Z6のフラッシュはこれがいい!ニッシンi40ユーザーが良いところと悪いところあげてみる

カメラと写真
スポンサーリンク

ぼくの愛用しているカメラは「ニコンZ6」。ニコンが満を持して世に送り出した、フルサイズミラーレス一眼です。

画質はもちろんのこと、ミラーレスならではの軽くてコンパクトなのがほんとうにいいです。そんなニコンZ6用にぴったりなフラッシュがあるので、それについて語らせてください。

純正品に気に入ったのが無くてニッシンi40にした

ぼくは純正品が好きです。レンズも純正(ニコン製)しか持ってません。なので、ほんとうはニコン製のフラッシュが良いのです。

ただ、ニコン製のはどれも大きいのです。

ニコンイメージングより引用。小さいのはSB-300くらい。

SB-300は小さくていい!と思ったので、実際に持っていました。だけど手放しちゃいました。回転方向に制約があって、縦向きに構えたときに天井バウンスできないんですよね。それで買い換えました。

で、買い換えたのがニッシンi40。こんな感じのコンパクトなやつです。

めっちゃ小さくてかわいい。単三電池4本で動きます。
裏側には電源とモードダイヤル。ぼくは基本オートモードで使ってます。

もちろん回転方向に制約はないので、縦位置で天井バウンスできます。

ニッシンi40のどの辺がよかったか

実際に使ってみて、良かったところを上げていきましょう。

コンパクトなのにパワー(明るさ)がある!

ニッシンi40はSB-300よりは大きいものの、他の純正品よりは格段に小さいです。それなのに明るさの指標ガイドナンバーは40!ニコンのSB-500はデカいのにガイドナンバー24ですから、いかにハイパワーかわかりますね。

フラッシュにとって「明るいは正義」です。大は小を兼ねます。

これでガイドナンバー40もあるんだぜ?
もちろん向きはグリグリ変えられます

純正品より安い

この記事執筆中(2021/03/17時点)では、ニッシンi40 17820円に対して、ニコンSB-500 27480円。小さくて、パワーがあるのに低価格。

手厚いサポートがある

サードパーティー製の欠点は、新しいボディを購入したときにサポート外になること。下手したら動かないかもしれないというリスクがあります。

しかし、ニッシンさんは違います!希望すればファームウェアアップデートをしてもらえるのです。送るときに送料がかかるんですが、返送代金はニッシンさんが払ってくれるという神対応!新しいボディに乗り換えても安心です。このページからファームウェアアップデート情報を確認できます。

かく言うぼくも、Z6を買う前からこのフラッシュを購入していて、今回Z6対応アップデートしてもらいました。

こう見えてもファームアップデートして生まれ変わってるのです

逆によくなかったポイントは?

ニッシンさんのこのフラッシュ、とても気に入ってるんですが、気に入らないところが1点だけ。それが・・・

TTLがおバカなところ

TTLとはThrough the Lensの意味。絞り値等を変えたりしても自動で調光してくれる機能です。撮影者は望みの露出補正にしておくだけで、被写体に集中できるシロモノなのです。

これがニッシンi40は少々おバカです。絞り値を開くと明るく、閉じると暗く写っています。あまり調光してる感がないのです。

ここは少々残念。ぼくは露出補正で微調整しながら使ってます。

結論:自動調光を重要視しないなら、ミラーレス一眼にぴったり

ニッシンi40はミラーレスのために生まれてきたんじゃないかと思うほどにZ6とぴったりです。コンパクトだから、バッグにも入れていきやすい。パワーも十分、しかも安い。純正信者の方も一度は手にとってみてください。おすすめ!

↓今回使用したカメラはこちら

カメラと写真
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ギトギトさん

毎週火土19時にYouTube動画公開!FIRE目指すサラリーマンの脚色無い運用実績を晒してます。アンチ投資サロン、アンチ投資セミナー、アンチ投資教材。インデックス投資に勉強は不要がモットーです。現在36歳で総資産6338万円突破!ガジェット好きのニコ爺

ギトギトさんをフォローする
おっさんずログ
タイトルとURLをコピーしました