【買う前に読め】N-BOXを購入する前に読むべき記事をまとめ【保存版】

自動車
スポンサーリンク

みなさん、N-BOXライフは快適でしょうか?最高ですよね、このクルマ。僕は3年間乗ってきて、このクルマには感謝しかありません。

このブログでもN-BOXに関する話題はちょくちょくと取り扱ってきました。いろんな方に見ていただいてうれしい限りです。もっとみなさんのためになれるように、この投稿では特に反響があった記事をまとめています。N-BOXの購入を検討している方、N-BOXライフをもっと充実させたい方、ぜひ読んでみてください。

N-BOXに高いカーナビはいらない!ディスプレイオーディオのすゝめ

当サイトで最もアクセス数を誇る記事です。N-BOXはせっかくコスパのいいクルマなのに、高いカーナビを付けていては意味がありません。クルマにはディスプレイだけつけて、ナビはスマホに任せましょう。それで10万円近く浮くはずです。地図の更新料も不要!

ディスプレイオーディオに価格破壊がきてないか?激安品が席巻してる

僕がディスプレイオーディオを購入した3年前はまだまだ国産メーカーがメインでした。実際に購入したのもカロッツェリア。しかし、今は中華製のディスプレイオーディオが市場を席巻しています。1万円台から買えるとか頭おかしいですw CarplayやAndroid Autoを使う場合は結局映像が映ればなんでも一緒なので、この中華製品は購入の有力候補になることでしょう。

N-BOXの新車を自動車エンジニアが見積シミュレーションしてみたら200万円余裕で切れる

N-BOXに実際に乗ってきた僕が必要最低限のオプションだけを考えて、見積りシミュレーションした結果を公開しています。クルマの商談でありがちなのが、考え方がブレて要らないものをつけてしまうというパターン。あっと言う間に価格が200万円超えます。商談に臨む前に何が必要かを僕なりに考えたことを紹介しています。

N-BOXの車検で不当に高い料金を請求されない方法

車検といえば代表的な自動車の浪費イベントです。これをチャンスととらえ、いらないサービスを押し付けてくる自動車整備会社は残念ながら多数あります。この記事では実際に車検を受けた僕(自動車エンジニア)が内容を精査して不要な整備を断った話をしました。

3年乗ったからこそわかるN-BOXの不満点

N-BOXは大変すぐれたクルマで気に入ってはいるのですが、さすがに3年も乗っていると細かい不満点がちらほら出てきます。自動車評論家が述べる表面的な内容ではなく、実際に乗ってきた者がわかる視点で不満点を抽出してみました。この不満点を重視する場合はN-BOXはやめといたほうがいいでしょう。

N-BOXには頻発する不具合はあるのか?を調べてみた

ご存知のとおりN-BOXは日本一売れている自動車です。それゆえユーザー数も多く、もし品質に問題があれば不具合情報が出やすいはず。この記事では国の不具合情報サイトを検索して、再現性のあるトラブルがないかを調べてみた結果をレポートしています。

N-BOXの中古車買うならここをチェック!

N-BOXはよく売れているクルマなので、中古車の弾数も多いです。中古で手に入れる方もたくさんいると思います。ぼくもそうでした。この記事では中古車を選ぶ際に気をつけるべきポイントを洗い出しています。

N-BOX x 鉄チンホイール = スパルタン?

我が家のN-BOXは鉄チンホイールむき出しスタイルです。というのも、ホイールキャップがあまり好きでありません。過度の装飾パーツは基本的に不要と思っているからです。鉄チンって質実剛健な印象があってかっこよくないですか?そんな感性を例を交えて語ってみました。

3年乗ってわかったN-BOXに付けるべきオプション

僕は非常にケチくさいです。実用的に意味のないオプションは絶対に付けたくありません。そんな僕がこのクルマに乗ってつけててよかったと思うオプションを厳選してみました。このオプションをつければN-BOXは完全体です。

結論:N-BOXは最高のクルマです

ほんとにN-BOXっていいクルマですよね。クルマオタクには馬鹿したりする人がいますが、何もわかってないと思います。市場はウソをつきません。工業製品として優れたものでなければ、何年も販売台数日本一にはなれませんから。

この3年間、ほんとに不満に思うことが少なかったです。日本の軽自動車ってすごいね。唯一不満なのは年に数回乗る高速道路でうるさすぎるくらい。最高です。

タイトルとURLをコピーしました