念願の日本一濃いラーメン!大岩亭で魂の湯切りを目の当たりにしてきた

グルメ
スポンサーリンク

みなさん、濃いラーメンは好きですか?僕はおっさんなので濃い目の家系ラーメンが好きです。あの中毒性は異常ですよね。僕が気に入っている家系ラーメンのレポートについては以下の記事もご覧ください。

そんな濃いラーメンが好きな方でも”引く”くらいの濃さで有名なお店が「大岩亭」さんの特鳥(とくちょう)です。数多のラーメン好きがレビューしているので、もはやここで語る意味は無いのかもしれません。しかし、愛知県民として、このラーメンを食べずして愛知のラーメン好きは語れないと思うほどの有名店。ラーメン好きおっさんとしては必ず行っておかなくてはおけないと思っていました。

しかしながら超人気店でありつつ、不定期でお休みされているので、何回も訪問して食べられずに帰ってきた苦い思い出があります。今回は別のお店に向かおうとしていた際にたまたま大岩亭さんの前を通りかかり、偶然営業中であったために飛び込んだ次第です。うーん、運命的な出会いとしか言えないw

というわけで、初めて大岩亭さんに行ってきた感想をみなさんにお伝えしたいと思います。この記事が三河でラーメン店を調べている方の参考になれば、それ以上に嬉しいことはありません。

刈谷と安城の間にあり、狭めの駐車場

大岩亭さんは刈谷と安城市の間の幹線沿いにあります。JR東刈谷駅と三河安城駅のちょうど中間あたりに位置していて、だいたい双方の駅から1kmほどです。ウォーキングに慣れた人なら徒歩でも問題なくたどり着けるでしょう。

店舗は複数の店舗が共通の駐車場をつかう愛知県によくあるテナントのスタイルで、焼き肉屋さんや理容室と共用しています。ゆえに駐車場は狭くて台数も少ないです。

僕は平日の昼間に運良く入れました。もし確実に入店したいなら、徒歩でも訪問のほうがよいかもしれません。

店の内装からも濃さが溢れる店内

有名人のサインの汚れ具合や、内装の変色ぶり、清潔感とは真逆の店内を受け入れられるのがラーメン業界の懐の深さですよね。ご主人の意識がラーメンに集中しているのが伺えます。

大岩亭の名物がこの「特鳥」シリーズ。鳥のコラーゲンのとろみと豚の骨髄を合わせてにこんだ”めちゃくちゃに濃い”スープです。けっこういい値段しますが、この店に初めて来て特鳥を食べずには帰れません。ぼくは”大岩ラーメン特鳥”をオーダーしました。

もちろん普通のラーメンのメニューもあります。あっさりとこってりを選べるようです。「当店は全て豚骨ラーメンです」が店主の豚骨好きを物語っていますね。僕はいろいろスープを選べるお店より「オレはこの味で勝負するんだ!」というお店が好きです

ちなみにご飯はセルフサービスでカウンターから自分で取りに行くスタイル。しかも無料!これはうれしい。

覚悟していた以上に濃いスープに圧倒される!

注文してから15分くらい待ったでしょうか。ラーメンが到着しました。

これよこれ!もはやラーメンという見た目ではない姿のものが到着しました。これが特鳥スープです。ネギとチャーシューが入っているらしいのですが、チャーシューはもはや原型を留めていません。

お約束どおりレンゲが立つのかも検証しておきました。前評判どおりの濃さです・・・!何の苦労もなく立ちます。もはやスープではない何かである。

麺は中太のストレート麺。それを持ち上げると特濃スープがこれでもかとまとわりついてきます。この濃さは普通カレーの比ではありません。例えるなら・・・・キーマカレーくらい?もはや固形です。

すすってみると、口いっぱいに豚骨と鳥ガラの旨味が広がります。めちゃくちゃ深い味です。濃いスープは完全に豚骨が溶けているわけではなく、ガラのようなものがめちゃくちゃ細かい状態で入ってるようでした。癖になりそうな味です。少なくとも、ぼくの生涯で食べたことが無い味。

一方でこの濃さですから、少しだけ動物クサさを感じるのは否定できません。臭みを気にされる方はやめといたほうがいいと思います。ボリュームもありますので完食が厳しいでしょう。

ぼくはこのスープに浸した海苔でご飯を食べたときが一番美味しいと感じました。やっぱ濃いスープはご飯との相性が最高ですよね。

いくら濃いスープが好きな僕でも完飲は厳しかったです。もう一回食べたいかと言われると・・・ちょっと微妙かなw 次は普通のラーメンを食してみたいですね!たぶん旨いと思う。

結論:三河のラーメン好きは歩いてでも行くべし

このお店に行かずして、三河の濃いラーメンは語れません。それくらい有名なお店です。もちろん濃いラーメンで有名になったのですが、ここは店主さんの人柄もその知名度に一役買っているのだと思います。

僕が訪問した際も、お客さんにリクエストされてメッセージつきの”魂の湯切り”を披露しておられましたw ”魂の湯切り”とは店主が湯切りをする際に麺を魂を込める儀式?で「あ〜〜〜いッ!!」と大きな掛け声が特徴です。これを生で聞けただけでも満足でした。

お店の駐車場が狭いこと、不定期営業なのが難点ですが、一度は行くべきお店だと確信した次第です。次は普通ラーメン食べに行こうと思います!

グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ギトギトさん

毎週火土19時にYouTube動画公開!FIRE目指すサラリーマンの脚色無い運用実績を晒してます。アンチ投資サロン、アンチ投資セミナー、アンチ投資教材。インデックス投資に勉強は不要がモットーです。現在36歳で総資産6338万円突破!ガジェット好きのニコ爺

ギトギトさんをフォローする
おっさんずログ
タイトルとURLをコピーしました