【22年9月】米国株に4637万円フルインベストした男の資産推移まとめ【下落上等】

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、資産運用の状況はいかがでしょうか?僕としては8月中旬までの好調が一変し、再び荒れた相場になってきて憂鬱です。とは言っても深刻に落ち込んでるわけじゃないですけどねw

今回は22年9月の資産推移レポートをまとめたので、それをみなさんと共有したいと思います。なにせ僕のYouTubeの原点はこの資産推移レポート。これが最初にヒットして、チャンネルを勢いづけてくれたのです。なので、たとえ下落していようとも資産推移をまとめるのが好きなんですよね。

ということで、早速中身を見ていきましょう!

もう少し詳しい情報はYouTubeで見てね!

予想外の勝ち展開

  • 総資産:6593万円(前月比 +203万円)
  • 含み益:1956万円(前月比 +159万円)

例のジャクソンホール会議以降、ダダ下がりだったので今月はダメかな〜と思っていたら意外や意外。最終的にはプラスで終了しました。まあこの展開、今年何回もあった流れですよね。つまりは株安・円安だったというのが想像に難く有りません

素直に喜べない気持ちもありますが、日本に住む者としてはポジティブに捉えればいいかなと思います。だって、貯金してただけやったらこの利益は出なかったんだから。

上図は今月の家計収支をまとめたものです。特に臨時収入もなかったので、いつもどおり給料日とカード積立てで市場に投入しています。いつもなら副業給料日にも投入していますが、今月は旅行で結構な散財をしたので、来月のカード引き落としに備えてプールしました。こうした計画性が少ない現金でやりくりする秘訣ですw

毎月代わり映えしなくて申し訳ありませんが、これが今のポートフォリオです。先月に比べるとS&P500の比率が高まり、レバナスは減りました。その理由は以下。

上図は先月と今月の評価損益を比較したもの。見てわかるように完全に明暗が分かれています。S&P500 ETFは増えたのに対して、レバナスはダダ下がりです。これはひとえに為替が効いたということ(レバナスは為替ヘッジありだから円安の恩恵がない)。

なぜ明暗が分かれたのか?

8/13時点の金利織り込み状況
9/3時点の金利織り込み状況

上図は8/13と9/3時点の将来のFOMCでの金利織り込み状況をまとめたものです。これを見ると、9月になって全体的に金利が高い側に倒れているのがわかるかと思います。それに、2023年7月まで見ても金利が下がる気配はありません。つまりは年初と同じ、株安&円安が進行したというわけです。

上図は長期金利(米国債券10年金利)。これを見ても、ここ最近で急激に上昇しているのがわかりますね。

ここからの投資方針

上図はS&P500を151年分計算したデータを元に描いたインデックス推移です。僕の方針は全く変わりません。細かい動きで見れば株価は細かく上下していますが、幾度となく囁かれた「株式はオワコン」という評価を覆し続けてきたのがわかります。インデックス長期投資はこの大波に低コストで乗り続けるのみですよね。

巷では「米国株の上昇は全て金融緩和によってもたらされたもので、インフレ率を考慮したらこれから株は上がらない」という言論が出ているらしいです。SNSで流れてきました。

しかしながら150年分のインフレ率を差し引いたS&P500と長期金利を並べてプロットしてみると、僕にはそれらが一対一で相関があるようには到底見えません。少なくとも1940年〜1970年までの期間はまったく逆で、長期金利とともに米国株も上昇しているような挙動に見えます。何をもって長期金利が全てと主張しているのかわかりません。1980年ごろから都合のよいデータを切り取った意見と見ていいでしょう。株はそんな単純に価格が決定されるわけではありません。

ただ、歴史を見てみれば当然数十年株価が上昇しなかったこともありました。インデックス投資家としてはそれくらい長いスパンでじっくり見ていく気概が必要です。そして必ず上昇するわけではない、というのは覚悟が必要でしょう。

短期投資のやつらに影響されるな!

これからは下落と上昇を繰り返すレンジ相場のような状況がくると予想されます。その下落と上昇が入れ替わるごとに、SNSやYouTube上では入れ代わり立ち代わり煽りあいが起こることでしょう。

我々のような長期投資家はそんなものになびいていてはいけません。たとえば金融工学で一般的に用いられる幾何ブラウン運動モデルでは、長期的に成長する第1項はランダム変動を意味する第2項に比べて非常に小さな動きで表現されています。僕らが利益を出すのはこの第1項です。日々の値動きだけ見ていたら、完全に見えないくらいの小さな動きなんですよね。つまりは日々のランダム変動に目移りしていてはいけないということです。

結論:インデックスの父 Bogle氏の言葉を胸に立ち向かえ

ヴァンガード創設者であり、インデックス投資の父、Bogle氏の言葉です。特に最後の「規律を守ることは簡単ではない」が重いですよね。僕自身、レバナスに手を出したりして、Bogleさんの言葉を守りきれていません。

ここからまた下落相場がきそうな雰囲気がプンプンしています。何にも動じることなく、インデックスをしっかりホールドしていきたいものです。

もう少し詳しい情報はYouTubeで見てね!

おまけ:資産運用おすすめ書籍

僕はほとんど読書をしません。そんな僕でもスラスラ読めちゃう良い本ばかり。どれもいいこと書いてあります。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにあります、いつかはわからないけど。

僕が一番好きな本。難しい数学的な知識を必要とせず、現代ポートフォリオ理論(≒ランダムウォーク理論)をかじれます。正直な感想を言うと全ての書いてることが興味深かったわけではありません。なので隅々まで読んだわけではないですが、理論のところはとてもわかりやすいのでおすすめです。これ読んでからWikpedia見たらだいぶ理解が進みました。

インデックス投資の名著中の名著です。個人投資家にとっての投資は「ミスった者が負ける」敗者のゲームになった、というのがタイトルの由来。ここで言うミスとは、市場動向に動揺して売買してしまうことを指します。いいからインデックスホールドしとけ、という本。

インデックス投資の父でありVanguard創業者のBogle氏の名著です。僕が最も尊敬する偉人でもあります。その先見性と残された功績には尊敬の念しかありません。内容はインデックス投資のベーシックな内容ですが、後半には債券との組み合わせ論などにも言及されています。全部が全部同意見というわけではありませんが、インデックス投資を志す者であれば必読書とも言ってよいかと。

ランダムウォーク理論(株価の動きはわからないという前提を置く理論)について、歴史を交えて語った本。これも名著と言われています。理論の概念はざっくりとわかるかと。歴史の部分が長くて、そこは読み飛ばしました。

本をほとんど読まない僕が唯一知ってる作家さん、橘玲さんの本。とても読みやすい文章で書かれていて、こんな文が書きたいなといつも思ってます。僕が海外株を中心に買っているのはこの本の考え方に近いです。

この2冊は僕が初めて読んだ投資関連の書籍。当時、個別株で失敗し、偶然思うがままに買い付けた米国株インデックスETFに出会い、それにいい感触をもっていました。その感触を自信に変えてくれた本です。

タイトルとURLをコピーしました