4Kモニタの定番 DELL U2720QMを導入記念!登録者2.5万人YouTuberのデスクツアー

オーディオビジュアル
スポンサーリンク

みなさん、ご自宅のデスクにこだわりはあるでしょうか?コロナ騒動以降、急速に在宅ワークの導入が進んだので、多くの方が自宅でも働ける環境を持っていることと思います。僕も例にもれず、自宅の在宅ワーク環境を充実させて、ここ数年は満足していました。その時に買いた記事もどうぞ。

正直な話、仕事に関するパフォーマンスだけなら以前の環境でも十分でした。ただ、僕にはひとつだけずっとほしいと思っていたものがあったのです。それが外部ディスプレイ。

もともとは2013年に購入したフルHDディスプレイ U2414Hというモデルを愛用しておりました。これは今でも整備済み品などで販売が継続されている、とても優秀な製品です。オフィス用途なら、これで困ることはまずないでしょう。ベゼル(縁)も細くてスタイリッシュなのも気に入っていました。

一方で、世の中に4Kが普及してからもうかなりの月日が経っています。コンテンツも今や4Kは当たり前です。高精細ディスプレイの進化も凄まじく、今や隣に置いてあるMacBook Airの方が小さいのに画素数が多い(WQHD)ですからね。

ぼく
ぼく

さすがにそろそろ買い替えていいころだよなぁ。。。

と漫然と思っているところにamazonタイムセール祭の文字が目に入りました。そして気がついたらポチってたw

今回はそのディスプレイの感想を中心に、今のデスク環境をみなさんにご紹介したいと思います。この記事がこれから在宅ワーク環境の充実を図っている方の参考になれば、それ以上にうれしいことはありません。

U2720QMの美しさにひれ伏せ!

今回購入したディスプレイはこちら

Dellの定番4Kモニター U2720QMです。ずっと使用してきたモニタもDell製だったので今回もDell。

今やいろんな廉価モニターがありますが、やっぱりDellが一番いいよな〜と自分では思っています。価格もそれなりに安いのに、質感や品質がすごくいいんです。触った感じ、全く安っぽさを感じません。つくりがしっかりしていますね。

僕が購入した時は特選タイムセールで49980円。現在は75000円ほど。頻繁にamazonでセール対象になっているので、もし買うならセールを狙うといいです。

箱は超でかい

なお細かいレビューは詳しい方がたくさんブログ記事で上げているので、それを参考にしてください。この記事はここからデスクツアーに移行しますw

驚くべき高精細の世界

ではさっそく設置が完了したのでその様子を写真で見ていきましょう。

もともとモニターアームを使用していたので、今回もそれを踏襲して設置しました。モニターの真下がスッキリしていていいですよね。

壁の色とモニターアームを揃えると画面が浮いてるように見えてカッコいい!

補足:USB-Cケーブルが短くて太くて使いにくいです

このモニターはUSB-CでPCと接続し、電源と画面出力やハブ機能なんかも兼ねる優れたやつなのですが、付属のUSB-Cケーブルはお世辞にもいいものとは思えません。電源として大容量90Wにも対応するためかめちゃくちゃ太いです。それに1mと短い。

なので、このような2mくらいある柔らかいケーブルを別途用意することをおすすめします。僕はケチなので、家にあったUSB延長端子で少しだけ伸ばして対応しました。

イスはオカムラ製作所のコンテッサセコンダ。これは高価だけど非常にいい

このイス、購入当初はその高価格に見合わないんじゃないかと思って少し後悔しましたが、今やなくてはならない存在にまで昇格していますw 一生モノのチェアがほしい方にはおすすめです。僕はこいつを一生使うつもり

我が家のインプット機器たち

人間とPCの入力インターフェースといえば、マウスとキーボードではないでしょうか?ほとんどの人にとってパソコンを触る→キーボードとマウスを触る、のはずです。それくらい身近なガジェットですよね。

そんな大事な機器はほんとうに好きなものを使いたい、そんな思いがあります。僕はここ数年でひとつの最終地点に到達したという実感が湧いてきました。

それが究極のシンプルさを追求したキーボードHHKB、シンプルにして必要十分の機能を有したMX Master 3 です。

このセットが気に入りすぎて、職場にももう1組買ってしまいましたw これで20年は戦えると本気で思ってます。

HHKBはとにかく打ちやすい上に非常にコンパクトなので机がとても広く感じられます。Bluetooth接続で4台まで登録できるので、在宅ワークで仕事用と私用のPCを切り替えるのにとても便利。

そしてMX Master 3はサイドについてるサムホイールとメインホイールの操作性がばつぐんです。勢いよく回すとシームレスに回転し(指を話してもホイールがクルクル回る)、ゆっくり回すとカチカチとクリック感とともに回転するんです。サムホイールがあると横スクロールが楽なので、EXCEL作業や動画編集が劇的に早くなります。

ぼくがメインで使用しているMacBook Airはサンダーボルト端子が2つしかありません。なので拡張性が必要です。そのために僕が用意しているのがこちら

実はずっと心待ちにして中々輸入されずにやきもきしながら手に入れたんですよねw こいつがあれば、PCをサンダーボルトケーブル1本をつなぎ変えれるだけで、外部ディスプレイ、スピーカー、マイク、有線LANの最強環境に変身させることができます。こいつについて詳しくレビューした記事はこちら。

あとは仕事中に家族のにぎやかな声をシャットアウトするためのAirPods Proはかかせません。新型になったのが少し羨ましく感じております。ノイズキャンセリングがいいらしいですから。

Amazon.co.jp: Apple AirPods Pro(第2世代) ​​​​​​​ : 家電&カメラ
Amazon.co.jp: Apple AirPods Pro(第2世代) ​​​​​​​ : 家電&カメラ
我が家のデスクの長老 STAX SR404+SRM300

学生時代にバイトをして貯めたお金で買ったのがこのヘッドホン。STAX SR404+SRM300です。もうとっくの昔に廃盤になっております。こいつは本当にすごいやつです。聞けばわかります。別次元の音がなりますから。

2008〜2009年ごろに購入したものなので、もう13年ほど使っていることになります。妻からは虫かごと揶揄されておりますが、それでも他のものに買い換えるつもりはありません。いつもこれを使って編集しています。

なお、今でもSTAXはヘッドホンを製造しているので、もし興味があればこの辺の製品を聞いてみるといいかと。透き通ったきめ細やかな音はきっと今まで聞いたことがないものだと思います(コンデンサ式のヘッドホンを知らなければ)

結論:お気に入りのアイテムで仕事をするのが幸せだ

ぼくは本業のサラリーマン業と副業のYouTube&ブログ業をこの環境でやっています。つまり、人生の大部分をこいつらを使っているわけですし、僕のアウトプットはこれらを介して生み出されるものです。凄く大事な道具たちなんですよね。

そういうことに気づいたときに僕はこうした道具たちには積極的に投資していこうと決めました。普段はケチですが、デスク用品で気に入ったものには金額を惜しみません。

今回気がついたのは、ディスプレイに対して今まで自分は少し金を惜しみすぎたな〜ということです。投資系YouTubeをやっているのもあって、できるだけお金を手元に残しておきたくなったのかもしれません。

今一度、自分の人生において大切なものを振り返り、本当に必要なものには金を惜しまない心意気を思い出したいものです。

いろいろ言ってきましたが、とにかくこのDELL U2720QMは最高のモニターでした。これはガチです。巷の評価はウソじゃない。やっぱりいいものにはいい評価が集まるのだよ。そう感じた製品でした。また長期間使ったらその時に再度感想を述べたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました