【完結】熊本電力から最後の請求、微妙に脅しを入れる手紙

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、電力の契約先はどのような基準で選びますか?僕はシンプルに「安さ第一」です。信頼感やら安心感などで選んだりはしません。それはどんな会社と契約しようが、ほぼほぼ電気が止められることはないとわかっているからです。僕はここ最近巻き込まれた一連の熊本電力騒動でそれを確信しました。それについての経緯は以下の記事をご覧ください。

そしてここ数ヶ月のウクライナ情勢に起因する燃料費高騰を受けて、巷では新電力と呼ばれる発電設備を持たない電力会社がバタバタと倒産しています。昨年からすったもんだがあった熊本電力も例に漏れず資金不足に陥り、ついには電力託送契約を解除されてしまって事実上倒産しました。それについての記事は以下をご覧ください。

ぼくは熊本電力から怪しい手紙がきたその日にサステナブルエナジーに逃げて、事なきを得ました。今現在はサステナブルエナジーから問題なく電力供給を受けています。

そんな中、熊本電力が託送契約を打ち切られた3月22日までに我が家で使用していた電力について、請求がきました。今回はどんな感じで請求がきたかをレポートしたいと思います。この記事がこれから新電力を契約しようと検討されている方の参考になれば、それ以上にうれしいことはありません。

2022年4月12日に熊本電力からメールが届く

最近は熊本電力の存在すら忘れつつありましたが、この4月12日にいつもどおり突然メールがやってきました。文面はこんな感じ。

※重要【熊本電力】ご請求金額確定とお振込みのお願い

平素より大変お世話になっております。熊本電力でございます。
最新月のご請求金額・ご使用量が確定致しましたので、お知らせ致します。
 
<お客様番号>1000000000XXXXXXX
<対象月>3月
<ご利用期間>2022-03-04~2022-03-21
<ご請求金額>5311円 ※特別値引 -500円済
※複数契約の方は、合計金額にてお振込みくださいませ。
※詳細はマイページでもご確認頂けます。

まあこの文面はいつもどおりです。しかし注目すべきは、このメールには添付ファイルで手紙がついていたところ。こんな文面でした。

ところどころ日本語が稚拙(”が”を連発するなど)で気になります。内容は「振り込んでくれたら500円引きだけど、支払わないと500円引きも無しにして取り立てにいくからな!」です。個人の電気料金程度で取り立ててれば赤字にしかならんと思うので、まあ脅しなんでしょうね。後ろめたい気持ちがあるので「支払わない人がいるかもしれない」とビビっているのでしょうか?実際に燃料費調整費詐欺のエビス電力に顧客を斡旋したり、勝手に契約を解除したりとカスな会社であることは事実ですが。

とりあえず我が家としては使ったことには代わりないので、支払っておきました。勝手に契約解除しておいて払え、というのは若干不服ですが。

そして熊本電力は最後の最後も「納付金を納付しないクソ業者」として、経産省のウェブページにさらされていました。有終の美を飾りましたねぇ。

一方のサステナブルエナジーは4月でも新規契約再開ならず

僕にとってまさかの救世主になってくれたサステナブルエナジーですが、彼らも苦しい懐事情なのは確かなようです。というのも、4月中に再開するとしていた新規契約受付を延期したとのこと。サステナブルエナジーの申込みページに以下のような記載がありました。

いつもサステナブルでんきをご利用いただき、誠にありがとうございます。

昨今、エネルギー資源価格の高騰を背景として、サービスを停止する小売電気事業者が増えています。
弊社においては、そのようなお客様からお切り替えのお問合せを3月下旬から4月上旬にかけて多数いただいております。
しかしながら昨今の電力調達事情を考慮し、現在弊社のご契約しているお客様への電力供給を最優先に確保する目的で、
新規お申込み受付の再開を延期させていただくこととなりました


お申込受付再開のタイミングにつきましては十分な電力供給の確保ができ次第、HPにてご案内させていただきます。
現在電力確保に動いております。お申込受付再開までいましばらくお待ちください。

ご検討中のお客様におかれましては大変ご迷惑をおかけいたしますが、
お急ぎの場合は他の小売電気事業者様にお申込いただきますようお願いいたします。
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

いや、ほんとにエビス電力騒ぎがきた瞬間にサステナブルエナジーに申し込んでよかった・・・。ファインプレーだったわ。

結論:熊本電力に最後の支払いを済ませて円満の別れ

この最後の料金振り込みにて、僕と熊本電力の関係は完全に解消されました。約2年の間、安い電力を供給してくれたので一定の感謝はしています。それに、ちょうどいいブログネタにもなってくれましたw

お金の切れ目にもなりましたので、これで熊本電力に関わることはもうないでしょう。世話になった恩も少しはあったのですが、最後のクソ騒動でそんな気持ちも失せました。今の熊本電力経営陣はクソであることに疑いの余地はありません。

あとは移籍先のサステナブルエナジーが平穏無事に推移してくれることを願うばかりです。

タイトルとURLをコピーしました