埼玉の名店の味をご家庭で?「狼煙」のインスタント麺を食してみた

グルメ
スポンサーリンク

みなさん、埼玉でらーめんを食べたことはありますか?ぼくは多分ありますが店名等の記憶がまったく残っていません。

大変失礼ながら、埼玉と聞いてまったくらーめんのことが頭に浮かびません。田舎者が埼玉というワードで意識するのは「スーパーアリーナ」くらいです(すみません・・・)。この記事でご紹介するインスタント麺はそんな埼玉が生んだ名店「狼煙」さん監修の製品です。これは妻がスーパーで見かけて買ってきてくれました。さすがらーめん好き旦那の心がわかる奥様である。

ちなみに狼煙さんは複数店舗展開されていて、本店は以下の場所だそうです。機会があれば行ってみたいですねぇ。

というわけで、先日妻がその狼煙さんのインスタント麺を作ってくれたので、その感想をみなさんと共有したいと思います。この記事が誰かの役に立てばそれ以上に嬉しいことはありません。

渋すぎるパッケージから生み出される澄みきったスープ

実際に妻が買ってきてくれた製品がこちらです。

通販だからか値が張りますが、スーパーではもっと安かったそうです。値段は忘れたとのこと。すみません・・・。

さっそく作っている様子を写真でご紹介していきましょう。

パッケージが渋いです。魚粉を強調されておりますね。熟成乾燥麺とは何でしょうか?
麺の湯で時間は6分と長め。スープと麺を茹でるお湯を分けよと言うあたり、スープにこだわりを感じる
麺がさらに袋に包まれているこだわりよう。スープは液体のものがひとつ。あとは魚粉かな
6分茹でます。長いです
自家製チャーシューとネギ、のりを載せて完成!パッケージの真似をして魚粉を海苔に載せてみました
麺はなかなかコシが強く、すすり心地がよいです。スルスル食べてしまいます

実際に食べてみると味はオーソドックスな中華そばといった感じです。魚粉のぶんだけちょっとつけ麺感がありますね。特徴的なのはやはり麺でしょうか。6分間も茹でるだけあって食感が独特です。コシが強く、表面がすごくツルツルしています。ゆえにスープとの絡みは特筆すべきものはない感じ。

ぼくが一番驚いたのはこのスープです。普通の中華そばっぽいスープなんですが、なんというか深みがあります。あれよあれよと飲んでしまい、余裕で完飲してしまいました。病みつきになる味ですね、このスープ。

最近食べた中でも美味しいほうではありますが、冷静になって判断すると明星の麺神(しょうゆ)のほうが好みではありました。あれは旨すぎてやばいです。それについて述べた記事はこちらをご覧ください。

結論:インスタント麺「狼煙」のスープはめちゃくちゃ旨い

最近のインスタント麺の進化はすごいですねぇ。気がついたら完飲してるスープなんて、今までの即席麺にはなかった話ですよ。それが近年は当たり前です。うーん、時代についていけない。

そしてこのインスタント麺が宣伝になって、実店舗のブランド向上にもつながっているんでしょうね。これを食した僕も実際にお店に行ってみたくなりました。明星はお店がないのですが、狼煙はありますから。これがタイアップ効果というやつか?

グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ギトギトさん

毎週火土19時にYouTube動画公開!FIRE目指すサラリーマンの脚色無い運用実績を晒してます。アンチ投資サロン、アンチ投資セミナー、アンチ投資教材。インデックス投資に勉強は不要がモットーです。現在36歳で総資産6338万円突破!ガジェット好きのニコ爺

ギトギトさんをフォローする
おっさんずログ
タイトルとURLをコピーしました