無印良品の家の洗面所水栓を施主支給!デザインそのままにホース化する方法

無印良品の家
スポンサーリンク

無印良品の家の標準の洗面所はこんな感じ。

無印良品の家HPより引用。シンプルでかっこいい。

シンプルテイストでかっこいいです。特にこのステンレスのシンプルな水栓がステキ!しかしながら、この標準の水栓、ホースがついてません。先っぽをぐいーっと伸ばせないのです

社宅生活をしていたころから、ホース水栓の便利さを知っていたので

ぼく
ぼく

ホースはなんとかしたいなあ

と考えたぼくは、施主支給を決断しました。できるだけ、元の無印良品の家の感じをそのままにホース化できました。ご検討されている方の参考になればと思い、まとめました。

まずはデフォルトの水栓シリーズを調べるところから

ぼくの水栓の施主支給品の考え方は、①できるだけ元のテイストのまま、②ホースをつける、です。なので、元の水栓のシリーズ物の中にホース付きモデルがあるか?を探していきました。

元のシリーズを調べてみたのがこちら。

無印良品の家カタログより引用。TOTOのコンテンポラリシリーズがデフォルトです。

どうやら、TOTOのコンテンポラリシリーズというものです。そして、このシリーズの中に、ホース付きモデルが、、、、あります!こちら!

どうでしょう?水栓の角度がちょっと違うけど、同じコンテンポラリシリーズです。テイストは同じ。うちはこれを採用しました。

実際にTLC32ERをつけてみた洗面所を写真で紹介

百聞は一見に如かず。実際にうちの洗面所をご紹介しましょう。

違和感なくなじんでます。

ちなみにうちの洗面所は標準ではなくて、オプションのカウンター一体型タイプ。

ピッカピカのステンレス製。

シンプルなカッコよさを損なっていません。

引っ張るとぐいーっと伸びます

もちろんホースも装備!ヘッドまでしっかり金属製なのもGOOD!たまにプラスチック製のものもあるので。

水栓を施主支給する時の注意点

施主支給する際、水回りはリスクがあると言われています。それは、水栓の継手規格が異なると、取りつかなくなったりするためです。また、ミスった時の被害が大きいことも挙げられます。

水栓を施主支給する場合は、①標準品の継手規格を調べて、②支給品の規格と同じかを確認せねばなりません。

うちの場合を例にあげると、①標準品の規格がこれ

TOTOカタログより引用。赤丸の部分をチェック

続いて、②施主支給品の規格

TOTOカタログより引用。赤丸の部分をチェック。標準品と同じです。

同じメーカーの製品なので、まず問題なく取り付きそうです。これが海外製(グローエとか)だとかになると、規格が異なる可能性があります。必ず確認するようにしましょう。

もっと詳しい図面類はメーカーのサイトにいけば、大抵ダウンロードできます。探してみてくださいね。

結論:きっちり調べてホース付き水栓を選ぼう

印良品の家は標準だと物足りない箇所がちらほらあります。施主支給を上手く組み合わせることで、お安く自分の好みにカスタマイズできるので、チャレンジしてみてください。

ただし、責任は全て自分で取らねばなりません。しっかり調べてから支給するようにしましょう。

無印良品の家 参考書籍

タイトルとURLをコピーしました