かっこいいポスト「ブレッタ」のフタが取れたのを修理する方法

無印良品の家
スポンサーリンク

昨日、うちの自慢のかっこいいポスト、サンワカンパニー製「ブレッタ」のフタが取れた記事を書きました。

このままでは、郵便受けとして機能しないので、早速修理に取り掛かりました。その話を紹介します。

修理のために準備したもの

ブレッタのフタは、溶接でもロウ付けでもなく、接着剤のようなもので固定されていたように見えました。ですので、ぼくも金属用の両面テープを準備しました。3M スコッチ 超強力両面テープ 金属 一般材料用です。昨日頼んで今日届く、Amazonってすばらしい。

とれたフタ

その他にはうちあった工具を準備。ボッシュのマルチドライバー&ソケットセットです。ナットと六角ボルトを外す必要があるので、それに応じた工具を準備しました。

これで準備完了です。

ポストを取り外してフタを接着する

やることはこれだけです。さっそく外していきます。

ぱかっと開くと、中に4個のナットで固定されています。これをソケットレンチで外します。ナットが小さいので注意!
外れました。外れた姿もかっこいい。
六角ボルトに細い金属板パーツが引っかけられてます。六角ボルトを緩めてとり外します。
細い板パーツが取れました。これをフタに両面テープで固定します。
ピンぼけですみません。フタに両面テープで取り付けました。この時、細い金属板の穴を目安にすると位置決めしやすいです。
フタと金属板を引っ付けたものを、六角ボルトの穴にはめてボルトを締めます。これが一番難しいです。狭いので。小さい上にラチェットが付いてたのでなんとか締められました。

これであとは元の壁に取り付けて完了です。所要時間20分ほどでできます。今のところ、フタが再度取れる気配もないですね。もし、同じことで困っている方、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました