三河のつけ麺の第一人者!安城市の「極つ庵」で特製つけ麺を食べてきた

グルメ
スポンサーリンク

みなさん、つけ麺は好きですか?あの濃厚な感じがおっさんにはたまらないです。

今回は安城市にあるつけ麺の有名店「極つ庵」に出かけてきました。「極つ庵」さんは僕が愛して止まない岡崎市の名店「やま辰」の店主さんが修行されたお店だとか。(真偽は不明)楽しみでなりません。

果たして、師匠はやっぱり師匠なのか?それとも、弟子は師匠を超えているのか?この舌で確認したいと思います。

安城市の幹線道路沿いにある、自動車でのアクセス良好な立地

極つ庵さんの地図はこちら。

三河安城からちょっと歩いたところにあります。歩けなくはない距離です。

立派な佇まい。お店の前には駐車場が2つ以上あり、よほど行列ができていない限りは問題なく駐車できると思います。自動車でのアクセスに心配ないのはうれしいですね。

つけ麺の第一人者のお店で一番高いつけ麺を注文

店内に入るとすぐに食券機があります。

今回は煮玉子とチャーシューがトッピングされた「特製つけ麺」をプッシュ。1100円はちょい高い。

ほどなくしてつけ麺到着!チャーシューはローストビーフみたいなソースがかかったものと、あぶられたものの2種類のっています。贅沢仕様です。写真見返してみたら、チャーシューというより、ほんとにローストビーフだったかもしれん。

やっぱローストビーフだったか?

麺は全粒粉でしょうか?粒が練り込まれています。しっかり太めの麺です。歯ごたえがすごい。というか、ちょっと僕の好みよりはカタかったかな。ごわごわしてました。やらかめでの注文をおすすめします。

スープはいわゆる「魚粉っ!」って感じのつけ麺スープではなく、動物系のコクと程よい魚介系の味がブレンドされています。ぐいぐい飲めちゃう味です。これは好きなスープ。

味玉はお手本のような半熟。味もしっかり染みていて美味しいです。

最後は卓上に置いてあったスープ割りでつけダレも完飲。いやー、美味しかった。

結論:三河のつけ麺好きなら1回は行くべきお店

さすがに三河のつけ麺第一人者と言われるだけあって、ハイレベルな味でございました。接客も好印象で、気持ちよく食事ができます。ただ、コロナ対策で導入されていると思われる割り箸が微妙。断面が丸いタイプの箸で、麺を上手に持ち上げにくかったです。

弟子である「やま辰」さんと甲乙つけがたいくらい、どちらも美味しい一杯を提供してくれます。強いて言うなら、ぼくは「やま辰」さんのほうが好きかな。こってりが好きなので・・・。

グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ギトギトさん

毎週火土19時にYouTube動画公開!FIRE目指すサラリーマンの脚色無い運用実績を晒してます。アンチ投資サロン、アンチ投資セミナー、アンチ投資教材。インデックス投資に勉強は不要がモットーです。現在36歳で総資産6338万円突破!ガジェット好きのニコ爺

ギトギトさんをフォローする
おっさんずログ
タイトルとURLをコピーしました