コロナ憂さ晴らしに Nikon Z6 + Micro Nikkor 55mm f/3.5 でウッドデッキを撮る

カメラと写真
スポンサーリンク

この記事を書いている今、GWの最終日夜でございます。今年はコロナのおかげで、ずっと家でゴロゴロ。ほんとうはいっぱい出かけて、いっぱい撮影したかったんですけどね。

そんな憂さ晴らしに、ぼくのお気に入りレンズ Micro Nikkor 55mm f/3.5 で雨の日のウッドデッキを撮ってみました。ヤフオクで3000円程度で入手できる上に、40年前のレンズとは思えないシャープな写りをします。オールドレンズを始めたい方の最初の一本にとってもおすすめですよ。

雨がしとしと降っていました。そんな日はウッドデッキが半分濡れます。
裏庭のシンボルツリーのアオダモ。めっちゃ茂ってます。
別の角度から。うちのウッドデッキは通常の2倍の広さに拡張してます。
マイクロレンズらしくアップで撮影。これが40年前のレンズの実力!おそるべしニッコール。
水もしたたる、いいアオダモ。
物干し竿をフォトジェニックに撮ろうとして失敗した。
ウッドデッキの材料はイペ。質感はとてもいいんだけど、ほっとくとトゲが刺さるようになります。

Z6はミラーレスらしく、MFでのフォーカスがとてもやりやすいのです。ファインダーで拡大表示が簡単にできますからね。なので、オールドレンズ遊びにはぴったりです。それにニッコールレンズなら、オールドレンズでも驚くほどよく写ります。十分に実用できるレンズですよ。かっこいいですし!

Nikon Z6 + Micro-Nikkor P.C AUTO 55mm f/3.5

↓今回使用したカメラはこちら

タイトルとURLをコピーしました