macOS 11.3は本当に5.71GBも必要!?M1 Macにインストールして実際に必要な容量を調べてみた

ガジェット
スポンサーリンク

みなさん、Macを気にって使っていますか?うちのMacは毎日ブログやYouTube動画編集に活躍してもらっています。

2021/4/27未明にmacOS 11.3がリリースされました。AirTagに対応し、M1での動作に改善が加えられているとのことです。

ぼくの使用しているM1 MacBook Airにはまだまだ不安定な挙動が散見されます。前のバージョンなんて特定のUSB-CハブでMac本体が壊れるという異常事態がありましたから。

ですので、macOSはすぐにアップデートしなくてはなりません。ただ、今回のアップデートの内容を確認するとなんと容量が5.71GBも必要とあるではないですか!

驚異の5.71GB

我が家のMacは最小構成なのでストレージが256GBしかありません。

こんなにアップデートで容量を喰っていくなんて、

ぼく
ぼく

最初からもうちょい大きいストレージにしとけばよかったな・・・

と思いつつも、「実際に5.71GB必要とは限らないはずだ!」とポジティブにとらえてアップデート前後のストレージ変化を記録してみました。容量に悩んでいる方の参考になればうれしいです。

macOS 11.3のアップデートしている間のストレージ変化を実況

まず、前提は以下のとおり。

  • アップデート前は macOS 11.2.3
  • M1 MacBook Air 256GB仕様

では写真で見ていきましょう。

先程の写真を再掲。空きは177.49GB。今すぐインストールをクリックします
再起動前。空きが160.52GBまで減ってる!?17GBも喰ってるんだが・・・5.71GBではなかったのか?

「今すぐインストール」をクリックして暫く待っていると、ストレージがみるみる減っていくではありませんか!最終的に256GBしかないぼくのMacBook Airの17GBも食いつぶしております。やりすぎです。

ここから再起動させてどうなるか観察すると・・・

最終的には174.98GBまで復活。安心したー

アップデートが完了した後のストレージを確認すると、174.98GBまで復活しておりました。よかった、、、ひと安心です。

最終的には5.71GB必要と言われていたにも関わらず減ったのは2GBでした。5.71GBに対しては約1/3といった感じ。びっくりさせないでよAppleさん。まあそれでも十分食いつぶされてはいますけどね。

結論:macOS 11.3 アップデートに必要な容量は2GB

M1 Macはまだまだ安定途上です。不安定な部分がたくさんあります。

そのため、最新のmacOSがリリースされたらすぐ入れたいのです。しかし、毎度のアップデートが予想以上に容量を食うのに悩んでいました。

実際に計測してみると、公式の1/3くらいでしたのでちょっと安心。ただ、毎回GBレベルの容量が食われていくので、ぼくのMacBook Airはあまり長い期間は使えないかもしれません。

もし容量がいっぱいになったら下取りに出して買い替えようかな。みなさんが購入される際は最低でも500GBのモデルを買うのがオススメです。

ガジェット
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ギトギトさん

毎週火土19時にYouTube動画公開!FIRE目指すサラリーマンの脚色無い運用実績を晒してます。アンチ投資サロン、アンチ投資セミナー、アンチ投資教材。インデックス投資に勉強は不要がモットーです。現在36歳で総資産6338万円突破!ガジェット好きのニコ爺

ギトギトさんをフォローする
おっさんずログ
タイトルとURLをコピーしました