無印良品の家にサラウンドスピーカーを付けた話

オーディオビジュアル
スポンサーリンク

かつてオーディオオタクだった時に、

ぼく
ぼく

家を建てるときは絶対にサラウンドスピーカー仕様にする!

と決意しておりました。いざ、建てる時になるとオタク熱も冷め、どうするか迷っておりました。しかしながら、後悔はしたくないという思いから、サラウンド環境を作ることを決意。その話を語らせてください。

サラウンドスピーカーは建てる時に設計すべし

サラウンドスピーカーというのは、よくDVDについてる5.1サラウンドだの7.1サラウンドだののこと。沢山のスピーカーで視聴者を囲んで、臨場感あるサウンドを提供するものです。

そのためには、テレビと接続されたスピーカーを自分の背後にも置かねばなりません。それがやっかいで、後付けすると、配線が床や天井を走り回ることになります。とても面倒だし、リビングがかっこ悪くなってしまうのです。

そこで、最適なのは家を建てる時に設計に織り込むこと。そうすれば床下や天井裏に配線を回して、見えなくできるんです。

具体的な配線設計はどんな感じ?

うちの場合は床にものを置きたくなかったので、スピーカーを天井吊り下げにしました。そのために配線は天井裏をはわせることに。テレビの後ろ側には穴が開いていて、そこからスピーカーケーブルを引き込んでいます。このスピーカーケーブルをリビングの天井から出します。それをスピーカーに接続するだけ。

テレビ裏はこんな感じ。スピーカーケーブルを通す穴を付けました。これが天井スピーカーにつながってます。
天井穴からスピーカーケーブルが出て、本体に刺さってます。ちょうど銀色をパーツらへんにケーブルがチラ見。

ちなみにうちのスピーカーはデンソーテンの TD307MK2A 。目玉みたいなかわいいやつ。

ケーブルはAmazonベーシックの安物を使っています。十分にいい音で鳴ってくれますよ。

Amazon | Amazonベーシック スピーカーケーブル 16ゲージ 30メートル | Amazonベーシック(Amazon Basics) | HDMIケーブル
Amazonベーシック スピーカーケーブル 16ゲージ 30メートルがHDMIケーブルストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

満足度は実際どうなの?

満足度はとても高いです。ほんとにやってよかったと思ってます。具体的には、ほとんど追加費用がかからないこと。かかった費用はほとんどがスピーカーとケーブル。工賃を請求された記憶はないです。

さらにはAVアンプとつなげば、ほとんどのコンテンツがサラウンドで再生されます。後ろから聞こえる臨場感はどんなステレオスピーカーでも再現できないものです。話しかけられるシーンなんて、ほんとに人が後ろにいるのかと思ってしまいます。

ただ、スピーカーに気に入るものがなく、デザインがちょっと無印良品の家と合ってない感は否めません。白にして溶け込むようにはしてますが・・・。

もし、ちょっとでもサラウンドスピーカーにしてみたいという思いがあるのなら、チャレンジすることをおすすめします。建てた後にはサラウンドスピーカーは付けるの大変ですよ?

当初は落下防止のワイヤがぶら下がってたが外した。ダサいので。

参考:メインスピーカーはSS-NA2ESを使ってます

タイトルとURLをコピーしました