【無印良品の家】庭の植栽で後悔したもの3選&必須お手入れアイテム

無印良品の家
スポンサーリンク

みなさん、自宅の外構について後悔していることはありますか?僕は外構屋さんにほぼ丸投げであまり関心を持ってなかったことを悔やんでおります。

というのも、

外構は基本任せてもらえるとカッコよくなりますよ

とアドバイスされ、当時はデザイン重視だった僕は全面的にお任せすることにしました。結果、すごくカッコいい外観になって、そこは満足しています。

ただ、植栽の成長がめちゃくちゃ早く、手入れがめんどくさくてたまりません

ぼく
ぼく

手間がかからない品種にしてほしいなー

と伝えてはあったのですが、念押ししてなかったためにたぶん忘れられていたのだと思います。ぷんぷん

今回は特に無印良品の家を検討されている方に、この植栽はやめた方がいいよ、という品種3選をお伝えします。ぜひ外構の検討の参考にしてください。

①伸びるのが早すぎるプリペット

夏場に1〜2ヶ月放置すると暴力的に成長します

うちに数多く植えられていて、10本くらいあります。生命力が強く、特にケアしなくても枯れることはありません。植栽でよく用いられる品種らしいです。

しかし、こいつは成長もめちゃくちゃ早い!すごーく短くしても1ヶ月ほどでボーボーに伸びます。道にはみ出すこともしばしば。

それが10本も植えられているのですから大変です。毎月、ゴミ袋いっぱいに剪定してます

1000円程度と安いのにめっちゃ大活躍のはさみ。これがないとやってられません

生命力が強いので適当な剪定でも枯れることがないのはいいとこです。うちはこの剪定ハサミでゴリゴリ切りまくってます。コイツは安いのにガシガシ切れてめっちゃ便利。

どんな切り方をしても力強く再生してきます

②ユスリカの住処になってるシロヤマブキ

うちには玄関前に2本シロヤマブキが植えられてます。桜の木っぽい葉がきれいな木です。小さな白い花が咲いて、黒い実をつけます。

こいつも成長速度がやばいです。四方八方にぐんぐん伸びていきます。すごい速さだけど、プリペットよりは遅いかな。

一番の嫌なところは大きな葉っぱの裏にユスリカが大量にいること。うちではユスリカ対策を万全にしていますが、それでもご近所さんからの飛来は防げません。そのユスリカ にとってちょうどいい大きさなんでしょうか?シロヤマブキの葉をいじるとユスリカが飛び立ちます。見ていて最高に気持ち悪いです。

ユスリカが嫌いな人は避けたほうが無難です。うちの環境が原因であって、シロヤマブキのせいではないかもしれないけれども・・・。

そのため、剪定をするにも気持ち悪くて気合いが必要です。シロヤマブキも先程紹介した剪定ばさみでガシガシ切ってます。

③デカい葉っぱが落ちて腐るヤツデ

ちょっと南国風のデカい葉っぱをしたのがヤツデです。玄関前に植えられています。

こいつも成長速度がすごく、夏になると隣のスペースまで進出して葉を茂らせます。やっかいなことに、葉が落ちると水が溜まって見るからに汚くなるんです。当然葉の下は虫の隠れ家。困りますね。

生命力が凄いので、適当な剪定でもワサワサ再生します。剪定する際にちょっと嫌なのが茎に水分が多いこと。切ると水が出てきて気持ち悪いです。それでも容赦なく剪定バサミで切りまくります。

結論:植栽は”成長の遅い品種”をオーダーしておこう

無印良品の家は外構も含めて”かっこいい”ところが魅力です。しかしながら、かっこよさを追い求めるあまり、手入れが大変になってしまってはその外構が重荷になってしまいます。家の維持には手がかからないようにすることが大事です。僕はその観点が抜けていました。

今回は言及していませんが、以前に紹介した”天然芝”なんか最たる例です。住んで3年になろうとしている現在、芝刈りがめんどくさすぎて萎えています。最初はあんなに好きだったのに、、、、。めんどくさいことは続きません。

僕がこれから外構を設計するなら、植栽は”成長の遅い品種”を徹底して選別します。

タイトルとURLをコピーしました