【爆安】熊本電力のトラブルから一年経過した現在の利用状況をレポート

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、光熱費の節約は捗っているでしょうか?ぼくは熊本電力という一時期この業界を安さで席巻した電力会社を使っています。この熊本電力、約1年前に前代未聞の騒動を起こして、顧客をめちゃくちゃ不安にさせてくれました。その様子はこちらの記事からどうぞ。今振り返ってみても信じられないようなトラブルです。

思えばあの当時は

ぼく
ぼく

もうこんな会社と関わるのは嫌だよ〜

と逃げ出したい気持ちでいっぱいだったのでした。しかしながら熊本電力のブログ記事が結構読まれていたこともあり、人柱として最期まで付き合う覚悟で現在まで熊本電力に残り続けています。そしてその判断は現時点では正解でした。その理由は後ほど。

というわけで、2022年1月現在の熊本電力ユーザーの利用実態をレポートしたいと思います。

熊本電力は今も生きている

2022年1月19日にいつもどおり請求メールが熊本電力から送られてきました。こんな感じ。

※重要【熊本電力】ご請求金額確定とお振込みのお願い

〜中略〜

<対象月>1月
<ご利用期間>2021-12-06~2022-01-06
<ご請求金額>13880円 ※特別値引 -500円済
※複数契約の方は、合計金額にてお振込みくださいませ。
※詳細はマイページでもご確認頂けます。

この請求書がきたら、いつも通り謎の会社「TAEプリンシパルサービシス株式会社」に料金を振り込むのは今も変わらないルーティーンです。この謎会社に不安を覚えていたのも随分前の話ですね〜。今やこれのおかげで特別値引き-500円をもらえるのだからありがたい話です。ネット振込だと手数料無料だし。

お金を振り込めばすぐに領収書が発行されるので、今のところは安心して使用しています。この一年、電気が止まったりするトラブルは全くなく、熊本電力の安さは本当にありがたかったです。泥沼だったトラブルがどうなったかはもう知らん。

サステナブルエナジーとどっちが安いの?

この熊本電力騒動があったときに、熊本電力の元社長が立ち上げたというサステナブルエナジーが対抗馬としてよくウワサになっていました。昨年登場した電力会社の中では圧倒的に安いと顧客からの評判も上々のようです。ぼくは騒動に巻き込まれたこともあり、いい印象はありませんが。

じゃあ現状の熊本電力とサステナブルエナジーはどちらが安いのか?を久しぶりに分析してみたいと思います。地域はとりあえず僕の済んでいる中電エリアで見てみましょう。

熊本電力の料金表がこちら
こちらがサステナブルエナジー

両者を比較してみると、料金が非常に似ているのがわかるかと思います。偶然なのか必然なのか・・・深くは考えないようにしましょう。

唯一の違いは0〜120kWhの料金差です。サステナブルエナジーのほうが0.25円/kWh だけ安い。これが実際の料金でどれくらいの影響を生むかというと・・・

120kWh x 0.25 = 30円

一ヶ月で30円の差しか生みません。一方で熊本電力には銀行振り込み特別割引-500円がありますので、熊本電力居残り組であればサステナブルエナジーよりも -470円 安く月々使える計算になります。やはり熊本電力は最強です。

結論:やはり熊本電力は最強伝説

500円割引の効果は絶大で、そのおかげでおそらく熊本電力に勝る他社はいないのではないかと思っています。556kWh使って13880円って安すぎるよね〜。中電使っていたときだったら17000以上はいってただろうな。

僕の場合はここで浮いたお金がすべて投資に回っていくので、この節約効果は計り知れません。熊本電力は会社自体は元気なさそうですが、細々とがんばっていってもらいたいものです。応援してます。

タイトルとURLをコピーしました