【年金】確定拠出年金は何を買えばいい?シンプルな作戦でけっこう利益が得られます

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、確定拠出年金の運用はどうしていますか?狙いを持って運用しているでしょうか?

僕は会社の企業型確定拠出年金というやつに強制加入されています。巷では個人型確定拠出年金iDeCoが有名ですが、企業型に加入している人はiDecoに加入できないことが多いです。うちの会社も入れません。

ここでは詳しく述べませんが、「確定拠出年金」は60歳まで引き出せない投資信託のようなものです。ただし、月々の購入費用は所得から控除されるという、減税対策の一面を持っています。売却益も非課税です。

というわけで、自分の好きな投資信託を毎月少しずつ買うわけです。ただ、iDeCoなら色々な選択肢の中から好きな投資信託を選べるのですが、企業型は投資信託の選択肢がほとんどありません(泣)。今回は僕の会社の場合を取り上げて、どのような作戦で運用してきたかをご紹介します。

僕の会社の場合:野村証券の確定拠出年金サービス

うちの会社の場合、野村証券の確定拠出年金サービスを利用することになります。日本の大手企業なら、野村証券を使っている方も多いのではないでしょうか?

トップページはこんな感じ。約10年の積立てで時価評価額は202万円、含み益 77万円です。年率9.9%で運用できているので、まずまずですかね。

野村証券ウェブサイトより引用。

積み立てる商品は貯金やら保険やらもありますが、その辺は興味ありません。投資信託のラインナップは以下です。

投資信託は4つしか選べません・・・

債券 or 株式 x 国内 or 外国 の4つのみです。もうちょっと色々選べるとうれしいんだけどなぁ。。。ちなみに楽天証券のiDeCoなら外国株式だけでもこれだけの商品から選べます。僕がもし楽天証券でiDecoやるなら、全米株式一択ですね。

楽天証券ウェブサイトより引用。うらやましい・・・

僕の確定拠出年金運用の作戦

僕はこのブログでも事あるごとに「S&P500を買ってほったらかし」を推奨してきました。それは長期投資においては株式が最も期待リターンが高く、人口が増え今後も安定的に発展していくと期待できる米国が有望と考えているからです。

Real Returns Favor Holding Stocks より引用。長期運用なら株式の一択です。

確定拠出年金は60歳まで引き出せないという長期投資しかできない制度です。そのため、上記の考え方に一番近い商品は「外国株式インデックス」でしょう。それに相当する商品がこちら。

野村外国株式インデックスファンド・MSCI・KOKUSAI(確定拠出年金向け)

選択肢が他にないのでこのファンドの内容を詳しく把握していませんw 目論見書から内容を見てみます。

投資方針

外国の株式を実質的な主要投資対象とし、MSCI-KOKUSAI 指数(円ベース・為替ヘッジなし)
の中⻑期的な動きを概ね捉える投資成果を⽬指します。

 MSCI-KOKUSAI指数という独自指数に連動する商品です。指数が独自だとよくわかりません。主な資産を見てみると・・・

目論見書より引用。内容的には国内株を除く先進国株って感じです。

先進国株って感じの配分です。まあこれでもいいか、と思える内容。しかし、この手の老舗証券会社の商品で気になるのは信託報酬。ひょっとしたらべらぼうに高いんじゃないか?と勝手に不安に思っていましたが・・・

チェックしてみると年0.154%と意外に良心的でした。ひと安心。いまやこれくらいの信託報酬でないと、他社との競争に勝てませんよね。1655なんて0.08%らしいし。

前置きが長くなりましたが、僕の確定拠出年金の作戦はこの「野村外国株式インデックスファンド・MSCI・KOKUSAI(確定拠出年金向け)」に全力というシンプルなもの。リバランスも面倒くさいし、このままほったらかしです。

現在の運用状況はどんな感じ?

僕が資産運用に興味を持ったのはたぶん2017年くらい。2017年ごろから上記の外国株インデックス全力に移行してますが、それ以前は適当に国内株、国内債券、外国債券、外国株を1/4ずつ保有していました。その前提で実績をご覧ください。

  • 掛金累計額:1,249,000円
  • 時価評価額:2,011,866円
  • 評価損益:+762,866円 (年率9.8%)

すでに入社して10年以上が経過し、評価損益が76万円というのはちょっと寂しい気もします。掛金をもう少し多くしとけばよかったかもしれません。税金対策にもなりますし、どうせ資産の大半は60歳まで引き出さないはずですから。ただ、利回りで言えば年率9.8%なので、優秀な運用をしたと言ってもいいでしょう。自分で自分を褒めていくスタイルでいきます。

この野村外国株式インデックスファンド・MSCI・KOKUSAI(確定拠出年金向け)も悪くない銘柄ですね。僕と同じように選択肢がない方、これ一本で行くのもありだと思いますよ?

結論:結局は長期投資は株がいいということ

長期投資になればなるほど、世界経済の発展は確実なものになります。世界中の人々が豊かになるために労働しているのだから、当然のことです。長期になればその波に乗れる可能性が高くなります。

その波に乗るためにはノーリスク商品では絶対に乗れません。多少のリスクを許容してでも、波にのる必要があります。人生長いんだから、年金ぐらいチャレンジングに運用してもいいんじゃないでしょうか?この程度の波はさざなみですよ?

おまけ:資産運用おすすめ書籍

資産運用の入門としておすすめの書籍をご紹介します。どれもスラスラ読めちゃう名著です。僕はどれもKindle Unlimited(月々980円 読み放題)のサービスで利用しています。Kindle Unlimitedは固定費にうるさい僕も納得のサービス。コスパ文句なしです。無料期間もあります。

 

タイトルとURLをコピーしました