知立駅前にできた「やっぱりステーキ」を訪問!やっぱり美味しいのかを確認してきた

グルメ
スポンサーリンク

みなさん、ステーキは好きですか?僕はかなり好きですが、食べる機会はそう多くありません。もう2年くらい食べていない気がします。子連れだと行けないですし、一人だとラーメンばっかり食べていたのでw

今回は高架工事中の知立駅前にどどーんとオープンしていた「やっぱりステーキ」さんを初訪問してきました。ステーキチェーンといえば「いきなりステーキ」が有名ですが、かなり失速しているのは有名な話。それと相対するように勢いをつけてきたのがやっぱりステーキです。

前評判では驚くべきコスト競争力で1000円で200gのステーキを食べられるとのことで、わくわくして行きました。果たしてその実力はいかに?この記事が知立駅前でランチに悩んでいる人の役に立てば、それ以上にうれしいことはありません。

ほんとうに知立駅のど真ん前

場所は知立駅北口のど真ん前。交番の道路を挟んだ北側にあります。駅徒歩1分です。この立地ですので、当然駐車場はありません。ご訪問の際は名鉄でお越しください。

平日の昼に行くと漢どもで満員でした

ここからは写真を中心にご紹介しましょう。

知立駅すぐそこ。派手な看板が主張してきます

あまりにも主張が強い看板で、一瞬で見つけられると思います。ここで1つ想定外が。本当は1000円で200gの赤身ステーキを目当てに行ったのですが、なんと1400円に値上げしてるではないですか!たしかにここ最近のインフレは凄いですからね・・・1557 S&P500 ETFも上がりまくってるししょうがない。ここは妥協して1000円150gのおすすめステーキをプッシュしました(※食券制です)。

ライス、キャベツ、マカロニ、スープがセットでついてきます。おかわり自由
ここから自由にスープ、サラダ、ライスをとっていい

1000円なのにサイドメニューがあるのはうれしいですね〜。マカロニは若干味が微妙でしたが・・・タダなら何も文句は言えません。スープは卵とじのスープでこれは旨かった。おかわりしちゃったw

ただ、お店が若干狭く、スタッフさんとサラダ等をとるお客さんがぶつかりそうでヒヤヒヤします。スタッフさんは忙しそうで動きが早いし、お客さんは人によっては安全確認が不十分な方もいるでしょう。つまり、一日に数回は衝突事故が起きているであろうと推察します。駅前店舗なので狭いのは仕方ありません。みなさんはぶつからないように気をつけてください。

10〜15分ほどでメインが到着〜
おすすめステーキ150g(1000円)です。うまそー
焼き加減はレアのみ。客の注文を受け付けずにオペレーションを最適化し、低コストを実現しているのでしょう

150gでも結構な迫力があります。ほんとは200gがよかったんだけどね・・・。

焼き加減はレアのみ。注文時に店員さんからその旨を伝えられます。もしウェルダンにしたかったら、自分で溶岩プレートで焼けとのこと。

肉はとても柔らかく、ジューシー。脂身が少なくて、僕のようなおっさんにはとても好みです。

席にはソースや香辛料がずらり

各席にはスパイスやソースがずらりと並びます。色々と試してみたくなりますね〜。僕は塩コショウが一番好きでした。やっぱステーキは肉の味を楽しまなきゃね!

こちらはにんにく醤油

150gってどんなもんかな〜と思っていましたが、やや少食の僕で腹八分目くらいと言ったところでしたね。若干物足りないかな。平日の昼間とあって、サラリーマンや学生さんが多く来店されていました。そして彼らはだいたい200〜300gを注文していたようです。150gはやっぱ少なめなんだな。

結論:店がせまくてヒヤヒヤするけどコスパは非常に良い

日本人にとってステーキと言えばもの凄くごちそうって感じのイメージがあります。僕より前の世代の方ならすき焼きでしょうか?どっちにしろ牛肉料理=高級品という固定観念があります。

そんな最高峰のごちそうであるステーキが1000円で食べられるなんて、すごい世の中になったものです。日本人の生産性が上がった結果といえば聞こえはいいかもしれませんが、実態はデフレと経済成長していない30年間のせいなんでしょうね。

昔って自動販売機のジュースの値段がよく上がっていた記憶があります。それが、ほんとうにもう30年くらい上がってないですもんね。この円安とインフレの時代、日本人にとってツラい未来が待っていそうです。そんな時のためにS&P500でも買っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました