【FIREへ加速】借金してまで投資するの?信用取引やるメリットあるか調べてみた

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、資産運用でどこまでリスク(変動)を負えますか?具体的に損をしたときのイメージができているでしょうか?僕は総資産の50%くらいのリスクを想定して運用しています。その結果がS&P500のみという運用スタイルです。

S&P500だけでも資産が増える速度はかなり速くなります。これまでの歴史上、年率は8〜10%程度で増えてるので(参照)。21年10月現在、総資産が5000万円の僕なら年間500万円弱のリターンということ。十分すごい。

それでもインフレ率などを考慮すると、まだFIREには十分ではありません。僕のFIREへの目標額は約8000万円です。それについて計算した記事はこちら。

その8000万円に少しでも早く到達したいのです。人にとってお金より大事なものは”時間”。時間がなければお金なんて意味もないし、時間があればお金は稼げます。Time is not Money. です。Time > Money

僕のようなパッシブ運用では利回りはよくても10%程度。もっと早くFIREするためには元手を大きくする必要があります。そこで選択肢に出てくるのが「お金を借りて投資する」信用取引です。お金を借りて投資する、と言うと

ぼく
ぼく

人生の破滅の始まりになりかねないんじゃないか・・・

という印象を持たれるかもしれません。実際、僕もそう思ってます。

しかし、それは先入観かもしれません。自分が知らないだけで、仕組みを理解できれば安全に信用取引できる可能性もあります。というわけで、もしお金を借りて投資できたらどれくらい早くFIREできるのか?注意すべき点はないか?を無知な投資家らしく調べてみたので、みなさんと共有したいと思います。

そもそも信用取引ってなに?

信用取引とは平たくいえば証券会社にお金を借りて株を買ったり、逆に株券を借りて売ったりする取引です。僕が興味をもってるのは前者で、いわゆる借金をして株を買うイメージですね(下図参照)。後者は空売りと呼ばれたりします。株価が下がったら儲かる取引です。

楽天証券より引用。買建は借金して株を買うイメージ
買建はふつうの取引と同じで株価があがったら勝ちです

お金を借りるわけですから、当然レンタル料(金利)等が発生します。それに有価証券もしくは現金での担保も必要です。もう少し詳しく見ていきましょう。

楽天証券での信用取引のコストはどれくらい?

考慮すべきコストは売買手数料と信用取引コストの2種類あります。売買手数料は現物と同じなので割愛。僕がメインで買っている1655は楽天証券であれば信用取引でも手数料無料です。

難しいのは信用取引コスト。楽天証券のサイトの以下の図にまとめられています。ぱっと見て全くわかりませんw

この表を見る限り、そもそも信用取引には4つの取引「制度信用取引」「一般信用取引(無制限)」「一般信用取引(短期)」「一般信用取引(いちにち信用)」というのがあるみたいです。僕のような長期のパッシブ投資メインの人はどれを選べばよいのでしょうか?それについては公式サイトにわかりやすい図がありました。

これを見ると、長期投資スタイルであれば「一般信用取引(無制限)」が適しているとわかります。その場合、上の表で見てみると金利は2.8%(優遇金利 2.1%)とあります。

妻

優遇金利ってなに?めっちゃ金利下がるけどどうやったら適用されるの?

すみません、即答できません・・・。

楽天証券で優遇金利で取引するには

優遇金利について調べてみると、以下の記載がありました。ごちゃごちゃ書いてありますが、5億円以上という記載を見て、僕には関係のない話だとわかりますw なので僕がお金を借りる場合は2.8%の金利になるようです。

信用取引と聞くとロスカットの恐怖イメージがあるが・・・

金利が2.8%なのであれば年率8〜10%のS&P500 ETFを買うだけで稼げそうに思えます。しかしながら、S&P500は暴落を幾度となく繰り返して上がってきた指標です。もし信用取引で借金をしている状態で暴落したら、強制決済される”ロスカット”が心配になります。通称、追証(=追加証拠金)です。

楽天証券の場合のロスカットは以下のとおり。ちょっと理解が難しいので、2例あげている図で確認してみましょう。委託保証金30万円で90万円分(3倍)の信用取引をした場合と60万円(2倍)の信用取引をした場合を比較しています。

この図から理解するに、重要なのは委託保証金の金額ではなく信用取引の倍率のようです。3倍であれば-13.3%の含み損でロスカットですが、2倍であれば-30%でロスカットということらしい。倍率(レバレッジ)を大きくかけると、小さな変動でロスカットを食らうという恐怖があるわけ。ようやく理解できました。

S&P500 ETFで信用取引するなら何倍レバレッジが限度か?

比較的安全なS&P500 ETFにせっかく投資しているのに、想定の範囲内の変動でロスカットされてはたまったものではありません。過去の暴落は繰り返すものと仮定して、レバレッジ何倍におさめておくべきかを検討してみましょう

直近の大暴落で記憶に新しいのが「コロナショック」です。そのとき1655は株価 2651円→1818円まで31%下落しました。前述の計算例を見るに信用取引の倍率2倍のときにちょうど30%でロスカットでしたね。なので、S&P500 ETFを買う場合、レバレッジをかけても2倍以下に収めるのがよさそうです。

もし本当に信用取引やるとしたら、ぼくだったら安全率をかけて1.5倍くらいまでですかねぇ。ちなみに1.5倍の場合を計算すると含み損46.6%でロスカットです。冒頭に申し上げた自分がとれるリスクを50%とくらいと考えるなら、妥当な線ではないでしょうか(やや攻めてるけど)。

1.5倍の資金を扱えればFIREまでの道のりもざっくり1.5倍速くなります(金利を考慮してないです)。3年だったのが2年。こうして書くと、信用取引については真剣に考えてみる価値がありそうです。

結論:レバレッジを1.5倍程度に収めれば信用取引は安全にできる

借金を株につぎこむという行為はすごい恐怖心があります。しかし、上記のように計算して客観的に見てみると、意外にヤバいことはないとわかりました。自分が取引する銘柄のリスク(変動幅)を理解してレバレッジを適切に収めれば、ロスカットをくらうことはまず無いと思われます。

そうした設計をせずに、金に目をくらませてレバレッジをかけすぎると、いわゆる先入観のとおり”破滅した姿”になってしまうんですね。何事も仕組みを理解しているのは重要ですな。

僕ももう少し信用取引について理解を深めつつ、S&P500が暴落したタイミングを見計らって信用取引にチャレンジしてみようと思います。

追記:委託保証金を株式で設定すると暴落時にダブルパンチになります

前述の委託保証金は株式で設定することも可能です。しかし、その場合は暴落時に委託保証金として設定した株価も下がるため、結果としてロスカットが発生しやすくなります。上記の計算はあくまでも暴落時に委託保証金が下がらない前提であるため、実際に僕のように現金をもってない人間は1.2〜1.3倍が落とし所なのかもしれません。

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍です。どれもスラスラ読めちゃう名著。僕はどれもKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用しています。Kindle Unlimitedは固定費にうるさい僕も納得のサービス。コスパ文句なし。無料期間たまにあるのでチェックしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました