熊本電力からちゃんと領収書がきた!マイページの請求書が領収書にかわっていた

資産形成&節約
スポンサーリンク

みなさん、電力自由化の恩恵は受けていますか?ぼくはまさしく倒産しかかってる熊本電力と心中する覚悟で恩恵を受けています。まだ申し込んでいない方はこちらから僕と同じ激安電気料金号(泥舟)に乗りましょう、話はそれからだ。

前回、熊本電力から4月分の電気料金の請求書がきた話を投稿しました。そしてすぐに料金を振込みました。

ぼく
ぼく

このお金が倒産のドサクサでパクられたらやだなー

支払ってから、ドサクサにまぎれて金を取られたらやだなーとちょっと不安に思っていました。そしたら、熊本電力から素早い反応があったので、今日はその話をレポートしたいと思います。

マイページの請求書が領収書に変身していた!

毎日熊本電力のマイページをチェックしていたら、請求書が領収書に変身していたことに気が付きました。いや、普通に生活してたら気づかないよ・・・。ちゃんとメールくらいはしてほしいものですね。

兼 領収書に変身している!
たしかに以前は「領収書」の文字はなかった

とりあえずは支払った証拠は残ったようです。これでもし熊本電力が倒産したとしても、ぼくに二重支払いの請求がきたとしても戦えそうです。

補足:ちなみに熊本電力はいよいよ資金がショートしてきてるらしい

経産省HPに「再生可能エネルギー特別措置法に基づき、納付金を納付しない電気事業者を公表します」という記事がアップされました。ここに、ついに熊本電力の名前が公表されてしまっています。

つまり、お金がショートして督促されても納付金が支払えない状態だということです。やばい、これは本当にやばいと思います。

なぜなら過去に公表されたことがある会社は あくびコミュニケーションズAG Energy株式会社で、その双方が破産しているためです・・・・。いよいよ終わりかもしれんね。

結論:領収書はきて安心したが、熊本電力はいよいよやばそうだ

経産省HPのニュースにアップされたあたりから、ほんとうに倒産が現実味を帯びてきました。過去の倒産事例を見ながら、この後ぼくの電力会社はどう移っていくのかを予習しておこうと思います。

※安さは折り紙付きなので気にならなければ早速こちらから申し込んでみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました