S&P500 4000万円男が投資信託ではなくETFを使う理由

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、米国株投資はどんな銘柄で投資をしていますか?僕は基本的に国内ETFで投資をしています。一般的な意味での投資信託はあまり使っていません(※ETFも投資信託の一種なので)。

YouTubeで動画を上げ始めたころから

どうして投資信託ではなくてETFを買っているんですか?違いがよくわからず・・・

との質問をけっこう多くいただいておりました。ETFって意外に世間には浸透していなくて、みなさん一般的な投資信託のほうが馴染みがあるようです。ちょっと予想外でした。

実際にぼくのメイン口座(楽天証券)の銘柄はほとんどがETFで構成されていて、投資信託を買うことはあまりありません。

ぼくのメイン口座。ほとんどがETFです。

結論から言うと好きな方を買っておけばよいのですが、僕なりにETFを好むポイントがあります。そのためETFばかり買っているわけです。今回は僕が重視するポイントをみなさんにご紹介したいと思います。この記事がこれから投資を始めようとしている人の参考になれば、それ以上にうれしいことはありません。

ETFってなに?

まずはETFとはなにかを振り返っておきましょう。ETFは Exchange Traded Fund の略で、日本語名では上場投資信託とも呼ばれます。その名のとおり投資信託の一種です。包含関係は以下のようなイメージ。

よく勘違いされるのですが、ETFだから儲かるってことはありません。同じような対象に投資している場合、ETFでも一般的な投資信託でもパフォーマンスは変わらないです。誤解なきように。

ETFの最大の特徴:売買を株式と同じようにリアルタイム売買できる

投資信託の場合、銘柄や証券会社によって異なりますが、一般的には国内市場が閉まる15:00で注文が打ち切られ、その約定価格は翌日の15:00時点の価格で計算されます(海外株式の投資信託の場合)。買いだと思って入れた注文が思わぬ値上がりして約定されたりすることもしばしば。

一方でETFは証券取引所が開いている時間(日本なら9:00〜15:00)であれば、リアルタイムで買付けできます。普通の株式と同じ扱いで売買できるわけです。そのため、自分の納得いく”価格”で約定することができます。投資信託のように約定までにヤキモキすることはありません。これが僕がETFを買う理由です。逆に言うとこれしか理由がありません。

株と同じ扱いなのでもちろん指値注文や逆指値注文など、テクい技も使えます。とことん自分の納得いく約定価格にできるんですよね。

ETFのデメリットは?

一般的な投資信託と比べていくつかETFにもデメリットがあります。上記のリアルタイム売買のメリットと以下のデメリットを見比べて、好きなほうを選ぶとよいです。

①売買が単位株でしかできない

ETFは株と同じ扱いなので、株価 x N(整数) の単位でしか売買できません。なので貴重な投資資金をきっちり使い切ることはできないのです。それに付随して積立て購入もできない。

一方で投資信託は投資する金額を任意に決められるのがメリットですね。そのため定期積立て購入できるわけです。購入する価格は運任せですが。

「購入する価格」か「投資する金額」か、どちらを自分で決めたいか?を考えれば自ずとETFか投信かは決まるはずです。

②分配金の自動再投資ができない

ETFの分配金は普通の株の配当金と同じ扱いになります。そのため、いったん分配金を受け取るしか選択肢はありません。一方で投資信託の多くの銘柄は再投資か受け取りを選ぶことができます。

分配金は受け取ると利益に対して20.315%の税金をくらいます。そのため、結局再投資するのであれば受け取るよりも自動再投資のほうがトクです。まあ分配金はそんなに多くはないので、ぱーっと使ってしまうのも僕はありかなと思ってますw

余談:代表的な銘柄を比較してみると

代表的なS&P500に連動するETFと投資信託をあげてみました。昔はETFのほうが圧倒的に信託報酬が安かったのですが、今は大差ありません。eMAXISも昔はもっと高かった気がするんだよなぁ・・・もう覚えてません。

これらの事実を勘案すると、パフォーマンスでETFと投資信託を選び分ける理由はなさそうです。あくまで好きな買い方で選ぶのがよいでしょう。

結論:ETFか投信かは好きな買い方で選べ

これまでの説明でETFが投資信託の一種だということがよくわかったと思います。なので、ETFを買えば儲かるとか、そういった結論にはなりません。自分自身が納得した価格で買いたいのか?もしくは投資額を任意に決めたいのか?だけで決めればよいのです。

そして僕は納得いく価格で買えるETFを選んだわけです。なぜならインデックス投資では一番重要なのは精神力だと思っているので。一番ストレスのない買い方で買うようにして、暴落時に備えてHPをキープしておくのです。それが僕がETFを買う真の理由。

YouTubeも見てね!高評価&チャンネル登録よろしくお願いします

おまけ:資産運用おすすめ書籍

僕はほとんど読書をしません。そんな僕でもスラスラ読めちゃう良い本ばかり。どれもいいこと書いてあります。

以下の中にはKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用できるものもありますのでチェックしてみてください。Kindle Unlimitedは無料期間もたまにあります、いつかはわからないけど。

僕が一番好きな本。難しい数学的な知識を必要とせず、現代ポートフォリオ理論(≒ランダムウォーク理論)をかじれます。正直な感想を言うと全ての書いてることが興味深かったわけではありません。なので隅々まで読んだわけではないですが、理論のところはとてもわかりやすいのでおすすめです。これ読んでからWikpedia見たらだいぶ理解が進みました。

インデックス投資の名著中の名著です。個人投資家にとっての投資は「ミスった者が負ける」敗者のゲームになった、というのがタイトルの由来。ここで言うミスとは、市場動向に動揺して売買してしまうことを指します。いいからインデックスホールドしとけ、という本。

インデックス投資の父でありVanguard創業者のBogle氏の名著です。僕が最も尊敬する偉人でもあります。その先見性と残された功績には尊敬の念しかありません。内容はインデックス投資のベーシックな内容ですが、後半には債券との組み合わせ論などにも言及されています。全部が全部同意見というわけではありませんが、インデックス投資を志す者であれば必読書とも言ってよいかと。

ランダムウォーク理論(株価の動きはわからないという前提を置く理論)について、歴史を交えて語った本。これも名著と言われています。理論の概念はざっくりとわかるかと。歴史の部分が長くて、そこは読み飛ばしました。

本をほとんど読まない僕が唯一知ってる作家さん、橘玲さんの本。とても読みやすい文章で書かれていて、こんな文が書きたいなといつも思ってます。僕が海外株を中心に買っているのはこの本の考え方に近いです。

この2冊は僕が初めて読んだ投資関連の書籍。当時、個別株で失敗し、偶然思うがままに買い付けた米国株インデックスETFに出会い、それにいい感触をもっていました。その感触を自信に変えてくれた本です。

タイトルとURLをコピーしました