯を使用している機器とルーターの間に置かない

僕の場合は2つ目の対策までで解決できました。たったこれだけの対策で治るのならもっと早くやっておけばよかったです。もし同じようなトラブルで悩んでいらっしゃる場合は電波干渉を疑って対策をとってみてください。

タイトルとURLをコピーしました